ユキ(荒川ちか)がいなくなった机を見て陽子は寂しそうです。

ユキが夏子先生(伊藤歩)のような女教師になりたいという夢を思い出し、私も先生になりたいという気持ちが大きくなっていきました。

夏子先生が、山登りの計画を発表します。

常念岳登山です。

標高  2,857m
所在地  長野県松本市・安曇野市

夏子先生も子供たちもみんな楽しみにしています。
父の良一(寺脇康文)はこの日に限って早退してきました。

愛されていますね・・・という紘子ですが、急に容態が悪化しました。

入院する母と付きそう父、シゲだけが残されていました。
陽子が常念寺登山の説明書を持って家に帰るとシゲが泣いています。
そこへ春樹(中川大志)が帰ってきました。

お母さんはきっと帰ってくる。お母さんは嘘をつかない。

3人兄弟だけで夜を過ごします。
病室では、紘子が落ち着きました。

「家に帰りたい」

そういう紘子を見て、良一は翌朝、リヤカーに紘子を乗せて家路につきます。

「美しい風景。安曇野に来てよかった」

紘子は目に焼き付けるように風景を眺めます。
家に近づくと、兄弟が走って駆け寄ってきました。

母は帰って来ました。
陽子が夜遅くまでなにやら勉強をしているようです。
春樹が声をかけると、陽子は教科書を写していると言います。

教科書を手紙に書き写してそれをユキに郵便に送っていました。
小学生時代欠かさず続けたという陽子。

ユキは奉公先で赤子を背負って子守りをしながら手紙の教科書を読んでいました。

ユキは将来、先生にはならなかったようですが、この恩を感じ、陽子を助ける役をするそうです。

太陽の陽子ですから・・・そう口癖のように言う紘子。

紘子の命の灯火が消えようとしています。
まだ出演していない井上真央ちゃん。
今週末の4月9日 スタジオパークに出演するそうです。楽しみですね。

舞台裏が聞けそうです。