てっぱん好調な滑り出し。視聴率はゲゲゲの女房を超えました。18.2%。
連ドラは面白いという定評がついたのかもしれません。
尾道シリーズだけあって、尾美としのりが坊さん役ででてきました。柳沢慎吾もいつものキャラです。
オープニングのお好み焼き、おいしそうですね。

さて、初音ばあちゃんは一晩たつとさっさと黙って帰ってしまいました。
あかりは千春がつかった、つまり自分の母親が使ったトランペットをもって
初音ばあちゃんをおいかけました。
つれなく追い返す初音ばあちゃん。
「すべて忘れるんや―」「トランペットも忘れるんや―」
強がる初音ばあちゃん。
あかりは、帰り道に母親の真知子(安田成美)が花束を持って歩く姿を発見。
そっと後を追うと、墓参りでした。
あかりの母親、千春の墓です。
ふと真知子が振り返ると、あかりは真知子に気づかれ、転んでしまいました。
墓について問答を繰り返す2人。切ないシーンです。
小高い寺の上から尾道の街をながめる真知子とあかり。
あかりの名前の由来は、尾道の夜景、街のあかりとのこと。真知子があかしました。
初音ばあちゃんが置いて行ったトランペット。
まだなるのかな。
その夜のこと。あかりは進路調査書に自分の名前「村上あかり」と書くと、何度も書きなぐり
ついに丸めて捨ててしまいました。
今日の見どころは、あかりが「昨夜、べっちゃーの夢を見た」と言って回想するシーンです。
なんと富司純子がおにばばあのようにべっちゃーのメイクをして、お好み焼きのヘラを持って
叫ぶシーンです。

富司純子もあんなメイクをするとはビックリ。