桐野富士子

丸庵の前

陽子を見送る徳子と富士子。

富士子「うれしかった。孫に叱られるなんて、なんて幸せなんでしょう」

徳子 「家族ですから」

富士子は、陽子に叱られて嬉しいと言いますが、陽子が変わったとも
言います。

徳子は、陽子が春樹の死や戦争を乗り越えて、たくましくなった。
そして、母になって強くなったと言います。

徳子は、陽子の母の紘子を産んでくれたことを感謝し、富士子は
いいところに嫁に来たと感謝します。

徳子 「手伝ってくださいね、お店を」

富士子「こういうところで働いてみたかったんです」

早速、富士子にエプロンをつけてあげる徳子。

夏子先生にも陽子のお腹が大きくなったねえと言われます。
重いですと答える陽子ですが、まだ働くのでしょうか・・・

丸庵の食堂

富士子は、お客様のあしらいがとても品が良く、お客さんもタジタジ。

「お待たせいたしました」とか「ございますね」とか・・・

富士子「丸庵へようこそ」

育子 「お、おばあさま」

富士子「あなたは育子さん」

育子は陽子のお腹の様子を見に来たようです。
運転手の神蔵は、富士子が長居するというので東京に帰りました。
楽しい丸山家にもっと居たかったようです。

 

丸山家の居間

育子の様子を聞く富士子。苦労話は比べるものではないと言います。
富士子の言うことは、説得力がありますね。

空襲後の東京に育子を訪ねて陽子たちが向かったことを聞いて感心する
富士子。

育子 「東京は大丈夫でしょうか」

富士子「大丈夫です。立派に生まれ変わりました。東京だけでなく
日本中が生まれ変わりました。そんなやわな国ではありません」

このフレーズは、震災後に撮影したのでしょうか。
富士子は確信を込めて言いました。

そこへ、真知子が登場です。

水色のワンピースをきて、ニコニコしています。陽子に会いに来たのでは
なくて、赤ちゃんの様子を見に来たと言います。

二階に上がる3人。

育子 「怖くない?お腹の中に命があるって」

陽子 「怖いけどこの子のためなら頑張る」

育子 「この子だって!」

陽子は育子と真知子の顔を見渡して、何か言いたい事があるんでしょ、
そう言いました。

真知子と育子は、心を見透かされたようで、ちょっとドキッとした様子
です。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,渡辺美佐子,中原丈雄,満島ひかり,マイコ,伊藤歩

今朝ですね、おひさまが始まる前にZIPを見ていたんですが、扇風機で
一番うれている商品を特集していました。

なんと、充電式扇風機です。コードが無いので、オフィスや家庭で気軽に
場所が移動出来るところが強みとか。


8月上旬予定なので、さっそく予約しちゃいました。

来年も暑くなるし、扇風機って冬も使えるらしいですからね。



陽子は、居間に富士子を残し、徳子と和成にお願いがあると言って
厨房へ呼び出します。

陽子は、富士子をひとりで帰すことが忍びないのです。
そして、ひ孫を富士子に見せてあげたいのです。

徳子と和成は、大賛成ですが、富士子にどう言ったらいいか。
普通に言っては、断るに決まっています。

和成は名案があると言います。
それは、運転手の神蔵を仮病にしてしまおうという作戦です。

神蔵と和成が作戦会議です。

そろそろ帰るという富士子。特にとめもせず、富士子が居間を立とうと
して、神蔵を呼びました。

厨房に隠れていた神蔵と和成。

神蔵の出番です。

「奥様!!イタタタ!」

腹を抑える神蔵の名演技。
富士子は医者を呼べと言います。

「奥様、それには及びません、少し横になれば」

和成は2階に寝せようと言います。


とりあえず、神蔵は横になりました。
目を覚ますと横には和成がいました。

和成 「名演技ですよ、神蔵さん」

神蔵 「30年間奥様に仕えていますけど、はじめて嘘をつきました」

和成が詫びると、神蔵は、よい嘘だからいいんだと言います。

茶の間

富士子が徳子の母の浴衣に着替えました。とても似合っているという
徳子と陽子。

話は神蔵の事に。

富士子は神蔵の仮病は見抜いていて、芝居に騙された芝居をする事が
大変だったとカミングアウト。

富士子 「女学生時代は演劇部だったのよ」

陽子は、帰ろうとする富士子に向かって言いました。

陽子  「しばらくここに居てください。暮らしてください」

富士子 「それは、できません。あなたが女学生時代に言ったはず。
     あなたと私は一緒に暮らすことは出来ないのだと」

陽子  「そうだったかしら、忘れました」

陽子はたくましく、富士子の話を突っぱねました。
そして、ひ孫を見て欲しいと言います。

富士子は声にならないようです。うれしさと戸惑いです。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,渡辺美佐子,中原丈雄


