今日のオープニングは、歌入りでした。

平原綾香さんの言葉が入ると、なぜかジーンと来ます。

おひさま~大切なあなたへ

昭和21年11月 1946年です。

出産の準備をする陽子です。

陽子が仕事に出かける和成を見送ります。

和成 「陽子のこの姿を見たら茂さんは何て言うだろうね」

陽子 「関取みたいだね」

おどけて見せる陽子です。

丸山家のみんなは、お出かけのようです。
富士子を松本見物に連れて行く道夫と徳子。

徳子は和服、道夫と富士子は洋服です。

陽子 「いってらっしゃーい」

みんなを見送ります。

須藤家

茂樹が春樹兄さんの本を見ています。難解すぎて何が何だか
わからないと言います。

良一は新聞を呼んでいます。

いつもの須藤家の様子でしょうね

そこへ、育子がやって来ました。

育子 「豚肉が入ったからカレーを作るよ、茂樹君」

完全に弟あつかい。茂樹は「茂樹さん」だろ!と反発しながらも
まんざらでもない様子です。

丸山家

陽子がひとりで留守番です。

すると、陽子がお腹をさすって痛そうです。
すると、だれか入って来ました。

和成が早引けして帰ってきたのです。

和成 「最近、陽子を母さんたちに取られそうで、ふたりきりに
なりたかった」

こんな静かな家ははじめてだという和成。

陽子は、頑張って生むという話をカズさんにしますが、和成は
真剣な顔で、それは違うといいます。

和成 「この子は君の子。君とボクの子。みんなのタメになんて
思わなくていい」

陽子 「ありがとうございます。責任重大だと思っていました」

和成は、陽子の負担を軽くしてあげたようです。

和成 「名前のことなんだけど・・・」

和成は、何か考えているのかなと思いました。すると・・・

和成 「名前は陽子が考えて欲しい。陽子のお母さんのように」

陽子 「え・・・」

陽子の母、紘子が太陽の陽子という名前をつけたように陽子には
自分の子どもに自分で名前をつけて欲しい。そういう和成です。

陽子は安産だよ。そういう和成に、陽子は、私が安産型って言う事?
ふたりが冗談を言っていると、急に陣痛がはじまりました。

手を握る和成と陽子。

「カズさん・・・・・・」

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,渡辺美佐子,
満島ひかり,永山絢斗,串田和美,伊藤歩,寺脇康文

来週の予告です!

ついに誕生のシーンです。

赤ちゃんを抱く陽子、見守るみんな。なぜか怒鳴りつける和成。

「男が家族の事を心配して何が悪い!ふざけるな!」

という意味の言葉を言っていました。

おひさまを見たあと、知っとこにチャンネルを変えたんですが
なでしこジャパンが出ていました。

澤選手って料理が好き、得意らしいですね。

本屋さんで品切れだったこの本。なでしこの秘密が
澤選手の秘密が書かれているそうなので買おうと思います。

【送料無料】ほまれ

【送料無料】ほまれ
価格:1,680円(税込、送料別)

生まれた年は不作の年で、豊作になるように澤ママが穂希と付けたそうです。