今回から、オープニングの曲が変わりましたね。

おひさま~大切なあなたへ

平原綾香 おひさま~大切なあなたへ~

爽やかな曲で、ドラマに合っているなあと思いました。

丸庵の食堂

節子、徳子、陽子、和成が新聞記事に見入っています。
その記事はお祖父様である、桐野伯爵の死を伝えるものでした。

桐野富士子は、遺産は日赤に寄付したとのこと。
お祖母さんらしいですね。

新聞の写真の顔はキリっとというか、少し怒った顔になっていました。

安曇野の須藤家

良一も新聞を読んでいました。

仏壇に紘子の父の死を報告する良一。

紘子は父にずっと会えなかったけどあの世で会えるな。
お祖母さん、どうしているんだろうなあ、と空を見上げます。

丸庵

陽子が、桐野富士子に、ひ孫が生まれると手紙を書いたそうです。

丸庵の外には、富士子と運転手の神蔵が立っています。

食堂で、節子、徳子、和成を相手に富士子の事を言い放題の陽子。
金持ちだけど、センスがいい。優しい。でも怒ると怖い・・・・。

一部始終を富士子と神蔵が聞いていました。

節子が油を売っていられない、店を開けなくちゃと外へ飛び出しました。
すると、富士子と神蔵とばったり。

節子は新聞を広げ、写真の顔と目の前の富士子を見比べます。
怒った顔がそっくりです。

節子が慌てて引き返すと、徳子と陽子とおしゃべりに夢中になっていて
富士子たちに気がつきません。

富士子 「静かになさい」

陽子  「おばあさま!!」

富士子 「入ってもよいですか」

和成  「夫の丸山和成です」

陽子  「おじいさまの事、お悔やみ申しあげます」

富士子 「ありがとう、今日はお祝いに来ました」

神蔵に包を渡すよう指図します。

桐の箱に入っていたものは、真っ白なベビー服です。
襟が付いたかわいいベビー服でした。

プレゼントを見て喜ぶ陽子。

富士子 「趣味のいい方のお金持ちですから」

用が済んだから、帰るという富士子。いつものパターンですね。
陽子は引き止めます。

陽子  「いやです。もっとお話がしたいんです。一緒にいたいんです。
     絶対帰しません!」

富士子 「あなたの方が怒ると怖いわね」

富士子は上がってお茶をいただくことになりました。

厨房にいる陽子に、神蔵が近づいてそっと耳に入れます。

神蔵  「陽子さま、ありがとうございました。奥様はお寂しいのだと
     思います。ひ孫が出来る、お祝いは何にしよう。毎日それ
     ばかりでした」

神蔵、さすがに富士子のサポートがウマイですね。

丸山家の居間

富士子 「立派なお店ですね」

徳子  「ありがとうございます。旦那が留守ですみません」

富士子 「旦那さんも素敵な方のようね。あなたを見ればわかるわ」

    「和成さん、帰ってきてくれてありがとう。本当にありがとう」

陽子がお茶を持ってきました。

陽子はお祖母ちゃんに何かお願いしようと思っていたようです。

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,寺脇康文,串田和美
   白川由美,渡辺美佐子,中原丈雄

さて、来週の予告です。

女たちの時間というテーマです。赤ちゃんは女の子なのでしょうか。

真知子の結婚話もありそうです。育子はまだ東京には行かないので
しょうか。

そして富士子はなんと浴衣姿です。丸山の家に住みこんでしまうので
しょうか。

見逃せませんね。おひさま。

新しいオープニングも気に入りました。

来週の放送は18日ですね。

なでしこジャパンの決勝です。ためしてガッテンの小野さんが1-0で勝つと
言っていました。ぜひ勝って欲しいですね。

売れきれかも知れません。大人気です。