おひさま 第130話 ユキのお店が安曇野に・・・

田中ユキさんです、と紹介する陽子。
でも結婚してるので・・・

ユキ 「夏川ユキです。夏だか冬だかわかんない名前になっちゃいました」

ユキは、グリーンのワンピースを来てとても見栄えがします。橋本真実さんです。

杏子と日向子もユキに挨拶をしました。

ユキがきっかけで先生になったという陽子。

あの日、リヤカーの後ろに乗せられて売られて行ったユキ。
奉公先で勉強をし続けたユキ。
ノートを送り続けた陽子。

お店が大好きというユキです。

二階でお茶をする陽子とユキ。

奉公先でいい人に出会い、何でもある店を開きたいというユキ。
写真を見せます。

食料・雑貨「なつかわ」

ユキ 「神戸の店は人にあずけることにして、安曇野に店を出すことに
したの」

陽子は大喜びです。ユキは「なつかわ」の社長の名刺を陽子に差し出し
ました。

ユキちゃん、すごいです。

ユキの言葉「お店が好き。だっていつでも戸が開いているから」
陽子が振り返ります。

陽子と和成は久しぶりに須藤の家を訪ねました。
陽子がいないので、良一も茂樹もがっかりしています。

良一はぬいぐるみを背中に隠していました。

和成は丸庵のオリジナルお菓子を作って良一と茂樹に味見をして
もらいました。

うまい、うまいと褒められました。

良一は、ぬいぐるみを陽子へ渡して、日向子に渡して欲しいと言います。
良一は、安曇野にできたおもちゃ屋の常連らしいです。

安曇野に雑貨屋が出来るという良一。それは、ユキの店です。
茂樹も感心しました。でも、医者の試験の事を聞かれるとキレが悪いです。

丸庵

陽子は、ユキの言葉を思い出しました。「店が好き。戸が開いているから」
そこへ、節子と安子が入って来ました。

笑う陽子。節子と安子はなんで笑われているのか不思議です。

ユキも戻ってきて、陽子の周りには人がたくさん集まり始めましたね。

続く…

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
白川由美,吉村実子,金澤美穂,寺脇康文,永山絢斗,橋本真実

先日通販で注文したお米が届きました。



10キロのお米で送料無料は嬉しいです。
スーパーから買って帰るのはしんどいですからね。

北海道のお米で「きらら397」22年米にしました。理由は、牛丼チェーンで
使われているらしいという情報です。

ひとりでは食べ切れないので
友達に分けてあげようと思って部屋に来てもらいました。

お米の袋のデザインが、グッドデザイン賞なんて、オシャレですよね。

このショップは、お米くらぶといいます。とても気に入りました。

また、このお店から違う銘柄を買おうと思います。