高良健吾



二階の部屋で話しをする和成と陽子。

和成 「一緒に考えよう」

和成はそう言って、陽子の頭を整理し始めます。

校長先生の話によると、辞めるのは自分だと思っている。
高橋先生の方が自分より優秀だと思っている。
でも、先生は子供の頃からの夢でもある。

和成 「ここまではいいかい」

陽子 「はい」

和成 「高橋先生のことを考えるのは辞めなさい」

陽子 「え?」

和成 「いい機会じゃないか、陽子」

陽子 「いい機会?」

和成 「これまではどうやって死なないですむかという人生だった
    これからはどういうふうに生きて行くか、それを考えよう」

和成はさらに話をつづけます。

和成 「先生じゃない陽子を見てみたい。人生をゼロから始めても
    いいんじゃないかな。ふたりでね」

陽子 「私が思っていることがあるんです。自分は本当に恵まれて
    いるなあって。
    母には、世界を明るく照らす太陽の陽子になりなさいと
    言われていたけれど、自分はそんなたいそうな人間じゃない。

    でも、自分のまわりの人たちを照らす存在でありたい。
    身の丈にあった小さな世界を照らしていきたい。

    自分がこれまで受け持った生徒だけを見守って生きたい。
    最初に受け持ったクラスと今のクラス。その子たちの
    先生でありたい」

和成 「なんだよ、陽子は答えを決めていたんじゃないか、はじめから」

陽子 「カズさんとしゃべっているうちになんだか」

和成 「いいんじゃないかな、身の丈にあった太陽の陽子で」

陽子 「幸せです。私は世界中に言いたいです、私は幸せだって」

窓に駆け寄って、窓を開け、叫ぶふりをする陽子。そして、二人で外を
眺め、星を見つめます。

長い長い夫婦の会話でしたね。うなずく和成の様子が印象的です。


学校の職員室


校長 「それでいいんですか」

陽子 「夫婦で話しあってきめました」

校長 「ありがとうございます」

萩原校長は、陽子を尊敬しているような顔つきです。
もともと、新しい先生を呼ぼうとしたのは校長先生だったはず。
でも、しまったと思っているんでしょうか。

深々と頭を下げる萩原校長先生。

陽子 「辞めて頭を下げられるのはちょっと」

校長 「夏子先生には?」

陽子 「卒業式まで言いません」

校長 「わかりました」

陽子 「先生、安曇野の子供たちをよろしくお願いします」

校長 「わかりました」

再び深々と頭を下げる校長でした。

宿直室

いつものようにシーツを干す陽子。吹っ切れてテキパキと仕事を
こなす陽子を見て、夏子先生が不思議に思います。

夏子 「なにかあった?テキパキしているけど」

陽子 「え、私ってそんなにテキパキしていませんか」

そう言いながら、夏子のスキをみて、お尻をパシッと叩きます。
夏子先生は、やられた!と思いました。

始めてじゃないですか、夏子先生のお尻を叩くシーンって。

いつものようにじゃれあう陽子と夏子です。


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,矢島健一,伊藤歩


松田直樹選手が訃報を知って、とても悲しいです。

日韓ワールドカップの頃に、ヘアバンドをしてプレーをしている
様子がとても印象的で、男らしい人だなあと思っていました。

ユニフォームを着て、天国に旅立ったという松田直樹選手。

私が知ったのは、AEDが無かったという事。

松村邦洋さんがマラソンで倒れて心肺停止になった時、AEDがあったから
助かったんですよね。

AEDの使い方とか知っていれば、悲しい死を減らすことが出来ると思う。





松田さんは、日本のサッカーを見守る星になりました。

二階の部屋

日向子をあやす和成。おもちゃはでんでん太鼓のような人形です。
陽子は、先生を辞めることで悩んでいる事を言い出せないでいます。

和成が陽子に手紙が来ているよと言います。
手紙は教え子のケイコからでした。

「私はこのままどうなっちゃうんでしょうか。相談する相手もいないし」

ケイコは昔の教え子で、お弁当を盗んでしまったあの子の事です。
陽子は返事を書きます。

今の時代のように携帯でメールってわけには行かないんですね。
辞書を開き、墨とペンで手紙を書く陽子。

ペンの味わいがいいですが、字がとても上手です。井上真央の字?

