育子

新しいお店のテーブルを拭く陽子たち。日向子も手伝いしています。

陽子 「日向子、今日からここに住むのよ」

杏子 「わたしもいいんですか」

陽子 「当たり前よ」

徳子 「お客さんくるかなあ」

開店準備をする丸山家の人々。楽しそうです。

場面は現代

房子 「この家、戦前からですよね」

陽子 「昔の家は丈夫に出来ているからねえ」

房子と陽子の目の前にあるテーブルは、あの時のテーブルですね。

蕎麦畑も手に入ったそうです。タケオが紹介した畑で今も蕎麦がとれて
いるらしいです。

房子が食べた蕎麦も自前の畑の蕎麦、自家製という事です。

昭和に戻ります。

店の名前を決める家族会議がありました。
せっかくだから新しい名前にしようという発想です。

徳子も道夫も新しい名前に賛成です。
陽子先生!といわれますが、ムリムリ!と断ります。

徳子 「あの人に頼んだらいいんじゃないかねえ」

陽子は、あ、あの人ですね、とうなずきました。誰でしょうか。

ある日、郵便が届きました。箱です。中から出てきたものは、紙でした。

紙には「百白花」と書いてありました。押し花に囲まれています。

最初は読めませんでした。これを考えたのはなんと、富士子でした。
富士子によると、「ひゃくびゃっか」と読ませるそうです。

百とは千や万ほど欲張らない意味があり、白は蕎麦の花の色です。
さすが、桐野富士子です。学があるんですねえ。

新しい店で、さっそく蕎麦打ちがはじまりました。
生徒は陽子ひとり、先生は、道夫、徳子、和成の3人です。

陽子の蕎麦打ち修行が始まりました。
楽しかったという陽子ですが、陽子が打った蕎麦が店にでるのは
まだまだ先だったとのことです。

東京です。

街頭演説をするある女性。女性の待遇についてフンマンをぶちまけます。
育子は、そうだそうだと興奮している様子です。
観衆は、大騒ぎ。

「それだから嫁に行き遅れちまうんだよ!」

「誰!正々堂々と出てきなさい」

「よしなさい」
育子が仲裁に入ろうして、台上まで登ってしまいました。

揉め事発生です。警察が育子を取り押さえようとします。
すると、間違って警官を押して、転落させてしまいました。


安曇野 百百花

良一と茂樹が開店祝いにやって来ました。

茂樹 「うれしいなあ、歩いて来れる場所においしい蕎麦屋が出来る
     なんて。あとで、真知子さんも来るよ」

真知子「おめでとうございます。百百花だから白い花を持ってきたわ」

日向子が看板娘で、注文を聞きます。

店内とテラスでお茶を飲む丸山家と須藤家と真知子。
真知子と陽子が、ラジオを聞いています。

最近、育子の声が聞こえないわねえとふたりとも心配そうです。
そのころ、東京では、なんと、育子が拘置所に入っていました。

捕まっちゃったんですね。

そんなとき、百白花に、お客さんが来ました。
初?のお客さんでしょうか。老夫婦です。

出迎える丸山家&須藤家の人々の人数にびっくり。
そして、日向子の出迎えでおばあちゃんがニッコリ。

百百花の歴史がスタートしました。

続く・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文
    永山絢斗,満島ひかり,マイコ,井上琳水,金澤美穂,斉藤由貴

