良一

和成は寝ている日向子を抱っこして、多治見の焼き物の説明をはじめます。
そして、道夫は蕎麦畑の話しを始めました。

徳子は、男同士の話しに水を差して、日向子を寝かせてきなさいといいます。

二階の寝室

和成 「あらためて、ただいま」

陽子と和成は何ヶ月ぶりなんでしょうね。
二人で焼き物の湯のみを手に持って、話しを続けます。




陽子は和成をからかいながら、うれしそうです。

陽子 「帰ってきてくれてありがとうございます」
和成 「何いってんだ、あたりめえだろう」

須藤家

良一と茂樹が朝食を食べています。
茂樹は、このところ毎日帰りが遅い父を心配しています。
良一は、自分が生きているうちに医者になると言ってたよな、頼むぞ。
そう言って、勤めに出かけていきました。

良一のおわんを下げる茂樹。おわんの中にご飯が残っています。
良一は食欲が無いようです。どこか悪いのでしょうか。

百白花の電話がなりました。
日向子が出る!と言って電話を取りました。茂樹からでした。
陽子に代わります。

陽子 「え、そんな、すぐ行く」

良一が松本で倒れたそうです。これから病院で手術だそうです。
和成は陽子に病院に行こうと言います。

病室で父を見守る茂樹。夕日が差し込んでいます。
駆けつける陽子と和成。

盲腸が悪化して腹膜炎を起こしたらしいです。
手術は終わったのですが、熱が高くて危険な状態と茂樹が説明します。

陽子 「え、どうして」

陽子と和成は良一を見つめます。
茂樹は、良一が映画館の前で倒れたと説明します。

映画館の人が病院につれて来てくれたそうです。
毎日映画館に通っていたそうです。
仕事帰りに映画を見ていたそうです。同じ映画を毎日。

人気がない映画なのに毎日通う良一に、映画館の人が聞いたそうです。

良一 「映画の良し悪しはよくわからない。でも女優が亡くなった妻に似ている」

陽子は良一のことをちっともわかっていなかったと後悔します。
紘子の遺影を持ってたたずむ良一の姿。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,
石橋杏奈,土屋太鳳,大和田健介,串田和美,寺脇康文,永山絢斗

来週の予告です。最終週です。

みんな幸せになったね。徳子が言います。
相馬剛三がバナナを持っているシーン。
桐野富士子が百白花にやって来るシーン。
真知子のお腹を撫でる陽子。
良一も元気になったようです。

さて、ハッピーエンドに向かってどんな内容になるのでしょうか。

毎朝飲む水はミネラルウォーターなんですが、めちゃくちゃ安いので
たすかります。

クリスタルガイザー(crystal geyser) 水 ミネラルウォーター 海外 軟水 単品送料無料クリスタル…

部屋まで届けてくれるので、重くないし・・・・

須藤家の一室に、道夫、徳子、和成、陽子の4人が集合しています。

向い合って、作戦会議です。
司会進行は道夫です。

道夫 「俺たちは、戦争だって乗り越えてきた、先々代から続いてきた
あったものを守ろうと思っただよ」

道夫は、丸庵が継いできたことを説明します。

道夫 「ようするに、無くなったけれどいずれは
お前達のものだということ。蕎麦屋をやめちまうことも含めて
お前たちのやりたいようにすればいい」

徳子 「別に弱気になったりやる気を無くしたわけではないんだよ
悔しいけど、この機会を利用してやろうと思ってね」

道夫 「世の中変わっちまって、もうお前たちの時代だ。
俺たちは支えていくよ」

徳子 「当たり前に、あったものが無くなっちまうこともあることが
わかった。悔しいからね、負けて終わるのは悔しいからね
勝ってやろうじゃないか!」

道夫 「お前に自分の人生を考えて選んで欲しいということだよ」

和成に考えを聞きます。

和成 「わかんねえよ、まだ」

徳子が陽子に聞きます。

陽子 「私はカズさんの決めたことに・・・」

徳子 「これから先のあんたの長い人生も決めることなんだよ。
で、どうなんだい、どうしたい」

陽子 「そんなすぐには・・・」

道夫 「ふたりで話しあって決めてくれ、時間がないぞ、いつまでも
ここにいて、甘える訳にはいかない」

話が決まったようですね。シメは道夫でした。すると

徳子 「今日のお父ちゃんはしっかりしてたね」

道夫 「そうかい、自分でもなかなかのもんだと思っていたんだよ」

いつものように回りくどくない道夫の名セリフの連発でしたが
オチがついていたんですね。

ふたりで考えることになりましたが、どんな答えになるのでしょうか。

須藤家の居間

杏子と日向子の寝顔を見る良一と茂樹。

良一 「かわいいもんだね」

道夫 「ようやく、作戦会議がおわりまして、選手交代ということに
なりました」

良一 「そうですか」

いつまでもここに居たら怒られるという言葉に、良一はそんなことは
ないと言います。

すると、徳子が良一は怒ると怖いのかと茂樹に聞きます。

茂樹は、小さい頃は怖かったけど次第に優しくなったと言って陽子と
(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウンとうなずきます。

