結婚式

ケイコは、四つ葉のクローバーを陽子に見せます。

ケイコ「これのおかげで幸せになれた。陽子先生に返す」

陽子 「これはもともとあなた達が見つけたもの、持っていなさい」




陽子はケイコに四葉のクローバーを返えします。
そして、ケイコはハナにクローバーを上げたようです。

ある日、ハナがケイコから四葉のクローバーをもらったと陽子に告げます。
そして、給料が上がったこと、母親が上がった分は自分で使いなよと
言ってくれたこと、とてもうれしそうに話します。

相変わらず貧しい家庭のようですね。
陽子は、国民学校の頃に家庭訪問した時の事を思い出しました。

ハナの家に訪問した時、母親が陽子の手のひらに持ってくれた砂糖。
精一杯のおもてなしだったのです。

ヒロシのお弁当事件、ヒロシの弁当が誰かに食べられた事件の事を
最近になってケイコがハナに真相を話したそうです。

ケイスケはその事件の時に、ケイコに向かって
「弁当を食べたのは俺だよ、ケイコは腹が空きすぎて夢を見たんだよ」

ケイコはそんなケイスケを尊敬し、その時から好きになったと言います。
ハナは、ケイコが結婚式を上げないといいます。両家の挨拶だけで済ますそうです。

ちょっと残念そうです。ハナはケイコがいつか、陽子から借りた雑誌を見て
これいいなあと言っていたことを陽子に話しました。

ドレスメーキングという雑誌に、外国の結婚式の写真がありました。
憧れるケイコを見て、ハナが覚えていたようです。

ハナはさっそく陽子に雑誌を持ってきて見せます。
「えーこれかわいいね」という陽子。

望月先生の洋裁教室の日がやって来ました。

徳子 「楽しみにしてたんだよね、洋裁の日」

陽子は望月先生に雑誌を見せて相談します。

不器用な陽子が手縫いで作り始めました。
徳子と杏子が心配顔で覗き込みます。あえて、手伝わないようです。

ケイコへのプレゼントはあくまでも陽子から、という形なんでしょうね。
陽子と杏子はケイコとケイスケの結婚式になにか企んでいるようですね。

そこへ、望月先生がやって来ました。陽子の裁縫が心配で来たようです。

陽子 「大丈夫です!」

針に糸を通す陽子、目をしかめて大丈夫でようか。
ひょっとして近視?

ある日、百白花にケイコとケイスケがやって来ました。

杏子は2階に連れて行き、呼ぶまでここで待っているように言いました。
そして、箱を渡しました。さっそく開けるケイコ、その中身は・・・

ヒロシたち同級生もやって来ました。
杏子が司会になって式が始まりました。

百白花での、結婚式&同窓会です。
広いテラスと食堂を使って、人が集まるにはうってつけの作りですね。

そして、皆に注目されながら、2階から階段を降りてくるケイスケとケイコ
ケイコは頭から真っ白なベールを被っています。
肩から下までを覆うベール。レースもついています。かわいいです。



現代版だとこんな感じでしょうか。ドラマでは木綿製?透けない生地でした。

ケイスケが挨拶をします。
「皆さんに祝福されて嬉しいです、ありがとうございます、幸せになります」

陽子はとてもうれしそうです。教え子たちの結婚式&同窓会です。

すると、そこへ和成が帰って来ました。
何が行われているんだろうという顔です。

「おとうさんだ」と言って、駆け寄る日向子。

「お蕎麦の兵隊さんだ」というヒロシたち。

陽子はあんなに待ち焦がれた和成の帰りなのに、和成の顔を見て
「私は元気に、幸せにやってますよ」と言う顔です。

ドヤ顔っていうんでしょうね、今どき。

和成はいったい、何ヶ月ぶりの帰宅なんでしょうか。
ややさっぱりした顔付きで、髪型もスッキリ。荷物を持っていました。
きっと自分で焼いた器なんでしょうね。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,
石橋杏奈,土屋太鳳,大和田健介

今朝のニュースは「ほしのあきさんの結婚」ですね。
ほしのあきさん(34)と騎手の三浦皇成さん(21)が来週には婚姻届を出す
というニュースです。




ほしのあきさんプロデュースのトレンカ、私も気になります。
足がほっそいですよね、34歳かあ。
★ほしのあき関連商品を楽天市場で見てみる★

関連商品がこんなにあるとばビックリです。

「いやー驚いたな、陽子が嫁に行くなんて」

結婚式のために戻ってきた春樹(田中圭)があらためて驚いた様子です。

「兄として、茂樹の分も、おめでとう。イイヤツか、相手は?」

「はい」

陽子(井上真央)は自信たっぷりに言います。

「照れるなあ、はっきり言われると。あの陽子が嫁さんか、ところで
あれはどうした」

「あれはあれだよ」

良一(寺脇康文)と春樹がこそこそと相談し始めました。

「お父さん、あれはまだですか」

「それを見るために早く帰ってきたんですよ」

アレとは、陽子が良一に三つ指ついて「お世話になりました」という
シーンの事らしいです。

夕食後、なんとなく、それらしい雰囲気になりました。

「今日は早く寝た方がいい」という良一は、春樹と目配せをしています。

陽子が切り出すのか・・・その時玄関で声がしました。

行ってみると、なんと、陽子の祖母である桐野富士子(渡辺美佐子)とともに
安曇野に来たあの運転手、神蔵(中原丈雄)が荷物を持って立っていました。

「これは婚礼衣装です。紘子様(原田知世)のために用意していたものだった
のですが、あなたのお祖母様がぜひ着ていただけたら嬉しいとの事です」

神蔵は衣装をおいて、東京に戻って行きました。

【送料無料】桐衣裳箱1段浅型・着物用(S)国産品・本物
茶の間で衣装箱を開けると、純白の白無垢でした。

結婚式で白無垢を着るという場面は知っていましたが、お祖母さんからの
プレゼントだったんですね。納得です。

「白無垢、怒られないかなあ丸山のお母さんに。着たいなあ」

雰囲気が盛り上がってきました。ついにアレが始まる様子です。

良一が陽子に向かって、涙をぽろぽろ流しながら語り始めました。

あれ、陽子からじゃなく、良一から?

