永山絢斗

育子から陽子に手紙が来ました。
今度は、きちんと便箋に綺麗な字で書いてあります。

小さな出版社でイキイキと働く様子が便箋に書いてありました。
育子はパーマをかけて、働く女性っぽく演技しています。

育子は陽子だけでなく、茂樹にも手紙を書いていました。

茂樹は、医師の試験を前に良一に不安な気持ちを打ち明けます。
いつ合格するか分からない。何年かかるか分からないと。

育子の手紙にも、何年かかってもガンバレ、茂樹君と書いて
ありました。

年下なのに茂樹君はないだろう、茂樹さんだろうと思うと
良一が、茂樹さん、ガンバレと言います。

茂樹は受験をしたあとに丸庵に寄りました。

丸山家の人々は日向子に夢中です。
茂樹の受験の結果を誰も聞いてくれません。

茂樹はたまらず、聞いてくれと言いました。すると。

陽子 「茂樹兄さん、どうだったの」

陽子 「今回は無理かと思うけど、日向子と同級生にならない
ように頑張る」

そういう茂樹に、道夫や和成が気を使って、そんなにがっかり
するなと、元気を出せと言います。

茂樹 「合否発表はまだなんだけど」

そう言いながら、丸庵のおいしいご馳走を腹いっぱい食べて
お酒も飲んで、茂樹の初挑戦の慰労会は続きました。

あくる日、ケイコとハナがいつものように授業を受けにきました。
その後に、真知子がやって来ました。

真知子 「今日は私は道案内なの」

そう言って連れてきたのは、なんと飴屋の村上堂のかよと貞夫でした。

かよは、安曇野の婆ちゃんだようと日向子の頬ずりします。
でも、かよが陽子を尋ねたのは他の目的があったんですね。

ケイコとハナと一緒に陽子に勉強を教わるという目的です。
日本語をアルファベットで書く練習をしていました。

かよは、ケイコとハナの後輩なので、よろしくお願いしますと
挨拶します。

さて、貞夫は道夫に気に入られて、蕎麦の仕込み材料をいろいろと
説明を受けています。枯節とか鰹節の説明を聞いて興味津々の
貞夫です。

今日から日向子役が変わっていましたね。

さて、こうして年月が経ち、昭和23年から一気に昭和25年にジャンプ
しました。

昭和25年は、丸庵に蕎麦が安定して入荷し、毎日、本当の蕎麦を出せる
ようになりました。

盛り蕎麦大盛りというオーダーを受けて元気よく返事をする徳子や
陽子。

蕎麦打ちは、道夫と和成です。

陽子は仕事を辞めたのでしょうか。和成も蕎麦屋ひとすじに見えます。

日向子は2年後なので、もう3歳ですね。子役も変わり、食堂で
お手伝いする様子がとってもかわいいです。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,寺脇康文
永山絢斗

来週の予告です。

川原が登場です。金子ノブアキさんですね。陽子の初恋の相手です。
たしか、彼女と満洲に行って、彼女は亡くなったという情報まで
知っていましたが、帰ってきたんですね。

それと、丸庵に黒い電話が入っていました。出前とかありそうですね。

そして、真知子の縁談です。相馬剛三が知らないうちに進んでいたようで
おかんむりのようですね。

最後に丸山家が見上げる別荘のような建物。あれは何でしょうか。

今、バルーン電報が話題になっているってしっていますか。




楽天市場で、「バルーン電報」を詳しく見てみる!

