陽子(井上真央)の師範学校の入試の日になりました。

陽子の性格ですから、落ち着くはずもなく、もし、春樹(田中圭)が
助けなかったら、試験会場を間違えるところでした。

リラックスの方法を教える春樹。それは、受験生は、先生を志望する友達と
して見なさいということでした。

まあ、これでリラックスしたのか、春樹の言葉なら何でもよかったのか
試験は無事受けた様子です。

陽子が試験から帰ってきて、育子(満島ひかり)、真知子(マイコ)に
さっそく報告します。

試験は4日間かかったという陽子。
手応えについて、話し始めます。

裁縫の試験では、真知子がヤマをかけたまつり縫いの実技試験が
あったようです。

「まわりを見たけれど一番下手ではなかったわ」

自慢げに言う陽子ですが、信用なさそうですね。

そして、面接では、試験官が大笑いするようなネタを披露したと
言います。それも、育子と真知子の事らしいのですが。

白紙同盟のいきさつを話したという陽子に、それはまずいんじゃ
ないのと不安がる育子と真知子。

先生になろうって人が、白紙で答案を出したという事はマズイ
と見ていて思いましたね。

陽子の試験がまずまずだったことを知った育子は、大学受験に
落ちたことをカミングアウトします。
真知子も一緒に隠していたようです。

陽子は2人が隠し事をしていたことに腹を立てますが、落ちた事を
知ったら、陽子は試験で実力を出せないだろうという二人のやさしさ
を知って、感動します。

合格したら、バンザイすること!という約束もしました。

ある日の英語の授業中です、そわそわする陽子は授業もうわのそら。

オクトパス(近藤芳正)が注意しようとした時に、裁縫の先生が
教室に封筒を持ってやってきました。

あのこわーい先生が「合格おめでとう!」と笑顔になりました。

陽子は通知を受け取り、真知子、育子と抱き合いながら、通知が
シワシワになるほど、抱き合いました。

バンザーイ!バンザーイ!と教室の全員がお祝いをしてくれました。

オクトパスも参加したいような様子でしたが、よく見えませんでした。

バンザーイっていい言葉ですね。この本が気になります。

「人生バンザイ!」といえる老後のつくり方

「人生バンザイ!」といえる老後のつくり方
価格:1,365円(税込、送料別)