徳子は、良一のやさしさは、お母さん(紘子のこと)が亡くなってから
あんたたちに優しさを教えようとしたからなんだよ、と分析します。

うなずく良一。小さい頃は、叱る役が良一、優しさは紘子だったんですね。

丸山家は逆だというと、道夫を徳子が顔を見合わせて、え、そうかい?
という顔をします。

誰が見ても徳子が叱り役、道夫がなだめ役ですけどね。

良一 「では、月見酒といきますか」

茂樹 「いいですね」

陽子 「浪人中なのにいいんですか」

一番楽しそうなのは茂樹です。

中庭に置いてある、焼け跡から持ってきた丸庵のテーブルが会場です。

月の明かりとランタンの明かりで宴会が始まりました。

いい雰囲気です。

あくる日

和成は欠けたどんぶりを直しています。
道夫や徳子たちは、杏子と日向子と散歩に言ったようです。

ふたりきりの時間を与えてもらったようです。

ふたりで作戦会議です。

居間で、和成と陽子がふたりきりで向かい合いました。

和成 「俺の考えを言うね」

陽子 「はい」

思わず、喉がごくっとなるシーンです。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文,永山絢斗
金澤美穂,井上琳水

夕べのサッカーを最後まで見てしまいました。寝たのは2時頃です。
寝不足ですね。

ウズベキスタンに1-1で引き分けですが、ワールドカップには行ける
と信じています。

明日はなでしこジャパンの試合があります。毎日サッカーを観ている
ような気がします。

昨日は澤穂希選手の誕生日だったんですね。33歳です。
仲間からは、40歳までやれると言われているそうですが、年齢を
感じさせませんね。

澤選手のサプライズはバースデーケーキでした。ユニフォームを着た
澤選手がデザインされていました。

サッカーのユニフォームが欲しいです。スポーツバーにも行きたいです。

ヘアバンドも流行しているので、必須アイテムですね。

¥2940
¥1890
¥1999

田中ユキさんです、と紹介する陽子。
でも結婚してるので・・・

ユキ 「夏川ユキです。夏だか冬だかわかんない名前になっちゃいました」

ユキは、グリーンのワンピースを来てとても見栄えがします。橋本真実さんです。

杏子と日向子もユキに挨拶をしました。

ユキがきっかけで先生になったという陽子。

あの日、リヤカーの後ろに乗せられて売られて行ったユキ。
奉公先で勉強をし続けたユキ。
ノートを送り続けた陽子。

お店が大好きというユキです。

二階でお茶をする陽子とユキ。

奉公先でいい人に出会い、何でもある店を開きたいというユキ。
写真を見せます。

食料・雑貨「なつかわ」

ユキ 「神戸の店は人にあずけることにして、安曇野に店を出すことに
したの」

陽子は大喜びです。ユキは「なつかわ」の社長の名刺を陽子に差し出し
ました。

ユキちゃん、すごいです。

ユキの言葉「お店が好き。だっていつでも戸が開いているから」
陽子が振り返ります。

陽子と和成は久しぶりに須藤の家を訪ねました。
陽子がいないので、良一も茂樹もがっかりしています。

良一はぬいぐるみを背中に隠していました。

和成は丸庵のオリジナルお菓子を作って良一と茂樹に味見をして
もらいました。

うまい、うまいと褒められました。

良一は、ぬいぐるみを陽子へ渡して、日向子に渡して欲しいと言います。
良一は、安曇野にできたおもちゃ屋の常連らしいです。

安曇野に雑貨屋が出来るという良一。それは、ユキの店です。
茂樹も感心しました。でも、医者の試験の事を聞かれるとキレが悪いです。

丸庵

陽子は、ユキの言葉を思い出しました。「店が好き。戸が開いているから」
そこへ、節子と安子が入って来ました。

笑う陽子。節子と安子はなんで笑われているのか不思議です。

ユキも戻ってきて、陽子の周りには人がたくさん集まり始めましたね。

続く…

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
白川由美,吉村実子,金澤美穂,寺脇康文,永山絢斗,橋本真実

先日通販で注文したお米が届きました。



10キロのお米で送料無料は嬉しいです。
スーパーから買って帰るのはしんどいですからね。
北海道のお米で「きらら397」22年米にしました。理由は、牛丼チェーンで
使われているらしいという情報です。

ひとりでは食べ切れないので
友達に分けてあげようと思って部屋に来てもらいました。

お米の袋のデザインが、グッドデザイン賞なんて、オシャレですよね。

このショップは、お米くらぶといいます。とても気に入りました。

また、このお店から違う銘柄を買おうと思います。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に