タケオは、丸庵に大量の野菜を持ってきました。
リヤカーに山積みです。

徳子 「誰だいね」

和成 「安曇野の陽子の友達さ」

タケオ「結婚祝いのかわりじゃ」

大根、人参、ネギが大量に山積みです。

徳子 「お茶でも飲んでいって下さいね」

徳子と和成が陽子の小さいころの話をタケオに聞きます。

徳子 「陽子の母親が亡くなった時もそばに?」

タケオ「はい」

「陽子の母親が亡くなった時から、陽子が笑顔で
いるようにして欲しい」

「太陽は、雲がでたら隠れてしまうじゃろ、なんとかして
守ってくれじ。お願いいたします」

和成 「はい、ひきうけました」

タケオは、空になったリヤカーを引いいて帰り道につきます。

タケオ「終わった。今日から、新しい時代だあ」

節子 「そうよね」

陽子が現れました

タケオ「いいひとの所に嫁にいったよな、陽子」

丸庵の厨房で、陽子にタケオからの贈り物の野菜を見せる和成。

和成 「いいひとだね、タケオさん」

陽子は、タケオにお礼の手紙を書きました。

タケオは陽子の手紙を読んで、女学生時代の陽子を思い出します。

手紙には、安曇野に引っ越してきた頃からよくしてくれたタケオに
感謝をしていると書かれていました。

和成と陽子の寝室。ふたりは眠っています。陽子は毎日同じ夢を
見ているようです。

不思議な夢

陽子 「お母さん、なんて言ったの」

紘子の口元を見ると、「おめでとう」と言っているようでした。

丸山家の茶の間。

陽子が、煮物の匂いを嗅ぐと、吐き気がしたようです。

節子 「この煮物、大丈夫だよね」

洗面所に行った陽子の後を追う、徳子。

徳子は、おめでたじゃないか、と言います。

陽子は、母、紘子が毎晩のように夢に出てきたのは、陽子へ
「おめでとう」と言いたいためだったんですね。

陽子が妊娠です。家族が増えますね。楽しみです。

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,柄本時生,原田知世,
白川由美

今日の日記です♪

節電と節水のため、電動バケツに注目です。

友達がペット用のマット洗いに使っているので気になっていました。

私も雑巾を洗濯機で洗うのは抵抗がありました。スニーカーが洗濯機で
洗えないかなあと思ったことも。

絞るのは手作業ですが、雑巾ならぎゅっと絞ればいいし、スニーカーは
そのままバルコニーへ。

夏場はちょっとした洗濯物が増える時期です。いちいち洗濯機を回さなく
てもすむので、便利!