第48回 開店初日は・・・

無事晴れました。
店には開店祝いの花がたくさん。
中岡、笹井、滝沢からもお祝いの花が届いています。

開店時間になったので、あかり、冬実がクラッカーを鳴らします。

第1号のお客さんどんな人だろう?
身内だったらどうする?空気読んで来ないよ・・・・

楽しみにしていると伝さんが。焼きそばやったら大丈夫とか言って
お祝いをもってやって来ました。

次は、浜野社長、神田・・・知り合いばかり。

店の中は静まり返ってしまいました。
初音もため息をついています。

そこへ年配のおっさんが2人。

「なんやビールないんか」
「尾道のお好み焼きって大阪のよりうまいんか」

神田が「めっちゃうまいでっせ」とチャチャを入れる。

「ほな豚玉」
「わいはイカ玉や」

やけどしそうになったり、緊張しながらなんとか作りました。


尾道焼き・・・スナズリ(砂肝)の歯ごたえが最高!

「お待たせしましたー」

食べるおっさんたちに「お味どうですか」と聞くと
「うまいで、口に合うわ」

次々に客が入って来ました。

初音は陰で「自分で作った方がましや・・・」

さて、バンドの面々も集まって今度は冬実の誕生祝いと門出を祝うことに。

銀河鉄道999をみんなで歌います。
あかりと加奈もトランペットを吹いています。

・・・英語の歌詞がアヤシイ・・・

冬実を見送るあかり。
「上をむいていこう。雨でも曇りでも☆は見えるからね」

ひっしと抱き合う冬実とあかり。見送る鉄平。

天王寺駅前を出発する電車に手を振るあかりと鉄平。

尾道の村上鉄工所では・・・

真知子が錠にあかりの様子を伝えます。
初日はまあまあと聞いて安心したような錠です。

店で鉄板の手入れをするあかり。
仕事が終わって初音の部屋にもどると荷物がまとめてあります。

「あんた、ここ出てき!」

あかりは、冬実がいた部屋に引っ越すことになりました。

そして、初音からあかりへの開店祝いが渡されました。

袋から取り出したものは、ハンドクリームのようなものでした。
良く見るとアロエ軟膏でしたね。これを塗ればすぐ治るよって・・・と渡しました。


間宮 アロエ軟膏

冬実の部屋にいくと、天井に☆がちりばめられています。
雨でも☆が見えるということはこういう事だったんですね。

これからが大変や・・・・と初音。

さて、来週の予告です。

 対 

 の対決のようですね。

つまり、尾道対大阪?
民男が「両方やったらええやん」
あかりが、初音に土下座して「弟子にして下さい」という場面もありました。

来週も楽しみですね!