真知子

「お電話です、お伝えします」電話を取ると交換手が出ました。

真知子「真知子よ、今すぐラジオをつけて」

陽子 「ラジオね」

和成がラジオをつけます。すると、街頭演説が聞こえます。声の主は
なんと、育子でした。

育子は、街頭演説をしていました。

街頭録音という番組だそうで、一般市民が自由に意見を話せる番組
だったらしいです。

育子 「長野県出身 筒井育子でございます!」

この放送を茂樹も聞いていたようですね。

丸山家

4人で育子の話題で盛り上がっています。みんな個性的ねという
徳子ですが、陽子は自分が一番平凡だと言います。

リリーン、また電話が鳴りました。陽子が出ました。

陽子 「佐藤商会さんから宴会の予約です。15名様です」

電話サマサマという道夫です。

リリーン、また電話が鳴りました。今度は真知子です。
真知子が丸庵に来るそうです。

日向子が真知子が来るのを楽しみにしています。

道夫 「なんで、真知子さんだけ、さん付けなんだ?」

そう言われてみればそうですね。

真知子が丸庵に訪れました。出迎えは日向子です。
からかう真知子に日向子は、馬鹿みたいと言いました。ドキッ。

真知子は結婚する気持ちを固めたようです。秦野さんです。
幸せそうねという陽子。ありがとうと言う真知子。

陽子 「本当は言うべき事じゃないと思うけど、春樹兄さんもきっと
    よろこんでいると思います」

ちゃぶ台にはお茶と茶まんじゅうが2個。

真知子「結婚式はしないけど、引越しには来て欲しいの、育子にも
    連絡するわ」

陽子 「お嫁さんとしてもお母さんとしても先輩よね。今日から
    真知子って呼ぼうかしら・・・・真知子!」

陽子と真知子は抱きあって喜びます。

秦野さん(中村竜)が初登場。真面目そうな青年です。

真知子と秦野の2人を祝う陽子。
新生活は安アパートから出発のようですね。

陽子 「真知子をよろしくお願いします」

ラジオからまたまた育子の声が。

育子 「女性たちよ、よき人生を!」

声高らかに演説する育子は声で出席ですね。


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,永山絢斗
井上琳水,満島ひかり,マイコ


円高で旅行する人が増えていますね。

韓国のウォンも安いので、韓国で買い物をする人が増えています。
そして、買ってくるものはこれが圧倒的に多いですね。

私も行きたいけれど、通販も安くなっているので今が買いですよね。




他にもいろいろありました。

¥4300
¥2993
¥3129
¥6090

育子から陽子に手紙が来ました。
今度は、きちんと便箋に綺麗な字で書いてあります。

小さな出版社でイキイキと働く様子が便箋に書いてありました。
育子はパーマをかけて、働く女性っぽく演技しています。

育子は陽子だけでなく、茂樹にも手紙を書いていました。

茂樹は、医師の試験を前に良一に不安な気持ちを打ち明けます。
いつ合格するか分からない。何年かかるか分からないと。

育子の手紙にも、何年かかってもガンバレ、茂樹君と書いて
ありました。

年下なのに茂樹君はないだろう、茂樹さんだろうと思うと
良一が、茂樹さん、ガンバレと言います。

茂樹は受験をしたあとに丸庵に寄りました。

丸山家の人々は日向子に夢中です。
茂樹の受験の結果を誰も聞いてくれません。

茂樹はたまらず、聞いてくれと言いました。すると。

陽子 「茂樹兄さん、どうだったの」

陽子 「今回は無理かと思うけど、日向子と同級生にならない
ように頑張る」

そういう茂樹に、道夫や和成が気を使って、そんなにがっかり
するなと、元気を出せと言います。

茂樹 「合否発表はまだなんだけど」

そう言いながら、丸庵のおいしいご馳走を腹いっぱい食べて
お酒も飲んで、茂樹の初挑戦の慰労会は続きました。

あくる日、ケイコとハナがいつものように授業を受けにきました。
その後に、真知子がやって来ました。

真知子 「今日は私は道案内なの」

そう言って連れてきたのは、なんと飴屋の村上堂のかよと貞夫でした。

かよは、安曇野の婆ちゃんだようと日向子の頬ずりします。
でも、かよが陽子を尋ねたのは他の目的があったんですね。

ケイコとハナと一緒に陽子に勉強を教わるという目的です。
日本語をアルファベットで書く練習をしていました。

かよは、ケイコとハナの後輩なので、よろしくお願いしますと
挨拶します。

さて、貞夫は道夫に気に入られて、蕎麦の仕込み材料をいろいろと
