春樹

配給は今日も鯖の切り身でした。

丸庵は売る物がなくなり、早々と店じまい。

そんな陽子(井上真央)に兄の春樹(田中圭)から
ハガキが届いた。

戦地へ行くのだそうだ。

名古屋で良一(寺脇康文)と春樹が食堂で合う。

「松本の陽子にも寄っていく」

春樹は父の顔色を見て、顔色が悪いという。

良一は戦地の情報を春樹に伝えようとする。

「それは言わないで下さい。茂樹(永山絢斗)と約束
したんです。将来、安曇野で須藤医院をやると」

そんな時、食堂に母親が子供を抱いて飛び込んで来ました。

春樹が自分は医者だから見てあげると言って診察を始めます。

「お母さん、大丈夫ですよ。この人は安曇野の須藤医院の先生
だからね」

春樹はその後、松本へ。

兄を待つ陽子。店の前に立ち、春樹を待つ陽子。春樹はその背後から
やってきた。

子供のころからいつもそうだ。

怒る陽子の膨れた顔。膨れたほっぺをつまむと音が出ました。ブーっと。

丸山家の両親に歓迎され、おもてなしに、かけうどんをご馳走する道夫。

春樹は、和成(高良健吾)の浴衣を借りた。風呂をもらい、陽子がひいて
くれた布団の前で話しをする。

「俺らしくないことをしたい。この手紙を渡して欲しい」

真知子(マイコ)への手紙です。

翌日、春樹は軍医として戦地へ旅たった。

その頃、相馬家では、悲しい出来事がありました。

相馬剛三が真知子に伝えました。

「日本へ帰る途中に戦争に巻き込まれて亡くなった」

真知子は2度しか会っていない相手の事を思っているのか

それとも、春樹もそうなるのかと案じているのか。

陽子の手元には、真知子様 という宛名の手紙がありました。

春樹と真知子の切ない恋。

予告の通りでした。

出演:井上真央,樋口可南子,寺脇康文,串田和美,田中圭,マイコ,平泉成,吉村実子

¥1155
¥1980
¥2993

和成(高良健吾)は、そば団子を子供たちと食べたあと
一緒に農業奉仕の手伝いをしています。

陽子(井上真央)がコケました。やさしく手を差し伸べる和成。

陽子の目はウルウルです。

陽子は家に帰っても、自分の部屋にこもって和成の事を想っています。

和成はマイペースで丸庵で欠けたドンブリの修理をしています。

良一(寺脇康文)が暗い表情で帰ってきました。何かあったようです。

玄関を開けると黒い靴が。春樹(田中圭)の靴です。

春樹が帰ってきていました。

家族3人が揃ったところで、春樹が話を切り出します。

「いずれ私も招集されます。招集されるなら自分から軍医を希望
したいのです。茂樹とともに戦おうと思います」

良一はさかづきを春樹に渡し、酒をつぎます。

ありがとうございますと言って飲み干す春樹。

良一は自分の事を話し始めました。

「春樹の話を聞くまで気が重かったのだが、名古屋で戦闘機を
作る工場に行くことになった。前線にいる春樹や茂樹たちの
ために名古屋に行くことにする」

春樹が軍医として戦地に行くのは半年先の事だそうです。

陽子の作った料理を褒めて、いつでも嫁にいけるなという春樹。

お見合いの話は春樹にはしないようですね。隠し事をしない須藤家
だから、一部始終話すのかと思っていましたが。

翌日、須藤家に郵便配達が来ました。真知子(マイコ)でした。
自転車に乗って、ズボン姿の真知子。

春樹が偶然に玄関から出てきました。

お互いに見つめ合い、春樹は真知子の姿を見て、似合うといいます。

ありがとうという真知子は、ハイネの詩集をありがとうと礼を言います。

春樹は動揺して、捨ててくださいと言いますが、真知子は

「すごくハイネが好きです」

と、ハイネの詩集に春樹への想いを込めて好きといいました。

「私も好きです」

ハイネの詩集は、真知子と春樹の橋渡しですね。

「どうかお幸せに」

そう言って須藤家の門を出る春樹。

真知子の見合いの事、自分の今後の事を含めて
精一杯の言葉のようです。

この頃の恋は、みなどこか悲しかった。

現代の陽子(若尾文子)が振り返ります。

家でくすぶっている陽子に良一が出かけよう、松本に
買い物に行こう、買いたい本があるんだと言って連れ出します。

松本でひと通り買い物を終えると、猛烈に腹が減ったという良一。

「ここで食べよう」

その店の暖簾は、「丸庵」でした。

躊躇する陽子を連れて暖簾をくぐる良一。

「ごめんください」

店には誰もいません。

「おいでなさんしー」