樫木式カーヴィーダンスで部分やせって知ってますか。

昨日、友人の部屋にいったら置いてあって、毎日やってたらウェストが
細くなったというんですよ。

私は運動が苦手なんですけど、スタイルが良くなるならやってみよう
かなあ。

これでした。


普通に買っても1,000円なんですね。ブームなのかなあ。

★DVD付き 樫木式カーヴィーダンスで部分やせ!を楽天オークションで見てみる!★

陽子と和成の作戦会議が始まりました。

和成は、徳子と道夫をずるいと言います。ふたりだけでちゃんと
考えていて、悔しいと言います。

俺の考えを言うと切り出して置いて、和成のアイディアがポンと飛び出し
ません。

陽子に、何かないかね、と聞く和成。

陽子は、漫才でもやりますか、と聞きます。

和成 「漫才は・・・無理」

からかった陽子は思わず笑ってしまいました。

和成 「蕎麦屋は続けたいと思う。だけど、いつかみんなの夢を聞いた
時に・・・」」

陽子 「カズさん、ちょっくら行ってみませんか?」

陽子と和成は、あの洋館に来ました。

和成 「なんかモダンな家だね」

陽子 「なんか不思議な家なんです。日向子の絵本に出ていたり、
タエさんにあげた本の挿絵に出ていたり、なんか幸せのニオイが
するような家なんです」

和成と陽子は窓から中を覗いてみます。

和成 「おお、家具とかしっかりしているよ。手が届かないかもしれない
けれど、当たってみよう。蕎麦畑の件はタケオさんに相談するよ」

これだけ大きな家だったら、何人でも人が集まれるという和成。
この洋館に住める日はいつなんでしょうね。

さて、真知子の家です。家というか借りている部屋ですね。
育子と陽子がお茶を飲みに来ました。

陽子が真知子の事を「まちこ」と呼んでいる様子を見た育子がびっくり。
いろいろあったのねえ。

そこへ真知子の旦那さん(中村竜)がオヤキを持ってやって来ました。

すぐに帰るという旦那さん引きとめようとしますが、仕事があると言って
また出かけようとします。

そして、3人だけにしようとしますが、理由は誓約書でした。
白紙同盟の事は最優先課題と誓約書に書いてあったと言います。

誓約書を書いたとは真知子らしいですね。

落ち着いたところで陽子が育子を見つめて質問をしました。

陽子 「育子は茂樹兄さんのこと、好きなの?」

ずばりと聞く陽子。育子もタジタジですがどんな返事が帰って来るんで
しょうか。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,満島ひかり,マイコ,中村竜

なでしこジャパンの試合、今日の夕方ですね。
相手は北朝鮮。

おしゃれ番長川澄選手がチョリーッスっていう挨拶をしながら
ブログにいろいろ書いているようですね。

ピンクのヘアバンドとネイルアートは川澄選手が流行らせたとか。




おしゃれ番長!頑張って!

育子の東京土産は何でしょうか?

育子 「東京土産のカステラ、そしてクッキー」

そして、日向子にもお土産が。お人形です。火事でおもちゃが焼けたそう
です。喜ぶ日向子。

杏子へもお土産がありました。絵が好きな杏子にはクレパスです。

さらにお土産が続きます。次は男性陣へ。

手ぬぐいです。浅草の有名な手ぬぐいの店だそうです。
青と紺の手ぬぐいです。




そして、女性陣へも。刺繍入りのハンカチです。陽子、日向子そして
杏子へ、徳子へも渡されました。




育子 「かわいい、女性らしさを忘れないでね。オシャレとか」

真知子へもついでと言って渡しました、育子も同じハンカチです。
お揃いです。

日向子のダンスが始まりました。ラジオの曲に乗って腰を振っています。
ラジオの音声を聞くと

「ただいまの曲は、飯田小太郎とオクトパスでお送りしました」

と聞こえました。陽子がビックリ。徳子、道夫もビックリです。

陽子と真知子と育子が縁側でおしゃべりをしています。

陽子 「お金大丈夫、あんなにたくさんのおみやげ」

育子 「これでも稼いでいるだよ。大丈夫」

東京で相変わらず演説をしているそうですね。

すると、良一と茂樹が帰ってきました。

育子 「ご苦労様です。順調に落ち続けているようですね。茂樹君!」

杏子 「あのー、育子さんって茂樹さんより年上なんですか?」

茂樹は自分が陽子の兄で、陽子と育子は同級生だと説明します。

育子と茂樹は中庭で薪割りを始めました。
ふたりを眺めるみんな。東京に帰ってしまう育子です、つかの間の笑い
です。

須藤家に村上堂のかよが見舞いに来ました。

そして、生徒たちもきました。あのケイスケ(大和田健介)も来ました。
優等生だったケイスケも立派な青年になりましたね。

東日本大震災の後、ACのCMに出ていた大和田健介君。
最近、あのCMが流れないので懐かしいです。

心は誰にも見えないけれど、心づかいは見える・・・・

お見舞いは東京の富士子からも。缶詰がたくさん送られてきたようです。

ある日の晩。道夫が和成や徳子、陽子と相談を始めました。

道夫 「これから・・・どうしようか」

さて、どんな案が出てくるのでしょうか。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,満島ひかり
マイコ,寺脇康文,永山絢斗,金澤美穂,井上琳水,渡辺えり
斉木しげる,石橋杏奈,土屋太鳳,大和田健介

井上真央さんも頑張っていますが、なでしこジャパンもすごいですね。
オーストラリアに勝って3連勝。

今朝のスッキリ!!を見ていたら、なでしこジャパンの丸山桂里奈選手の下着が
紹介されていました。

試合の勝負下着をブログで公開しているそうです。

メーカーは、アエリー(aerie)でした。

アエリーは、アバクロやGAPと並ぶ三大アメカジブランドである
アメリカンイーグルの姉妹ブランドです。




キュートでセクシーなデザインが女子に大人気。なでしこジャパンでは
丸山桂里奈さん以外にもファンが多いそうですよ。

丸山桂里奈さんの勝負下着、アエリーの下着を楽天市場で見てみる>>

スポーツ用はゴムのところが太くて、aerieのロゴが入っているんですね。
丸山桂里奈さんは、ブルーとピンクを揃えていました。
代表のユニフォームの色ですね。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に