「大丈夫、働いていたって勉強は出来る!」

国民学校時代は戦争の事しか教えられなかった。そんな子は社会に
出て、教養を身につけるために苦労したようです。

手紙を書き終え、昔もらった四つ葉のクローバーのしおりを入れて
封をします。

教室

授業をする陽子ですが、子供たちの学力低下は、戦争のせいなのですが
陽子は責任を感じています。

丸山家

夕食を食べる4人。陽子の元気がないです。

徳子 「この子は、知恵熱をだすからねえ」

和成 「知らねえ」

徳子 「あんたはいなかったよ。玉音放送があった日だったからね」

徳子は、結婚前にも知恵熱があったかどうか聞きます。

陽子は、初恋にやぶれたとき熱を出して寝込みましたよね。
あの話は言えないです。

徳子と道夫は、陽子の悩みは夫婦で解決して欲しいと相談しています。

陽子は和成に全てを話したようです。

和成 「陽子はどうしたい。俺はそれを応援するよ」

徳子が道夫に言った、ダメなパターンの答えそのものでした・・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,矢島健一
伊藤歩

関東ではすずしい日が続いていますが、ゲリラ豪雨はどうにかなりません
でしょうか。透明傘では役に立ちませんよね。

ゲリラ豪雨対応のこんな傘を見つけました。

日本にはゲリラ豪雨はつきものなので、ひとり一本必要かもしれませんね。
カッパを着るよりは手軽かも。

これと長靴かなあ。

今日の放送で、100話になるんですね。あっという間です。

2階寝室

和成 「恥ずかしい事なのか、俺のしている事は」

陽子 「そんな・・・」

和成は陽子を鋭い目で睨みつけます。

和成 「男が家族のために何かして、何が悪いんだい、何が恥ずかしい
んだい」

1階寝室

徳子と道夫が寝ています。

徳子 「ケンカかあ、始めてじゃないかねえ」

道夫 「ZZZZZZZZ」

寝室

和成 「俺は戦地から生きて帰ってきたときに家族のために生きようと
決めたんだ」

和成は、戦地にいる時、仲間と話したそうです。カミさんの笑った顔が
見たい。

和成 「そんなふうに思わないでくれよ。楽しくやってるんだよ、俺は」

陽子 「ありがとうございます。私は怖いのです。優しすぎて怖いんです」

優しすぎて怖いという陽子、その心のうちには・・・

陽子 「いつか遠くに行ってしまうのではないかと思うと怖いんです」

陽子は、あの優しかった春樹兄さんの事を思い出しているのでしょうか。
春樹もやさしい男でしたねえ。

和成 「戦争は終わったんだ。俺はどこにも行かねえ、心配すんな」

陽子 「もっとわがままになって、起こってください。そうしないと
私は図にのっちゃうから」

和成 「わかりました」

陽子 「よろしくお願いします・・・でも、とっても怖いのは嫌です」

和成 「怖かった?ゴメン」

あの目付きとセリフは怖いですよねえ。ふざけんじゃねえ!って。

日向子が泣きました。夫婦ケンカが終わるのを待っていたかのようです。

茶の間

朝食です。節子もいます。後ろで陽子がオシメを変えています。
陽子はゴキゲンでオシメを変えています。

徳子 「和成、あんた、負けたんだね」

夫婦ケンカの最後に、謝ったのはどちらと言う徳子。
和成は、自分が何度もゴメンと言ったことを思い出しました。

徳子 「女はそういうふうに出来ているんですよ」

道夫が和成をだきよせて、ようこそ、仲間だと言います。
女房に頭があがらない仲間ですか・・・家系ですかねえ。

陽子 「和成さん、そろそろ時間ですよ」

徳子や節子たちは、様子を見て爆笑です。
嫁に主導権を握られている和成を見て笑っています。

まず、和成が仕事に出かけます。見送る陽子。

外に出ると、安子が外に出ていました。

安子 「カズちゃん、あんた、歩き方がお父さんそっくりだね」

和成は、がっかりした表情で、とぼとぼと歩いて出かけました。

安子は陽子の顔を見て、何か悪い事をいったかなあという顔です。

 

夫婦ケンカで、陽子が勝って、より絆が強まったの巻ですね。

でも高良健吾、迫力ありますよね。

 

【送料無料】高良健吾Pho...

【送料無料】高良健吾Pho…
価格:2,310円(税込、送料別)


 

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,斉藤由貴
伊藤歩,矢島健一,白川由美,吉村実子

今日は、番組を見終わったあとにめざましテレビの今日のわんこを
見ました。

なんと、ラジオフライヤーに乗っているわんこが紹介されました。
大型犬です。
マンションでは、外に出るまで抱かなくてはいけないキマリだそうです。
抱けないので、ラジオフライヤーというわけですね。
うちの隣の人は、水を買い出しに行く時に積んで行ってますよ。
10キロのボトルは重いですからね。2本積んでいました。

大きな買い物に便利そうですね。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に