赤松で初めて二人で飲んだり、喜美子が学校に進学した夢を見たり。

過去の話は空想の話はそれなりに楽しめますが、今日の目玉は出会いのひとつ
窯業研究所の先生。その名も掛井武蔵丸(かけいむさしまる)。

どんだけ難しい名前なのか。十代田八郎も難しいが、今度は名前が武蔵丸って。

なんの取り柄もないけれど一生懸命やれば教える側になれる。

照子の長男が髪を染めた?脱色した?家庭菜園に夢中になっているうちに
子育て失敗の巻。

これが信楽窯業研究所に入れるのか見ものですが、変わっていく様子も見ものです。

掛井武蔵丸(かけいむさしまる)との出会いもさることながら、ひとりぼっちで暮らす
喜美子の家には烏丸せつこが忍び込もうとしていました。

あのクラリオンガールの烏丸せつこは当時の見る影もありませんが、インパクトのある女優として
このスカーレットでも影響を与える存在に。