現代の陽子(若尾文子)の家に野菜を持ってきた老人。

ナスやトマトをざるに盛ってきました。

おいくら?と聞く陽子(若尾文子)ですが
タダという老人。

この老人は、犬塚弘さん。

隣のタケオの現代の姿なんですね。

タケオは、柄本佑という噂があるようですが
兄弟の柄本時生が正解です。似てますよね。

原口おばさんこと斉藤由貴が舞い上がっています・・・・

さて、話は女学校へ。

男は戦地に向かい、女が働く勤労奉仕の時代でした。

漢口での戦いで勝った日本は日の丸を持って喜び、陽子たちも
笑顔でした。

昭和13年の事です。

慰問袋作りをする陽子(井上真央)、育子(満島ひかり)、
真知子(マイコ)・・・

育子こと満島ひかりはたしかこの中で一番年上・・・25歳。

いつものように陽子は裁縫が苦手なので、先生にからかわれて
しまいます。

まるで、小学生が作った慰問袋だと言われてしまいます。

毎日のように通うあめ屋の3人ですが、育子が慰問袋に真知子の
写真を入れていると言います。

戦地に夢を与えるんだという育子ですが、自分の写真は垢抜けしすぎて
戦地には似合わないと言います。

陽子の写真は、川原(金子ノブアキ)さんという彼氏がいるので
使えないし・・・

3人が食べる水あめ。

一度舐めた割り箸を何度も瓶に入れていますが、あの食べ方で
いいんでしょうか。

育子は飴玉もぺろっといただいています。

身だしなみにこだわる年頃の陽子は、夜、寝るときにスカートを
布団の下に引き、折り目をつけようとします。

陽子はめちゃくちゃ寝相が悪いんですね。

朝になって、そうっと布団をめくるとシワになったスカートが
現れました。

機嫌が悪くなる陽子は、朝食でもご機嫌斜め。

男にはわかんないの!

父良一(寺脇康文)は、手に負えないという表情です。

ある日、学校から帰ると手紙が来ていました。

その中に、春樹(田中圭)からのハガキがありました。

寒くなる前に、松本に来なさい

川原も陽子に会いたいと言っている・・・

これを読んだ陽子は舞い上がります。

2階の自分の部屋で飛び跳ねる陽子ですが、父良一が
部屋を開けました。

バレたかも。

川原が陽子に会いたいと言っている・・・・

久々に見ました、犬塚弘さん。

クレイジーキャッツから、寅さんの警官役まで幅広い
活躍ですね。

クレージーキャッツ奇想天外ボックス

クレージーキャッツ奇想天外ボックス
価格:14,280円(税込、送料別)