夏子先生




「陽子先生のうそつき!絶対負けねえって行っただよ」

「教師を辞めよう」

そう思った陽子。

夏子先生が陽子に、今まで教えて来たことを否定することはつらいという。

「でも辞めない、責任があるわ、私には」

辞めたいという陽子に、胸を張れという夏子先生。たくましいですねえ。

「立ちなさい」

そういうとお尻を思い切り叩いた。

気を取り戻し授業をする陽子です。

教科書を朗読していると、廊下に外人が立っていました。そしてその
隣には、オクトパスが通訳として付いていました。

英語が出来るという事で非国民扱いされていたオクトパスこと飯田小太郎
は、進駐軍の通訳として使われているという事ですね。

進駐軍の米兵はひとりです。校長に詰め寄り、教育方針は校長が決めて
いるのかと聞きます。

「はい」

校長は素直に答えますが、夏子先生が通訳の飯田を睨みながら言います。

「お国に逆らえなかったから仕方なかった事はあなたも知っているでしょ」

飯田は夏子先生を睨みつけます。

進駐軍は、戦争が始まってから先生になった人間をクビにするように
調べているらしいです。

つまり、国民学校であることを知って先生になったという罰ですね。

該当する先生は、陽子ただひとり。

このままでは、解雇です。もっと罰があるかもしれません。

それを知っているのか、陽子の前に詰め寄る進駐軍に対して
飯田は必死に英語で話しかけます。

陽子の英語力でも内容が通じたとの事。

「私の生徒だ、私を信じてくれ」

という意味だったとの事。

進駐軍はそれを聞いて

「next!ネクスト」

と言って立ち去ります。


陽子は飯田に助けられました。

「飯田先生」

「オクトパスでいいですよ」

飯田は進駐軍とともに立ち去りました。


須藤家です。

良一が家に変えるとそこに、茂樹が帰っていた。

陽子も走って帰って来た。

沈黙の3人。

「恥ずかしいです。申しわけありません」

土下座する茂樹。

「何がだ」

「死ねずに帰って来てしまいました。情けないです」

兄貴と基地で偶然に会いました。

「大丈夫か、兄貴。海軍ぐらしは俺の方が長いからな」

「軍医さん、しっかり願いますよ」

「シゲ、怖いな、やっぱり、死にたくないな」

「お前は怖くないのか」

「ああ、怖くないよ。いつでも死ぬ覚悟は出来ている」

「そうか」

帽子をかぶって、茂樹と敬礼する春樹。

「本当は、ぼくだって怖いって言いたかった。でも言えなかった。
 兄貴は心のどこかで軽蔑すらした」

「茂樹、もういい」

「死ぬべき人間はボクだったんです」

「お前の命はお前だけのものではない。俺のものでもあり、陽子のもの
 でもある。生きていて喜んでいるのは春樹だと思わないのか」

「ただいまと言えばいいんだお前は。それだけでいいんだ、茂樹」

涙を拭う茂樹。

「お父さん、ただいま。陽子、ただいま」

良一は笑顔で、陽子は涙顔で言います。

「お帰り、茂兄ちゃん」

良一、茂樹、陽子の3人が寄り添います。

「よかった」

あらためて、しみじみと思う陽子。


終戦でほっとしたのもつかの間。

進駐軍の事や、帰ってきた兵隊さんたちは、心に傷を負って
いることを知りました。

和成はいつ、どのようにして帰ってくるのでしょうか。


出演:陽子(井上真央,若尾文子),良一(寺脇康文),春樹(田中圭)
夏子先生(伊藤歩)、校長(綾田俊樹),茂樹(永山絢斗)
飯田小太郎(近藤芳正)


昨日の松本市の地震、大変でしたね。おひさまを見ているので
松本や安曇野はとても関心があります。


毎日暑い日が続きますが、赤ちゃんのいる家庭では汗疹対策が大変です。

エアコンをつけないけれど、扇風機も心配。

赤ちゃんから小さなお子さんのいる方にプレゼントしたら喜ばれそうです。


ダイソンよりもお手頃価格。デザインはそのままですね。

現代の陽子と房子のシーンです。

もっと早く戦争が終わっていればと悔しがっています。
でも、終戦がどういう事が知らなかった。

生活の戦いは終戦後に来たという陽子です。

丸山家の今日のおかずは、なんと梅干3個です。

「きっとよくなりますよ」

陽子は、きっとそう思うといいます。

「和成も帰ってくるしね」

徳子の言葉にちょっと戸惑う陽子。本当に帰ってくるのかと
内心は思っているようです。

徳子は反物をタンスから出してきました。節子が立ち会っています。

「これを売って食糧と変えるんだ」

もったいないという顔の節子。背に腹は代えられない徳子。

昭和20年9月です。

宮澤のおばちゃんの床屋にはポマードのチラシが貼られました。

みんな、稼ぐ気力が満々です。道夫も働きに出かけました。

陽子は有明山小学校へ。

校長はしょんぼりしています。

夏子は終戦後体調を崩してしばらく休んでいたそうです。

その夏子が学校に現れました。

さっそく、宿直室でおしゃべりを始めます。

学校の先生は、お国の為に死ねと教えてきたので、処罰される
かもしれない。

校長が職員室で先生を前に「国のお達しです」と言うと、
夏子が「え、そんな」とびっくり顔です。

「先生のうそつき。日本は負けないっていったじゃないか」
思い出す陽子。

生涯忘れることの出来ない授業の日になりました。

「今から、教科書の先生の言うところを墨で塗りつぶしてください。
教科書は間違っていました。
先生がみんなに教えてきたことは、間違っていました」

「ごめんなさい」

頭を下げる陽子先生。子供たちは、なんで?という顔です。

水兵の母、軍艦の絵全部・・・・

ああ、墨で塗られているのは自分なんだ、振り返る陽子。

ケイイチやミチオを思い出す陽子。

教科書は、どんどん塗りつぶされていきます。

教師を辞めよう。私には続けていく資格がない。そう思ったという陽子。

出演:陽子(井上真央)、徳子(樋口可南子)、現代の陽子(若尾文子)
道夫(串田和美)、夏子先生(伊藤歩)、校長(綾田俊樹)
福田先生(ダンカン)、節子(白川由美)

熱中症で亡くなる方でました。

屋外で活動しなくてはいけない人には対策が必要ですね。

私はコレを使って、外出しています。

頭がスッキリします。

こういう便利グッズをいろいろ探しています。

Newer Entries »
ページ上部に