「陽子、21年間、本当に長い間ありがとう。本当に世話になったなあ。
私の娘でいてくれて、本当にありがとう。太陽の陽子のおかげで
曇りの日は一日もなかったよ。
明日からは、丸山家の太陽になるんだ」

「こちらこそ、長い間お世話になりました。お父さん、お母さんの
おかげで、陽子は幸せでした」

陽子は礼をいいながら

「お父さん、ずるいです」

「先手必勝!」と、良一がどや顔になってます。

「やっぱり泣きましたね、お父さん」

春樹は無邪気です。

いよいよ婚礼の日を迎えました。

緑のワンピースを来た陽子は大きな衣装を風呂敷で包んで
丸山家へ。

丸山徳子(樋口可南子)に、白無垢を見せると

「絶対着なくちゃダメ。着ないなら私が着るわ、訳には
行かないわね、あとは、角隠しと扇子と・・・」

徳子はノリノリです。

婚礼は丸庵の2階座敷でやるようです。招待客が大勢集まって
来ました。

急な階段だなあと思いましたが、ソバ屋でなければ、大勢呼べないなあと
思いました。

道夫(串田和美)が婚礼会場を仕立て上げます。掛け軸を飾り、座布団を
ならべ、用意が出来ました。

正面に和成(高良健吾)が正座をしています。

向こう正面には、良一と春樹。

横の列には、真知子(マイコ)が座っています。

春樹と真知子も久々なのですが、目をあわせるシーンはありませんでしたね。

障子戸が開いて、白無垢を来た陽子が入って来ました。

「綺麗よ、陽子さん」

真知子が嬉しそうです。

和成も言葉には出しませんが、陽子を見つめて、嬉しそうな顔です。

見とれている、って言うんでしょうね。

すると、大きな音がして、障子戸がフルオープン!

誰だ・・・そこには真っ赤な服を着た育子(満島ひかり)が、プンプン怒り
ながら仁王立ちしていました。

4年半ぶりの再会・・・育子の行動はどんな意味が?

出演:井上真央,高良健吾,寺脇康文,田中圭,樋口可南子,串田和美,
満島ひかり,マイコ,中原丈雄

白無垢のレンタルは通販でも借りれるようですね。
買ったらいくらぐらい?

>>楽天市場で白無垢の打ち掛け衣装を見てみる

和成(高良健吾)と陽子(井上真央)は、2人きりで最初で最後のデート。

陽子が女学生時代に丸山徳子(樋口可南子)と出会ったあのソバ畑に
足を運んだふたり。

和成は、妹が生きていた頃、家族でこのソバ畑に来ていたそうです。

ふたりの目の前には、畑の土しか見えないソバ畑。このソバ畑を
あの日のように復活させるために闘ってくるという和成。

陽子「あのー、カズさんって呼んでいいえすか」

和成「いいよ。もっと早く会いたかった。一緒にいられる時間が短くて
ごめんよ」

カズさん・・・ですか。
陽子はこの先、ずっとカズさんと呼ぶんでしょうね。

 

これが戦地へ向かう和成の最後のデートでした。

宿直室です。

夏子先生(伊藤歩)が、陽子が先生を辞めくてよかったとホッとした
様子です。

陽子は、実は子供たちに結婚することも、先生を続けることも言って
いません。

教室では、子供たちが村じゅうの話題になっていると騒いでいます。

「結婚するんだって」
「よかったね」

ケイスケ「ちっとも良くない。商売をしている家に行くという事は先生を
やめるということだ」

ケイスケはいつも冷静に判断します。

陽子先生がおソバの兵隊さんと結婚して、先生をやめちゃうと大騒ぎです。

陽子は夏子先生のはからいで、明日の結婚式の準備のため
早く学校をあがりました。

良一が職場からお祝いをもらってきたといいます。
小豆を煮た物です。

陽子は部屋で荷造りをしながら、ここへ引っ越して来た時の
思い出を振り返ります。

良一も、古い写真を整理しています。

茶の間にいると、外から声がします。

「こんにちはー」

ケイスケの声です。外に出てみると、教室の子供たちみんなが
玄関の前に集まっていました。

「陽子先生!結婚おめでとう」

ケイコがみんなの寄せ書きを陽子に渡します。
寄せ書きには、真ん中に陽子の似顔絵が書いてありました。

まん丸の顔にまん丸の目。

顔のまわりには「陽子先生おめでとう」と、右から左に書いて
ありました。

茶の間に子供たちを上げて、話をする陽子。

子供たちはべそをかいている理由を聞きます。

「だって、先生やめちゃんだもん」

「みんなの先生を辞めたりしません」

陽子先生が結婚しても辞めない事を知って喜ぶ子供たち。

そこへ、春樹(田中圭)が帰って来ました。

陽子は春樹をみんなに紹介します。

するとカンタが「こちらへどうぞ」と春樹を座らせます。

良一が、あの小豆でお汁粉を作ったようです。

スリムパック おしるこ風
子供たちにふるまいました。

おわんはバラバラだけど全員分あります。

お汁粉は、ダイエット食品として人気があるんですね。

楽天市場でお汁粉を見てみる>>

さて、明日は結婚式です。

だけど、白無垢を着るまではいろいろありそうな雰囲気ですね。

ページ上部に