今日から、日テレで24時間テレビがスタートですね。
徳光和夫さんがマラソンに挑戦。70歳ですけど、完走して欲しいですね。

村上堂に現れた人は…

「あんたたち、なに隠れるだいね」

女学校の裁縫の先生、望月先生でした。

「この店で見つけてから、何年経つかねえ」

望月先生は去年退職して、洋裁の内職をしているそうです。

「しかし、須藤さんは裁縫ひどかったよね、忘れられねえわ」

育子が咳払いをします。

先生は、みんなが無事でよかったと話します。女学校も大変だったと
いいます。校庭が畑になってしまった。

陽子たちはいい時に女学校を巣立ったと思う。望月先生はそう言います。

飯田先生の事を報告する陽子。進駐軍から陽子を助けた一件です。

「あのイイダコがねえ」と望月先生。女先生はそう呼んでいたそうです。
陽子たちは、オクトパスと呼んでいたと言います。

先生、乾杯しましょう。そういうと貞夫が特別な飲み物を持って来ました。

それは、なんと進駐軍から手に入れた「コーラ」でした。

陽子が音頭をとります。

「男たちも、女たちも、良き人生を!」

コーラをぐいっと瓶でラッパ飲みするみんなの顔が一気に曇りました。

「苦くて飲めねえ」と望月先生。

須藤家

縁側に茂樹が座っています。廊下に育子が座っています。

医者を目指す、何年かかってもという茂樹。

育子 「何年?」

茂樹 「十何年」

育子が、茂樹が年をとって誰も面倒を見る人がいなかったら
私が面倒を見てあげると言います。

茂樹も、育子を面倒みると言います。

これが、東京へ飛び立つ育子と医者を目指す茂樹の別れでした。

須藤家に陽子が日向子を連れて遊びに来ました。

陽子と良一は日向子の話題ばかりなので、茂樹は咳払いをして
医者になることを告白しようとします。

すると良一が

「なんだ、言いたい事って、医者になることか」

と茂樹の言いたいことをサラっと言ってしまいました。

陽子 「え、本当に?今から?」

陽子だけは驚いた様子です。

茂樹 「お父さん、知ってたんですか」

良一 「知らないと言えば良かったのか、知らないフリをすれば良かった
かもな。私が生きているうちに医者になってくれよ」

茂樹 「はい。だから長生きして下さい。日向子も応援してくれよな」

日向子の顔を見て、笑ったという茂樹。

良一 「希望的観測だな」

こうして、茂樹の新しい人生もスタート!というわけですね。

コーラが昭和22年にはひそかに飲まれていたという事ですね。
日本上陸はいつだったのでしょうか。
やはり、最初は苦かったのかなあ。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,マイコ
満島ひかり,渡辺えり,斉木しげる,寺脇康文,永山絢斗
梅沢昌代

昨夜のサッカー見ましたか。日本対韓国の試合、3-0で勝ちましたね。
37年ぶりと言っていました。

香川選手と本田選手が決めたようですが、松井選手は出なかったみたい
ですね。

加藤ローサさんの旦那サマ!をじっくり見たかったんですけどね。

ところで、香川選手って10番でいいんですよね。

香川グッズが増えそうな予感・・・

丸庵に帰り、学校を辞めると言ってきた事を徳子達に報告する陽子。
徳子は神妙な顔つきです。

陽子は報告をすませると、

「お腹空いたー」

と言いました。

次は村上堂での報告です。

かよと貞夫、真知子と育子を前に報告です。
かよが泣き出しました。

「もう、日向子ちゃんを預かれないのかあ」

談笑するみんな。

陽子はなぜか、吹っ切れて、報告が楽しそうです。
それは、育子と真知子を驚かせた事が始めてだからです。

育子たちは、陽子は一生、先生を続けていくと思っていたようです。

最後の授業なのでしょうか、陽子は余裕の笑をうかべながら授業を
しているように見えます。

2回目の卒業生、最後の卒業生の授業です。


須藤家

茂樹が茶の間で一人芝居をしています。
父の良一に、医師になりたいと許可をもらう練習です。

「須藤医院をやりたいんです」

「ええ、これからか?」

そこへ良一が手紙を持って入ってきました。

良一 「茂樹、陽子が先生を辞めるそうだ」

茂樹はびっくりします。

良一 「陽子は新しい人生を踏み出すんだなあ」

茂樹は、陽子のやつに先をこされたという思いでいっぱいです。

良一 「茂樹は・・・せかして、すまん。ゆっくり考えろ」

茂樹は、背中に隠した、医師専門学校入学願書を出せずじまいです。


そして卒業式の日がやって来ました。

昭和22年3月
教師としての最後の日です。

出かける前に、鏡を見て何か心に決める陽子です。
階段を降りると家族が出迎えてくれました。

道夫 「陽子ちゃんの先生姿も見納めだね」

陽子は、道夫、徳子に礼を言います。

「本当にお世話になりました、お世話になりました」

みんな涙目です。陽子の卒業式みたいだと和成が言います。
日向子をおんぶして丸庵を出ると、節子と安子がいました。

「いっといで」

「いってきます」

村上堂に寄る陽子。今日は昼の授乳は無しのようです。

陽子 「今日まで、本当にありがとうございました」

日向子の顔がアップになりました、かわいいですね。べっぴんさんです。

有明山小学校

職員室で机の上を雑巾がけする陽子と夏子。

陽子はこれで2回目の卒業生を出すのですが、夏子先生は10回目だと
言います。陽子やタケオもその中に入っています。

萩原校長がやってきて、陽子と挨拶をします。

夏子先生は、おやっという顔をしました。陽子が辞めることは知りません。
陽子はそれを察して、卒業式は緊張しますねと言いました。

陽子が辞める事を知った時の夏子先生の顔が見てみたいですね。

伊藤歩さんて、和風美人ですよね。着物が似合います。
でも、最初の頃に比べるとちょっと太って見えるんですけど、自分だけ?


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,白川由美
   渡辺えり,斉木しげる,矢島健一,寺脇康文,永山絢斗,マイコ
   伊藤歩,満島ひかり,吉村実子

来週の予告です。

育子と茂樹のツーショット、えー二人は付き合っているのーという陽子。
医師になる宣言はどうなるんですかね。
育子は東京に行かないのでしょうか。

家にずーっといることになった陽子は、徳子と嫁姑の戦いもあるようです。

「陽子は他人行儀なんだよねー」

「言い返してもいいですか」

なんていうやりとりも。


さて、台風が来ていますが来週は台風が過ぎると暑さがぶり返す
ようです。

昨日ですね、楽天市場で予約していた充電式扇風機が届きました。
2つ注文したんです。

7000円ぐらいの安いものと15000円のものです。

ひとつは実家へ贈ろうと思っていました。

安い方は組み立てが大変だし、ちょっと作りも雑だなあと思いました。

家具のひとつと考えれば、デザイン性も大切。

プラスマイナスゼロの商品は良かったです。友達にも褒められました。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に