説明を受けています。枯節とか鰹節の説明を聞いて興味津々の
貞夫です。

今日から日向子役が変わっていましたね。

さて、こうして年月が経ち、昭和23年から一気に昭和25年にジャンプ
しました。

昭和25年は、丸庵に蕎麦が安定して入荷し、毎日、本当の蕎麦を出せる
ようになりました。

盛り蕎麦大盛りというオーダーを受けて元気よく返事をする徳子や
陽子。

蕎麦打ちは、道夫と和成です。

陽子は仕事を辞めたのでしょうか。和成も蕎麦屋ひとすじに見えます。

日向子は2年後なので、もう3歳ですね。子役も変わり、食堂で
お手伝いする様子がとってもかわいいです。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,寺脇康文
永山絢斗

来週の予告です。

川原が登場です。金子ノブアキさんですね。陽子の初恋の相手です。
たしか、彼女と満洲に行って、彼女は亡くなったという情報まで
知っていましたが、帰ってきたんですね。

それと、丸庵に黒い電話が入っていました。出前とかありそうですね。

そして、真知子の縁談です。相馬剛三が知らないうちに進んでいたようで
おかんむりのようですね。

最後に丸山家が見上げる別荘のような建物。あれは何でしょうか。

今、バルーン電報が話題になっているってしっていますか。




楽天市場で、「バルーン電報」を詳しく見てみる!

今日から、日テレで24時間テレビがスタートですね。
徳光和夫さんがマラソンに挑戦。70歳ですけど、完走して欲しいですね。



陽子の部屋でケイコは勉強を続けています。

徳子がお茶を持ってきました。陽子の様子をじっと見ています。
イキイキしている陽子の様子が気になるのでしょうか。

ケイコ「勉強が楽しみで楽しみで・・・お礼は・・・」

陽子 「馬鹿ね。いらないわ。将来、助けてくれればいい」

そう言えば、現代の陽子のそばで働いているんですよね。ケイコさん。

陽子は、生徒から手紙の返事が来たとケイコに伝えます。
ケイコは友達を連れてきます。

丸庵食堂

徳子は生徒に授業を教えている陽子の顔がいつもと違って
イキイキとして、カッコ良かったと言います。

それを聞いた道夫は見に行きたいと言います。
徳子がじっと陽子の顔を見ていたのはそういう意味だったんですね。

日向子のオシメを何十枚と洗濯し洗いあげる陽子。
タライと洗濯板でゴシゴシです。

「気持ちいい」

そういう陽子が、私は幸せと言います。

村上堂

育子、真知子、かよと貞夫が陽子が来るのを待っています。
3人で待ち合わせだったんですね。

相馬剛三が町長に立候補したらしいです。真知子は父に絶対投票しないで
ねえと言います。面白いですね。

陽子が生徒を教えている様子を育子は寺子屋みたいと言います。

育子 「ハイ!発表です」

手紙を陽子と真知子に見せました。出版社からの採用通知です。
育子は、小さな出版社だけどと謙遜します。珍しいです。

もう見栄を張るのは辞めたという育子。育子らしくないという
陽子と真知子。

育子の東京行きは、ちゃんと失敗したいという意味もあるらしいです。
安曇野にも失礼という育子。あの日汽車で安曇野を飛び立った育子を
思い出します。

次は真知子が告白する番です。

真知子「実は、お付き合いみたいなことかもしれない」

陽子と育子がふたりで喜びます。職場で告白されたと以前に言って
いましたよね。その人でしょうか。

ハタノヤスヒコさんというらしいです。

育子 「どんなヤツだか見てみたい」

陽子と育子は乾杯しようと言います。するとその時、後ろから・・・

目をまん丸にする陽子。



出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,マイコ,
   満島ひかり,石橋杏奈,渡辺えり,斉木しげる


今、とっても欲しいものがあるんです。
ガリレオヒット脳研、8月6日「この夏バカ売れ!ナイスアイデア家電
今週の売上急上昇ランキングBEST12」で紹介されたホワイティーピカです。

通販でも大人気。襟のシミや、墨汁をこぼしても取れちゃうなんて
凄いです。クリーニング代を考えたらお得ですよね。

楽天です。


こちらはアマゾンです。

B0052T496A充電式超音波クリーナー ホワイティーピカ


by G-Tools


« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に