今朝は、3時から起きていたんです。
当然、なでしこジャパンを見るためです。

今日はお休みなのでいいかなあと思って見ていたんです。

なでしこジャパンが世界一になって凄いと思いました。

澤選手がいろんな賞をもらったのも凄いです。

PK戦で海堀選手が足で止めたのもすごかったです。

アメリカのGKが綺麗と言われていたんですけど、サッカーでも
あんな人がいるんですね。

なでしこの話題がしばらく続きそうですね。
澤さんは今日、世界で一番人気の女性ですね。


【送料無料】ほまれ

【送料無料】ほまれ
価格:1,680円(税込、送料別)


監督の佐々木さんが、理想のお父さん像として注目だそうです。



今回から、オープニングの曲が変わりましたね。

おひさま~大切なあなたへ

平原綾香 おひさま~大切なあなたへ~

爽やかな曲で、ドラマに合っているなあと思いました。


丸庵の食堂

節子、徳子、陽子、和成が新聞記事に見入っています。
その記事はお祖父様である、桐野伯爵の死を伝えるものでした。

桐野富士子は、遺産は日赤に寄付したとのこと。
お祖母さんらしいですね。

新聞の写真の顔はキリっとというか、少し怒った顔になっていました。


安曇野の須藤家

良一も新聞を読んでいました。

仏壇に紘子の父の死を報告する良一。

紘子は父にずっと会えなかったけどあの世で会えるな。
お祖母さん、どうしているんだろうなあ、と空を見上げます。


丸庵

陽子が、桐野富士子に、ひ孫が生まれると手紙を書いたそうです。

丸庵の外には、富士子と運転手の神蔵が立っています。

食堂で、節子、徳子、和成を相手に富士子の事を言い放題の陽子。
金持ちだけど、センスがいい。優しい。でも怒ると怖い・・・・。

一部始終を富士子と神蔵が聞いていました。

節子が油を売っていられない、店を開けなくちゃと外へ飛び出しました。
すると、富士子と神蔵とばったり。

節子は新聞を広げ、写真の顔と目の前の富士子を見比べます。
怒った顔がそっくりです。

節子が慌てて引き返すと、徳子と陽子とおしゃべりに夢中になっていて
富士子たちに気がつきません。

富士子 「静かになさい」

陽子  「おばあさま!!」

富士子 「入ってもよいですか」

和成  「夫の丸山和成です」

陽子  「おじいさまの事、お悔やみ申しあげます」

富士子 「ありがとう、今日はお祝いに来ました」

神蔵に包を渡すよう指図します。

桐の箱に入っていたものは、真っ白なベビー服です。
襟が付いたかわいいベビー服でした。

プレゼントを見て喜ぶ陽子。

富士子 「趣味のいい方のお金持ちですから」

用が済んだから、帰るという富士子。いつものパターンですね。
陽子は引き止めます。

陽子  「いやです。もっとお話がしたいんです。一緒にいたいんです。
     絶対帰しません!」

富士子 「あなたの方が怒ると怖いわね」

富士子は上がってお茶をいただくことになりました。

厨房にいる陽子に、神蔵が近づいてそっと耳に入れます。

神蔵  「陽子さま、ありがとうございました。奥様はお寂しいのだと
     思います。ひ孫が出来る、お祝いは何にしよう。毎日それ
     ばかりでした」

神蔵、さすがに富士子のサポートがウマイですね。


丸山家の居間

富士子 「立派なお店ですね」

徳子  「ありがとうございます。旦那が留守ですみません」

富士子 「旦那さんも素敵な方のようね。あなたを見ればわかるわ」

    「和成さん、帰ってきてくれてありがとう。本当にありがとう」

陽子がお茶を持ってきました。

陽子はお祖母ちゃんに何かお願いしようと思っていたようです。



出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,寺脇康文,串田和美
   白川由美,渡辺美佐子,中原丈雄


さて、来週の予告です。

女たちの時間というテーマです。赤ちゃんは女の子なのでしょうか。

真知子の結婚話もありそうです。育子はまだ東京には行かないので
しょうか。

そして富士子はなんと浴衣姿です。丸山の家に住みこんでしまうので
しょうか。

見逃せませんね。おひさま。

新しいオープニングも気に入りました。


来週の放送は18日ですね。

なでしこジャパンの決勝です。ためしてガッテンの小野さんが1-0で勝つと
言っていました。ぜひ勝って欲しいですね。


売れきれかも知れません。大人気です。

Newer Entries »
ページ上部に