配給は今日も鯖の切り身でした。

丸庵は売る物がなくなり、早々と店じまい。

そんな陽子(井上真央)に兄の春樹(田中圭)から
ハガキが届いた。

戦地へ行くのだそうだ。

名古屋で良一(寺脇康文)と春樹が食堂で合う。

「松本の陽子にも寄っていく」

春樹は父の顔色を見て、顔色が悪いという。

良一は戦地の情報を春樹に伝えようとする。

「それは言わないで下さい。茂樹(永山絢斗)と約束
したんです。将来、安曇野で須藤医院をやると」

そんな時、食堂に母親が子供を抱いて飛び込んで来ました。

春樹が自分は医者だから見てあげると言って診察を始めます。

「お母さん、大丈夫ですよ。この人は安曇野の須藤医院の先生
だからね」

春樹はその後、松本へ。

兄を待つ陽子。店の前に立ち、春樹を待つ陽子。春樹はその背後から
やってきた。

子供のころからいつもそうだ。

怒る陽子の膨れた顔。膨れたほっぺをつまむと音が出ました。ブーっと。

丸山家の両親に歓迎され、おもてなしに、かけうどんをご馳走する道夫。

春樹は、和成(高良健吾)の浴衣を借りた。風呂をもらい、陽子がひいて
くれた布団の前で話しをする。

「俺らしくないことをしたい。この手紙を渡して欲しい」

真知子(マイコ)への手紙です。

翌日、春樹は軍医として戦地へ旅たった。

その頃、相馬家では、悲しい出来事がありました。

相馬剛三が真知子に伝えました。

「日本へ帰る途中に戦争に巻き込まれて亡くなった」

真知子は2度しか会っていない相手の事を思っているのか

それとも、春樹もそうなるのかと案じているのか。

陽子の手元には、真知子様 という宛名の手紙がありました。

春樹と真知子の切ない恋。

予告の通りでした。

出演:井上真央,樋口可南子,寺脇康文,串田和美,田中圭,マイコ,平泉成,吉村実子

¥1155
¥1980
¥2993