初恋の瞬間だった・・・

現代の陽子、若尾文子が語ります。

月の砂漠は、母(原田知世)の思い出の曲でもあります。

ハーモニカを吹いているのは
川原功一(金子ノブアキ)です。

神社の前で吹いている姿を見ていると、川原に気づかれて
しまいました。

ハーモニカ・・・母が好きだったんです

陽子ちゃんだよね、と話しかけられ、話題は春樹の事に。

春樹が、何か悲しいものを背負っていると川原が言います。

母が病に苦しんでいる夜、布団をかぶって泣いていた春樹。

幼い時の事を思い出す陽子でした。

ボクが吹くから、歌ってくれるか?

陽子が月の砂漠を歌い、川原がハーモニカを吹きます。

ハーモニカ・・・いいですね。

ヤマハ ハーモニカ NO.220

 

女学校に行くと、ぼーっとしている陽子を見て
育子や真知子に何かあったの?と気づかれます。

学校帰りにいつもの「あめ屋」に寄り道する
白紙同盟の3人。

初恋かあ・・・

陽子は素直に初恋の話しを打ち明けます。

あめ屋のおかみ(渡辺えり)、主人(斉木しげる)、
それぞれ初恋の経験談を語ります。

育子(満島ひかり)も自慢げに話します。
3人も恋をしていると・・・

後になってこれが嘘だとばれるんですけどね。

真知子(マイコ)の初恋は?

私はいいなずけがいるから、恋はしない。
そう言い切ります。

でも、真知子も恋を経験することに
なるそうです。

須藤家の夕食です。

春樹(田中圭)や川原とともに食卓を囲む茂樹や良一や陽子。

国のために戦地に行っている人もいる・・
茂樹(永山絢斗)がふとつぶやきます。

その時です、ぷうっとオナラの音。

茂樹は陽子のせいにします。

それをかばう春樹、それをかばう川原・・・・

陽子は、寝ている茂樹を恨みます。

枕もとで呪いをかける陽子が、布団の下から
見つけたものは・・・

予科練の資料でした。
海軍飛行予科練習生の募集書類です。

父にも内緒でこんなモノを・・・・

右旋回、ヨーソロー・・・寝言を言う茂樹。

海外の戦争を身近に感じる陽子でした。

茂樹が大好きな模型飛行機

飛行機100年…茂樹が憧れたものは

【送料無料】飛行機100年

【送料無料】飛行機100年
価格:2,310円(税込、送料別)