昭和25年、どんどん景気が良くなっていったそうです。
ものが自由に手に入る時代、ボーナスが配られるシーンもありました。

丸庵も繁盛しています。

「たぬきそば、18円になります」

徳子の元気な声が響きます。
日向子も食堂で大張り切り。看板娘です。

丸山家の夕食です。節子がやってきました。
安子もやってきました。洋菓子をもってきました。

日向子には食べられないお酒が入ったお菓子だそうです。
ウィスキーボンボン?でしょうか。

2階の部屋

陽子が日向子に絵本を読んで聞かせています。
日向子は寝てしまいました。

陽子 「たべましょうか?アレ」

和成 「そうだね」

ふたりでこっそりと食べて、うんまい、うんまいと何個も食べて
いると、日向子が寝ぼけて起きてきました。

慌ててしまい込むふたり。いったいこのお菓子は何でしょうね。

陽子が手紙を書いていると、和成が声をかけます。

和成 「陽子、何かあった?」

陽子 「杏子ちゃんから返事が来ないんです。半年も」

杏子とは、東京から疎開してきて、空襲で両親を亡くした子です。
幸せで、陽子のことなんか忘れているのならよいと言います。

現代

房子、陽子、杏子が並んでいます。

杏子 「その節はご心配かけました」

ふたたび、昭和25年

丸庵の暖簾をくぐる女性がいます。

陽子 「杏子ちゃん!・・・ひとり?」

杏子 「はい」

杏子がやって来ました。金澤美穂さんです。

道夫、徳子も出てきて、大きくなったなあとびっくりします。

和成は、噂をすれば…と言います。
道夫は、お腹が空いているだろう、美味しい蕎麦を食べさせて
あげると言います。

東京からひとりでやって来た杏子。あの時代には考えられなかったという
陽子。

食堂にお客さんが増えてきました。日向子は折り紙をして遊んでいます。

杏子 「日向子ちゃんと遊んでもいいですか」

陽子 「いいわよ」

杏子 「今夜、泊まっていってもいいですか」

陽子 「もちろんだけど、あちらは大丈夫?」

杏子 「はい」

突然やって来た杏子。その格好は質素で、ちょっとうす汚れていました。
いったい、杏子に何があったのでしょうか。

続く…

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
白川由美,吉村実子,金子ノブアキ,伊東ゆかり,金澤美穂,斉藤由貴

昭和25年になって、やっとお腹いっぱいモノが食べられるように
なったんですね。

現代は食べ過ぎでダイエットをする時代になっちゃいました。
楽天で人気ナンバーワンと聞いて、お茶好きの私もダイエットできそうです。



 

>>楽天市場でダイエット関連商品を調べて見る

ダイエットは男性も気になるようです。

美木良介さんのロングブレスダイエットが男性の間で話題に
なっているようですね。

 

 

 

2週間で5キロダイエットした方法