村上堂

現代の陽子と房子。

アルバムを開いて見る房子。

セピア色の写真・・・・

その写真は、和成と陽子と日向子が写っています。

昭和22年の写真です。

房子は、その写真を見て、誰も笑っていないと言います。

昭和22年はいろんな事があった年だわ・・・・

昭和22年

有明山小学校の教室です。

萩原校長を待つ陽子。

校長がやって来ました。陽子とふたりきりで話を始めます。

これまでの自分の生き方を話します。
貧しくとも教育が受けられるよう改革するべきだ。
大変な仕事だ、優秀な教師が必要だ、子どもの学力向上が第一だ!

4月から新しい教師を招く事にしたので、陽子か夏子のどちらかに
辞めて欲しいと言います。

まだ、夏子先生には言っていない、陽子に先に話していると言います。

そして

「あなたは、自分の子どもより生徒を優先することができますか」

返事は後でもらうと言って、教室を出て行きました。

陽子は茫然自失です。

廊下を歩いていると夏子先生に出会いました。

夏子 「顔色が悪いわね」

陽子 「大丈夫です、日向子を迎えに行きます」

陽子が帰りに村上堂に寄ると、真知子がいました。

真知子「陽子さん、疲れているようだけど大丈夫?」

陽子 「大丈夫よ」

陽子と真知子は仕事の話しをします。
真知子は、働くことが好きといいます。陽子を尊敬をしていると言います。
陽子は働く女性の模範という真知子。

陽子は今日の出来事を真知子に話したかったのですが、話せないで
いました。

数日後です。

2階の寝室

和成にはまだ話をしていないようです。二人、いや三人でいました。
ふと、陽子が日向子を出すと、様子がおかしいです。

陽子 「熱がある!」

陽子たちは徳子と道夫に知らせ、徳子が日向子をだくと高熱を感じました。
急いで病院にかけつける和成と日向子。

ドンドンドンドンと医院のドアを叩く和成。

医師の診断は、肺炎でした。

あの頃は肺炎で子どもが簡単に亡くなる時代。
医師は、陽子たちに覚悟しておくようにいいました。

学校を辞めなさいと言われたり、日向子が瀕死の目にあったり・・・

昭和22年がつらい時期だったことがわかりました。この後は・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,白川由美
渡辺えり,斉木しげる,矢島健一,寺脇康文,永山絢斗,マイコ,
伊藤歩,斉藤由貴

