便所に隠れる陽子(井上陽子)と真知子(マイコ)は、戸を手ぬぐいで縛って
引っ張っています。

「またお便所だわ、私たち」

便所に縁がある白紙同盟。外では、大声を出している真知子の父親、相馬剛三(平泉成)

その頃、育子は家を飛び出して、いつもの商店街を走っていました。
飴屋の前で立ち止まり、泣いている育子。
血相を変えるとはこのことです。満島ひかりの演技はさすがです。

相馬剛三は燃えるような勢いで、家をこじ開けようとします。

「ろくでもない不良娘」

相馬剛三は、陽子の父良一(寺脇康文)に向かって、陽子を不良娘呼ばわりです。

さすがに怒った良一は、安曇野の帝王だろうが閻魔だろうがうちの娘を
不良娘呼ばわりするとは許せん!

安曇野で、真知子の父相馬剛三にこんな事を言ったのは良一が
初めてかも知れませんね。

部下に良一を押さえさせ(3人はいました)、玄関を開けて上がりこむ父親。

えらい剣幕ですが、土足でなく、キチンと靴を脱いで、つま先を入り口に
揃えるところは、タダの暴力オヤジとは違いますね、相馬剛三。

安曇野の駅に向かって、革のカバンとバックを持って走る育子。
自分と戦っています。

須藤家の中を物色する相馬剛三。ついに居所を見つけました。
便所の前に立つと

相馬剛三「ここだなあ」

真知子「出ていきません!結婚したくありません!」

父と戦う真知子。

その頃育子は、「陽子、真知子行ってくるよー、女性たちよ良き人生を!」
と言って、駅に向かいました。

便所の扉が少し相手、もう少しで相馬剛三が入ってきそうになりました。
真知子は戸を引っ張る相馬剛三を、エイッと押して転がしてしまいました。

そして、陽子は真知子に向かって、ここで言うことじゃないけれど・・・
と言いながら、春樹兄さんは真知子を好きなのと言います。

嬉しい・・・真知子は春樹の気持ちがとても嬉しいようです。

外では、タケオがかけつけました。隣なのにちょっと遅いです。
タケオの助けを借りて良一は家に入ろうとしますが、なかなか上手く
行きません。

部下たちは家に上がりこむと、まず、フライパンで便所の取っ手を
壊そうとしますが上手くいかず、餅つきの杵を使って扉をぶち開けて
しまいました。

「壊したものは弁償する!」という相馬剛三。

真知子はあっという間に連れ去られ、良一と陽子は泣きながら抱き合います。

育子の家出、真知子の家出、須藤家に乗り込む相馬財閥。なんという日だった
のでしょうか。

しばらくして、菜の花畑が咲く季節に、陽子は師範学校に行く荷造りを
していました。

真知子とは連絡が取れないようです。

そんな時、陽子に電報が来ました。真知子にも届きました。
差出人は、育子です。内容は

「ワレ、キシュウサクセンニセイコウセリ、セイコウヲイノル!」

でした。

真珠湾攻撃奇襲作戦成功の打電ですね「トラ・トラ・トラ」

この年は昭和14年ですよね。真珠湾は16年だったはずですが
当時このへんはアレンジでしょうか?

【送料無料】トラ・トラ・トラ! <特別編>

【送料無料】トラ・トラ・トラ! <特別編>
価格:3,591円(税込、送料別)