白川由美



今日のドラマの始まりは、房子の家族のシーンから。

陽子の話に感化されて、家族を思いやる房子。

「給料上がらなくていいのよ」

「バカでもいいのよ」

房子はいつもと様子が違います。

そんな房子と現代の陽子の会話が続きます。

陽子 「さあ、始めるわよ」

房子 「はい、陽子先生」


戦後は、品不足、物不足で大変だったと語ります。

農地解放で、小作人たちに開放された農地ですが、
蕎麦畑だったところで、蕎麦が作られなくなったというのです。

丸庵の店主、道夫は、蕎麦を探しに信州中を歩いていました。

この頃、陽子はすでに妊娠8ヶ月になっていました。

今日、道夫は戸隠に行っているそうです。


3人で囲む朝食。

陽子にだけ、卵焼きがついています。

陽子 「私だけ」

徳子 「あんたにじゃないの、おなかの子にだよ」

徳子 「和成、あんたも朝から幸せかみしめていないで」

和成 「していないよ」

徳子 「また、いちゃいちゃして」


陽子と和成がお出かけです。

陽子は8ヶ月ですが、有明山小学校に勤務しています。

大きなおなかで職員室を歩くと夏子先生が心配しています。

校長が陽子にイヤミを言ってきます。

夏子 「どっちなんだろうね」

男の子、女の子、どちらか楽しみです。

教室では、係を決める授業です。

飼育係などですね。

音楽の授業の風景も変わりました。

悲しい出来事もあったそうです。

農地解放で、あの思い出の蕎麦畑ではもう蕎麦が作られなくなった
そうです。

あの蕎麦畑とは、紘子と陽子の思い出があり、徳子と陽子が出会った場所
です。

丸庵では、さすがの道夫も困った顔をしています。

徳子 「元気だそうよ」

和成 「いつか、自分たちの蕎麦畑をもとうよ、自分たちの」

徳子 「いいねえ、それ」

道夫 「うん」


丸庵の厨房

和成が煮物をつくっています。

節子おばさんが新聞をもって入ってきました。

新聞を見ると、陽子のお祖母ちゃんこと、桐野富士子の顔写真が
出ていました。

桐野家と言えば財閥です。富士子の夫に何かあったそうです。


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,永山絢斗,寺脇康文
   満島ひかり,マイコ,伊藤歩,串田和美,吉川史樹,白川由美
   斉藤由貴,矢島健一


明日から三連休ですね。


夏休みに親類の家に行くんですが、何かお土産を持って行こうと
思っています。

家族団らん用品が人気という事で、コレに決めようと思います。
素麺が嫌いな人、いるかなあ。


幸せの準備という章になりました。

どんな幸せが・・・

「腰が・・・」

腰が抜けてしまった陽子。
和成は背負います。

和成の顔は真っ黒です。背中の陽子の顔は至近距離。

「陽子、ただいま」

「ご苦労様でございました。帰ってくれてありがとう
ございます」

「こっちこそ、待っててくれてありがとう」

「陽子、意外と重いんだね。下ろしたくない」

徳子が店の掃除をしています。

「ただいま」

「はい」

徳子は和成の声にきょとんとしています。

「和成、あんた、帰ってきたの」

「帰ってきたよ」

「よかった、よかった、お帰り」

道夫が和成を見つけると駆け寄りました。

「おおかえり、和成」

親子で泣きながら出迎える様子を見て、陽子は
腰が抜けたまま、座り込んでいます。

「腰ぬかしたんか、陽子ちゃん」

皆で笑っていると、宮澤のおばちゃんが入ってきました。

「なんか楽しい事があったの?」

節子は和成を見つけると、カラダを触って確かめます。

徳子が、陽子に言いました。

「練習通りにできたかい。ほら、練習してただろう」

陽子が出迎えの言葉を練習していた事をばらす徳子。

最初の言葉は

「腰が・・・」

和成がばらしてしまいました。大笑いする皆。

「風呂に入るかい」

道夫が言うと、陽子がすくっと立ち上がりました。
腰抜けが治ったようです。

2階の部屋で、和成にお茶を出す陽子。見つめ合うふたり。

縁側では、徳子と道夫が和成の帰還を噛み締めています。

「よかった、本当に良かった」

肩をよせあう、徳子と道夫。

和成と陽子は、ふたりきりで今後の事を話しあっています。

「陽子と幸せになるために、そのために帰ってきた」

「ありがとうございます。嬉しいです」

「あー、やっぱしウチはいいな」

夜が更けて、寝ている陽子のとなりでうめき声が聞こえました。

左側に和成、右に陽子が寝ています。

和成のうめき声を聞いて、陽子は背中から抱きしめました。

和成がふと目を覚ますと陽子を顔を見ました。

「陽子はここにいます。カズさんのそばにいます」

抱き合うふたり。

和成と幸せになりたい。そういう陽子でした。

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,白川由美

今朝も寝汗をかきました。不快指数は私的に100です。

本気で寝具を探さないと・・・

アウトラストがいいようですが、いろいろ調べたいと思います。

>>楽天市場で、アウトラスト関連商品を見てみる

枕にシーツ。まずは、ケットかな。

第12週になるんですね。テーマは「消息」

戦争に行った人たちの消息が気になります。

昭和20年3月 西暦1945年です。

丸庵はついに店を閉めてしまいました。

丸山家の食卓に宮澤節子(白川由美)が加わって4人で
食卓を囲みます。

道夫(串田和美)は働く事に。

みんな頑張ろうねっていう配給のおばさん。

さて、小学校では、竹ヤリの訓練が続きます。

人を殺す訓練、陽子もいざとなれば自分もという覚悟を
持ってた。そう振り返ります。

宿直室で、倉田杏子の靴を治す陽子。お礼に似顔絵を描いて
くれるというのです。

夏子先生(伊藤歩)が手紙を手にしています。
誰からの手紙か興味があります。

似顔絵が出来て、陽子に見せました。

上手です。赤組のみんなの顔を描いてお母さんに送っている
そうです。

靴も治って、元気よく帰る杏子。

日が暮れた職員室。陽子と夏子ふたりきりです。

手紙を読む夏子をいぶかしげに訪ねます。

「陽子先生は同僚でもあるけど、教え子だから恥ずかしくて」

なるほど、夏子先生の婚約者からの手紙だったようです。

新人教師の研修会で知り合ったらしく、真面目な人のようです。
でも、招集され、戦地の中国で足を負傷したらしいです。

終戦をきっかけに結婚することになっているという乙女の顔を
する夏子先生。

「どうして聞いてくれなかったの?」

聞いて欲しかった夏子は、陽子に突っ込んで欲しくてしょうがない
様子です。

机の引き出しから2ショットの写真を取り出し、はしゃぐ夏子。

陽子には2ショットの写真は無いですね。撮影する時間もなかった
からしょうがないのかなあ。

夏子の婚約者は広島出身らしいです。

終戦の年の「広島」。

ああ、なんという悲劇。

職員室に近づく誰かの足音。誰でしょうか。
怯える、陽子と夏子。

出演:井上真央,若尾文子,樋口可南子,串田和美,伊藤歩,白川由美,ピエール瀧,大出菜々子

この夏、終戦を迎えるわけですが、これから空襲や原爆など悲しい出来事が
続くんですよね。

今、防災グッズが売れていますが、私も水や食料を通販で揃えています。
今日、楽天市場を見たら、この商品が注目されていました。

バックオーダーがあっても入手したいという商品なんですね。

夕べ、暑くて熟睡できませんでした。この商品に注目しています。
家族が多いと大変かも。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に