徳子が出迎えます。良一と陽子だと知って、道夫(串田和美)を
慌てて呼びます。

「松本に用事できたもので」

良一が挨拶をすると、和成(高良健吾)が出てきました。

「おいでなさんしー」

すっかり機嫌をよくした道夫は、今日はもう店じまいだと言います。

暖簾をさげる和成。

須藤家と丸山家だけで、食事が始まりました。

丸庵の料理に、舌鼓を打つ良一。さつま芋のキンピラでしょうか。

道夫はとっておきの酒を良一に振舞います。

きき酒 蛇の目 徳利 1合2合 + ぐい呑み 6個set
「これはうまい酒だ」

いつも安酒を飲んでいる良一にはたまらないという顔です。

相馬剛三にマズイといわれた酒を思い出しますね。

>>楽天市場で信州のおいしいお酒を見てみる

洋子の手にも盃が渡され、道夫が注ごうとすると

「私、お酒は飲んだことがないんです」

洋子はそういいながらも注がれたお酒を一気に乾しました。

「おいしいです」

いい飲みっぷりです。続いて注がれるとまた一気です。

すっかり雰囲気もよくなりましたが、外はもう夕暮れです。

陽子の目が据わっています。様子がおかしいです。

「あの、私・・・」

陽子が何か口走ろうとしています。

登校する陽子。

今日は雨のせいか自転車じゃないです。

カバンには春樹から眞知子への詩集が入っています。

「重いなあ」

陽子は冴えない顔。春樹へのヤキモチなのか、

いいなずけがいる眞知子と春樹の行方を考えているのか・・・

 

真知子と育子と合流しました。
育子はあごに絆創膏を貼っています。

「どうしたの育子?」

「おできができたの」

そういう育子ですが、何かありそうです。
昇降口にたどり着くと、陽子を顔色を見た育子が

「陽子、冴えない顔してどうしたの」

と言います。陽子は、カバンの中から詩集をだして

真知子に渡しました。

春樹兄さんからの「ハイネ詩集」です。
うれしそうな顔をする真知子。
学校が終わり、帰り道の3人がいつものあめ屋の前に
くると、真知子は

「お先したいんだけど」

カバンを抱きしめている真知子は早く帰って詩集を読みたいと
いいます。
しぶしぶ許す陽子と育子。

小走りに帰る真知子。

「サシで飴でもナメますか!」と育子。
何か話したい様子です。

陽子は育子に、春樹と真知子のお互いの思いを話すべきかどうか
相談します。

ふたりとも思いを知らないわけで・・・

育子は

「絶対ダメ!」

ダメだしです。よかれと思ってしたことが、他人の運命を変えることに
なってしますから・・・・

その頃、真知子はカバンから詩集をだして開いていました。

すると表紙に手紙が挟んでありました。

「眞知子さんがお好きなのではと思い、陽子に託します。須藤春樹」

うるうるする眞知子(手紙には眞知子とありました。ドラマでは真知子)

現代の陽子が言います。

「結局、お互いの思いを告げずに終わったわ。永遠の別れをするまで・・・」

ということは、永遠の別れをするときにお互いの思いを知るという事?

それも切ない話ですね。

育子の話を聞く陽子。

東京女子大に行きたいという行ったら、こんな目にあったという育子。

「殴られたの?」

「なぐったりしねえよ」

男のような口調になる育子。真知子がいないとちょっと口調が変わりますね。

女に学歴はいらないと言って、ちゃぶ台を蹴飛ばして、茶碗が壁に当たって
飛び散った破片であごを怪我した。

という事らしいです。

泣きそうな、悲しそうな顔をしていた・・・・父の表情を語る育子。

いい親だから・・・・でもどうしても行きたい、大学に行きたい、東京に
行きたいという育子。

泣きじゃくる育子です。

さて、現代。

現代の陽子が過去を振り返ります。進学したのは学年で4人だけだった
そうです。

原口房子こと斉藤由貴は、陽子はその後先生になるんですよねと
言います。

若尾文子はそんなこと言っていないといいますが、バレバレだと
言われるとバレバレかしらととぼけます。

来週の予告では、ある懐かしい人物が登場するようですね。

あらすじは、この本に書いてありますが
ドラマで見ると10倍楽しめますね。

小物や演技、表情、セリフの意味がよくわかります。


【送料無料】おひさま

【送料無料】おひさま
価格:1,155円(税込、送料別)


« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に