有明山国民学校では、小学生たちが竹ヤリを持って訓練です。

中村先生(ピエール瀧)がめずらしく陽子(井上真央)を褒めます。

その小学生のなかに、倉田杏子がいました。

杏子は疎開して住まわせてもらっているらしく、下には小さな妹が
いました。

寂しくて教室に遊びに来る妹を杏子の隣に座らせる陽子。

陽子のクラスには育子(満島ひかり)の弟、一郎もいました。

丸庵は、小麦粉も底をついて商売が出来ない様子。

向かいのお姉さん、宮澤節子(白川由美)も心配顔です。

でも、徳子(樋口可南子)と道夫(串田和美)は馬鹿話をして
寂しさを紛らわせている様子。

「ただいま、カズさん」

写真を見て帰宅の挨拶をする陽子。

道夫と徳子は陽子が部屋に行くと、真顔になり

「そろそろ限界か」

とつぶやきます。

店じまいを覚悟している様子です。

翌日、学校に行くと、一通の手紙が来ていました。

倉田杏子が東京にいた時に通っていた先生からの手紙です。

東京では明るく歌が得意だったらしいです。杏子は。

教室の杏子の机の下に母にあてた手紙の書きかけが落ちていました。

疎開先ではよくしてもらい、食べ物には不自由せず、学校も楽しい。

そう書いてありました。親を心配させない心配りです。

陽子が教室で手紙を読んでいると、杏子と妹が戻ってきました。
手紙を取りに戻ったのです。

陽子は机の影に隠れました。

手紙を拾った杏子は、妹に絵を書いてくれとせがまれます。

杏子は、黒板に家族4人の絵を書きました。

「お姉ちゃん、お父さん・・・」上手な絵です。

妹が絵を見て喜んでいます。

出演:井上真央,樋口可南子,串田和美,白川由美,伊藤歩,綾田俊樹,ピエール瀧

今日は雨ですね。九州地方では大雨で被害が出ています。
関東でも大雨注意報。

梅雨とは言え、備えは必要ですね。

ポンチョって便利ですよ。