田中圭

今朝のオープニングは平原綾香さんの歌つきでしたね。
最終週だからでしょうか。

良一がベッドに寝ています。
主治医と看護師がやってきました。なにか大事な事を伝えるようです。
茂樹が自分が聞くと言いました。

今は須藤家の家督を継ぐ身ですね。
医師の話しによると、良一の命は「本人の生きる力」だけだそうです。

陽子 「待ちましょう」
茂樹 「待つだけだ」

病室には和成と茂樹と陽子だけになりました。
父を振り返る陽子。

陽子 「お母さんが亡くなってから、ずっと寂しかったに違いない
    でも、お父さんがひとりで映画を見ていたと思うとたまらない」

茂樹 「そうか、俺はどこか格好いいと思う。そんなにひとりの人をずっと
    好きでいられるなんてステキだなと思う」

陽子 「そうね、そう思うと、かわいいね」

茂樹 「どんな映画だったのか見てみたいな」

和成 「見てみたいですね」

茂樹は父さんと一緒に暮らしていて何も気づかなかった。勝手にお父さんが
強いと思い込んでいたと言います。

茂樹 「こんな自分が医師になれないのは当然だ。きっと春樹兄さんなら
    気づいていた」

和成 「須藤のお父さんは強い人だった、みんなが思っていましたよ」

良一は苦しそうな顔でベッドに寝ています。

良一 「ひ、ひろこ・・・。はるき・・・」

そう言って、眠りが深くなったとき、陽子が取り乱しました。

陽子 「やだ、お父さん、逝かないで」

夜が更けました。
陽子、和成、茂樹は椅子に座ったまま寝ています。

朝になると、良一が目を開きました。

良一 「おい陽子、なんで俺がお前たちを起こすんだ」

茂樹 「お、お父さん」

良一 「なんだ、たよりないな、お前たちは。
    死にかけたのか、私は。お母さんと春樹にあったよ」

紘子が出てきたそうです、春樹も。お父さんにはもう少し頑張ってもらわないと。

良一 「と言うわけだ、追い返された」

陽子はそれを聞いて、泣きじゃくります。

陽子 「もう、いなくなったら嫌ですからね」

良一が回復したのは、お母さんと春樹兄さんのおかげ。
そう言う陽子でした。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,田中圭,原田知世

友人が「ママ会」に行くと言って、バッグを一緒に見に行きました。
ママ会って入るものなのかなあ。

ママ会っていうとブランド品のお披露目会かと思っていたら、
安くてもセンスのよいものを持っているところを自慢するとか。

時間が無いのに、モノ選びにはこだわっていますよーって感じです。

こんなショップがあるぐらいですからね。




楽天市場で、ママ友用バッグをいろいろ見てみる♫

1万円以内でけっこうおしゃれなバッグがありますね。

陽子は春樹の本を机の上に出してたたずんでいます。

「心に太陽を持て」

春樹の本です。

心に太陽を持て (新潮文庫)
昔話を始めました。

陽子の陽の字が欲しかったという春樹。

長男としてでなく、ひとりの男としてあいつが好きだった。

須藤春樹という男を家族に持っていたことを誇りに思う。

めそめそするのは辞めよう。春樹には似合わない。

「はい」

小さな声で元気をだそうとする陽子。

丸山の家です。今夜の夕食はすいとんでしょうか。

徳子に心配されます。無理しなくていいんだよ、と。

元気を出す、陽子です。

徳子と道夫は、和成の事も心配します。

真知子の家に、陽子と育子が集まりました。

陽子は、春樹から預かった手紙を真知子に渡します。
あの春樹が「自分らしくないこと」と言って書いた手紙です。

戦地から帰らなかったら渡して欲しいという春樹の頼みでした。

「確かに受け取りました」

真知子は手紙を受け取って泣いてしまいます。

「泣いてごめんなさい」

「いいのよ真知子さんの心の中で春樹兄さんが生きていてくれれば」

育子は、見ていることがたまらず、自分たちは亡くなった人たちの
分まで長生きしようと声をかけます。

「裏切りはダメだよ」

陽子は確かに現代まで長生きしていますね。

真知子や育子はどうなっているのか興味津々です。

育子は無茶しそうですけど・・・

昭和20年8月 暑い夏です。

校長が職員室で先生達に向けて言いました。

「広島に新型爆弾が落ちて、町が全滅だそうです」

立ち上がる夏子先生。婚約者が住む町は広島です。

「嫌だ、嫌だ」

叫ぶ夏子先生を見て、立ち上がる陽子。

8月6日 ヒロシマ
¥1365
¥651
¥1733
¥1365
¥1365
¥1680
出演:陽子(井上真央),徳子(樋口可南子),陽子の現代(若尾文子)
良一(寺脇康文),春樹(田中圭),茂樹(永山絢斗),真知子(マイコ)
道夫(串田和美),夏子先生(伊藤歩)

白いシャツは目立つので草木でカーキ色に染めたらしいです。

陽子と夏子先生が染色をしていました。

丸庵に父の良一が訪ねて来ました。

名古屋の工場が松本に疎開したとの事です。

ちょっと疲れたように見えた良一ですが、徳子、道夫と
一緒に夕食を囲みます。

良一の好物のお酒もあります。お銚子が2本が立っています。

丸山の家で一緒に暮らそうという徳子です。

煮え切らない良一に陽子が畳み掛けます。

良一は陽子にお母さんに似てきたなあと言います。つまり、徳子に
似てきたということです。

「楽しい夜だ」

繰り返して口にする良一。さぞかし、寂しかったのでしょう。

陽子は徳子に許可をもらって、安曇野の実家に行って片付けをします。
良一が暮らせるように準備です。

「この家の将来を知っているか」

良一が陽子に話しかけます。

「須藤医院だよ」

名古屋で春樹と良一が話し合ったそうです。

楽しそうに語る良一と茂樹。

真知子は郵便配達をしていました。外で自転車ごと転んでしまいました。

転んだ時に郵便をばらまいてしまい、中をちょっとだけ見てしまいました。

顔色が変わる真知子。

須藤家に郵便を届ける砂まみれの真知子はそそくさと帰ってしまいます。

止めようとする陽子の言葉にも振り返らない真知子。

「おお、茂樹からか」

ハガキを読む良一の顔がどんどん変わっていきました。

青ざめ、そして、涙を浮かべる良一。

そのハガキを手にする陽子も涙をため、仏壇の母に目をやり、春樹を
思い起こします。

茂樹からのハガキに書いてあったことは、兄、春樹が乗った潜水艦が
爆撃を受けて沈没したという内容でした。

事務的な内容を淡々と書いてありましたが、検閲を意識しての事でした。

陽子は、春樹が残した言葉、詩集の言葉を思い起こしながらついに
泣き崩れてしまいました。

出演:陽子(井上真央),徳子(樋口可南子),陽子の現代(若尾文子)
良一(寺脇康文),春樹(田中圭),茂樹(永山絢斗),真知子(マイコ)
道夫(串田和美),夏子先生(伊藤歩)

朝、連ドラを見たあとにめざましテレビに切り替えるのですが、特集は
クールビズでした。

七分丈のズボンは海外から見ると評判が良くないらしいです。
そして、イギリスでは、なぜ女性版のクールビズが無いのかという質問も。

陽子が着ていたようなブラウスもクールビスなんですね。

事務服とは言え、なぜかおしゃれ。

>>楽天市場で、レディース用クールビスを見てみる♪

« Older Entries
ページ上部に