八郎が名古屋で買ってきたジョージ藤川の絵本。武志へのプレゼントだ。

武志は慌ただしく仕事に戻る。

武志は絵本に自分の気持ちを素直に書き込んだ。

今日が僕の日なら
僕はいつもと変わらない1日を過ごすだろう

母の日なら、父の日なら
僕はいつもと変わらない1日を過ごすだろう

下世話な私は、次のようなことを考えてしまった。

 

次世代展で入選したい

だれにも負けない作品を作りたい

フカ先生の絵葉書の絵のような作品を作りたい

仲間と一緒にブチ騒ぎたい

恋をしてみたい

健康になりたい

長生きしたい

 

しかしこのような下世話とも思える夢を実現するには

いつもと変わらない1日を過ごす

この繰り返しが必要なのだ。

 

いつもと変わらない1日のひとつの場面なのか

丸熊の皆さんのバナナ差し入れ

石井真奈との筆談

 

ここからオフレコです。

分厚いマスクをかけた皆さん。
ガーゼマスクしかなかった時代を思い出します。

フルーツ差し入れの敏春さん
バナナ率高くないですか

丸熊の婆さん
マジックハンド使い方ウマすぎ

来週の予告

荒木荘時代の顔馴染み、さださんと圭介さんは
喜美子を訪ねてくるのだろう

穴窯で成功したタイミングでなく、なぜこのタイミングなのか?

そこにはちや子の存在が。

来週は、同室の子供やマギーや真奈がキーマンになってくるらしい。

作陶する武志が病気と戦う姿。恋、命、家族。

見逃せません。