川原(金子ノブアキ)とタエ(中村ゆり)は、
須藤家で楽しい正月を過ごしたあと、翌朝、松本に帰りました。

外は雪が積もっていました。
2人を温かく見送る須藤家全員。

陽子は、この正月は一生忘れられなかった。
私は泣かなかったという現代の陽子ですが、実は
熱を出して寝込んでしまったのです。

父良一(寺脇康文)は陽子の部屋で、看病します。
いいお父さんです。こんなお父さん、現代にいるんでしょうか。

学校を休むほど寝こんで、真知子や育子も心配顔。

英語の時間、オクトパスの授業に現れた陽子。
ふたりの顔を見るなり、ここで涙がどっと溢れました。

授業妨害!と怒るオクトパスですが、お構いなし。

学校の帰りにはいつもの飴屋村上堂に寄って、陽子は
一部始終を説明します。

泣き止まない陽子の口に、飴屋の主人(斉木しげる)が飴を
突っ込みます。

とぼけたキャラですが、泣く子には飴ってことですね。

育子や真知子はその様子を見て、笑っていました。

笑われて、また、泣いている陽子の口に、今度はなんと
饅頭(茶色い栗まんじゅう)を突っ込みました。

井上真央のキャラにぴったりのシーンですね。

楽天市場名物の訳ありスイーツです

ドラマでは、このあと、現代のシーン、陽子と房子
つまり、若尾文子と斉藤由貴のやりとりがありました。

いつものオーバーアクションの房子さん。

もう、見慣れましたけどね。