ここ数日涼しくないですか。
夕べはぐっすり眠れました。

今朝の朝食で、サラダを作ろうと思ったら、おひさまを見た後に
ZIPのモコズキッチンでサラダを作っていました。

美味しそうでしたね、コツは、サラダの水を切ることみたいです。
こんなグッズを使っていました。

オレンジを絞ってドレッシング代わりにするなんて夏らしいですよね。

和成と徳子に

「なんとかお願いしてみますから」

そう言って学校へ向かった陽子。

「なんとかお願いします!」

そう言って頭を下げている相手は、なんと、かよ でした。
丸庵を出て、村上堂を目指して来たんですね。

かよ 「そう言ってくれてうれしいよ。お昼時は?」

陽子 「12時10分からです」

かよが日向子を背負って学校に行くことになりました。
かよに頼った陽子。村上堂を出ると涙があふれてきました。

有明山小学校

陽子の顔を見て、夏子先生がどうしたのと聞きます。涙の跡があったと
見抜きました。

子育てをしながら学校の先生を続けることのつらさに挫けそうになったと
いう現代の陽子。

授業です。元気よく授業を始めました。

村上堂

店番をしながら日向子の面倒を見るかよと貞夫。

かよ 「臭うかい?」

そう言ってオシメを交換するふたりです。

学校に日向子を連れてきたかよ。

学校では、子どもたちが、ベーゴマで遊んでいます。

宿直室を見つけて陽子に出会うとさっそく日向子を渡します。

かよ 「重いもんだね」

陽子 「どんどん重くなっていくんですよ」

かよ 「それでいいんだよ、でも、こんなになっちゃダメだよ」

夏子先生が現れました。

夏子 「あら、村上堂の・・・ニッキ飴が好きなんです」

陽子は、夏子も村上堂に通っていたことを知ります。

かよが帰ると、夏子は陽子に言います。

「わかったわ、なんとなく。甘えられる時には甘えなさい」

陽子は、そう言われてホッとした様子です。

丸山家

和成がブスッとした顔で寝ています。徳子がそんな和成をからかいます。

「一日ぐらいこんな事があったからってブスッとしていちゃ親は
やってられないよ」

おかゆを枕元において、和成をからかいまくる徳子。
そんな徳子に和成は、ありがとうとポツリと言います。

村上堂

日向子を眺めるかよと貞夫

かよ 「おまえさん、ごめんな。子どもが出来なくて」

貞夫 「何いってんだよ。ふたりで仲良く出来ていいよ」

かよ 「こんなかわいいもんなんだね」

貞夫 「陽子ちゃんのだんな、たまに風邪引いてくれないかなあ」

陽子が村上堂にやって来ました。

陽子 「また、お願いしていいですか」

かよ 「ありがとう、ありがとう」

村上堂の夫婦は、本当に嬉しいようです。

丸庵にたどりついた陽子を出迎えたのはすっかりよくなった和成。

「おかえり」

「ただいま」

雨降って地固まるってことですかね。日向子のおばあちゃんは、かよ。
なるほどなるほどって感じです。

井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,渡辺えり,斉木しげる,伊藤歩

さて、来週の予告です。

萩原校長が陽子に向かって「自分の子どもより生徒を優先することが
できますか?」というシーンがありました。

萩原校長が来週のキーパーソンになりそうですね。

そして、火事です。

茂樹は、エアーで「ボク、医者になりたいんです」というシーン。

最後は陽子が「私は幸せです」という場面。8月6日は、8時35分から
のようですね。

BSプレミアムと地デジの両方を見ていたんですが、合間にムーミンの
特集がありました。
トーベ・ヤンソンの物語です。

¥2940
¥3360
¥3360
¥2940
¥2940
¥2940
なつかしい。かわいいです。

昭和21年12月31年 大晦日

丸庵

お客様がたくさん入っています。
年越し蕎麦を食べているようです。

お客様に出しているのは蕎麦のようですが、実は
コンニャクを使ったこんにゃく蕎麦のようです。

このこんにゃく麺は、和成のアイディアです。

道夫 「おばあさまは、どう思うんだい」

富士子「年越しには温かいものがいいですね」

道夫 「これじゃ、ツユが染みねえなあ、ちょっと研究だなあ」

合格でした。

日向子は食堂の近くで泣いています。駆けつける陽子。

大晦日の影響も終わり、お茶を飲んでくつろぐ丸山家。

富士子は、お蕎麦屋さんで働けて本当に嬉しい、幸せだったと
言います。

ひ孫の顔も見られたし、お蕎麦屋さんで働くこともできた。とても
幸せです。年越しをしたら、東京に帰りますという富士子。

陽子 「無理をしていませんか」

富士子「人間に無理やガマンは必要です。孫やひ孫に尊敬される
お祖母ちゃんになりたいです」

陽子が抱く日向子に向かって、またね、元気でねと声をかける富士子。

和成と陽子の寝室

日向子を挟んで、川の字になって寝る3人。

和成 「いいひとだったね、おばあさん」
「いい年だったね、今年は。来年はきっといい年になるよ」

日向子がかわいいです。

昭和22年 正月

村上堂

村上堂に、陽子と日向子、真知子、育子が集まっています。

かよ 「よかった、みんな生きていて本当によかった。陽子ちゃんが
おかあさんかあ。
うちは、子どもが出来なかったから、あんた達が子どものような
もんだ、日向子ちゃんは孫のようなもんだ。
抱かせてくりや」

女学生の頃は、かよさん夫婦の事を考えたこともなかったけど。
考えることができるようになった。大人になったのねという陽子。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,満島ひかり
渡辺美佐子,マイコ,渡辺えり,斉木しげる

和成が発明した「こんにゃく麺」って戦後からあったんですね。
糸こんのようですが、今では、ダイエット食とか食物繊維の豊富な
健康食って感じですね。

楽天市場では、ラーメンの麺として人気のようですね。

日向子が昨日、今日とどんどん成長していますね。赤ちゃん役は
何人いるのでしょうか。服の柄がとてもかわいいです。

日向子が着ていた服の柄ってこんな柄でしたよね。麻の葉という柄
のようです。
もんぺとか、和柄っていいなあと思う今日この頃です。

Newer Entries »
ページ上部に