寺脇康文

田中ユキさんです、と紹介する陽子。
でも結婚してるので・・・

ユキ 「夏川ユキです。夏だか冬だかわかんない名前になっちゃいました」

ユキは、グリーンのワンピースを来てとても見栄えがします。橋本真実さんです。

杏子と日向子もユキに挨拶をしました。

ユキがきっかけで先生になったという陽子。

あの日、リヤカーの後ろに乗せられて売られて行ったユキ。
奉公先で勉強をし続けたユキ。
ノートを送り続けた陽子。

お店が大好きというユキです。

二階でお茶をする陽子とユキ。

奉公先でいい人に出会い、何でもある店を開きたいというユキ。
写真を見せます。

食料・雑貨「なつかわ」

ユキ 「神戸の店は人にあずけることにして、安曇野に店を出すことに
したの」

陽子は大喜びです。ユキは「なつかわ」の社長の名刺を陽子に差し出し
ました。

ユキちゃん、すごいです。

ユキの言葉「お店が好き。だっていつでも戸が開いているから」
陽子が振り返ります。

陽子と和成は久しぶりに須藤の家を訪ねました。
陽子がいないので、良一も茂樹もがっかりしています。

良一はぬいぐるみを背中に隠していました。

和成は丸庵のオリジナルお菓子を作って良一と茂樹に味見をして
もらいました。

うまい、うまいと褒められました。

良一は、ぬいぐるみを陽子へ渡して、日向子に渡して欲しいと言います。
良一は、安曇野にできたおもちゃ屋の常連らしいです。

安曇野に雑貨屋が出来るという良一。それは、ユキの店です。
茂樹も感心しました。でも、医者の試験の事を聞かれるとキレが悪いです。

丸庵

陽子は、ユキの言葉を思い出しました。「店が好き。戸が開いているから」
そこへ、節子と安子が入って来ました。

笑う陽子。節子と安子はなんで笑われているのか不思議です。

ユキも戻ってきて、陽子の周りには人がたくさん集まり始めましたね。

続く…

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
白川由美,吉村実子,金澤美穂,寺脇康文,永山絢斗,橋本真実

先日通販で注文したお米が届きました。



10キロのお米で送料無料は嬉しいです。
スーパーから買って帰るのはしんどいですからね。
北海道のお米で「きらら397」22年米にしました。理由は、牛丼チェーンで
使われているらしいという情報です。

ひとりでは食べ切れないので
友達に分けてあげようと思って部屋に来てもらいました。

お米の袋のデザインが、グッドデザイン賞なんて、オシャレですよね。

このショップは、お米くらぶといいます。とても気に入りました。

また、このお店から違う銘柄を買おうと思います。



カンパーイ

真知子と秦野(中村竜)と陽子が乾杯しています。

あの飲み物ってコーラ?黒い液体ですよね。
ボトルはラムネのような形です。

陽子 「お父さんは大丈夫だったの?」

真知子「たぶん、今頃ね・・・」

安曇野の良一のところに来た相馬剛三。
娘のグチをこぼしに来たんです。

「私はお父様の事が好きです。ずっと好きだから離れて暮らします。
 ずっと好きだから、お父さんのお金は一銭も使いません」

真知子は父親にこう言ったそうです。

剛三 「見たかったなあ、あいつの嫁入り姿。オレの夢だった」

剛三は本音を語ります。

「地主なんてつまんない。誰も友達になってくれない、ケンカもして
 くれない。父親に逆らって家出をしたこともある。
 自分の力で稼いでやる。そう思ったんだよ。嫌いなオヤジとおんなじ
 道を歩いているわけだ。そういう家に生まれてしまったんだから」

剛三 「真知子は民主主義ってやつか。オレは民主主義は知らない」

良一 「民主主義を知らないで町長は務まらないでしょう」

剛三 「おれは安曇野をよくしようと思っているだけだ。お前も一票を
    いれてくれたんだろう」

良一は黙ります。

剛三 「入れてなかったのか。そういうところが好きなんだ、酒を飲もう」

真知子の新居

3人の話は、戦争の話題になりました。

秦野も出征したそうです。

ニューギニアだったので芋ばかり作っていた
そうです。芋は見るのもイヤだと言います。

そんなふたりを見て、陽子は羨ましそうです。
夫婦ふたりきりで新しい生活を始めることは陽子には新鮮に
映っているのでしょう。

秦野から、陽子の夢は何と聞かれました。

ある日、丸庵はお店を休みにしました。
丸山家の5人が揃ってピクニックです。

行き先は安曇野の野山です。

道端に風呂敷を広げ、持ってきたおにぎりを食べる5人。

どうせなら、須藤家の実家に遊びに行けばいいのにと
思うのですが。

陽子は、徳子、道夫、和成に聞きました。

陽子 「みんなの夢はなんですか?」

徳子 「夢ねえ・・・・」


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,井上琳水
   満島ひかり,マイコ,寺脇康文,平泉成,中村竜

エケコ人形って知っていますか。

5月頃に、世界仰天ニュースで紹介されて、通販でけっこう売れたそう
なんですが、その効果に現れてきて、反響を呼んでいます。

こんな人形です。





エケコ人形の価格や効果を楽天市場で見てみる>>






丸庵の前の様子。

塀の張り紙を見ると、配給の事や、物々交換しますなどと
書いてあります。

まだ、戦後間もない時期です。そんな時期に嬉しい出来事が。

安曇野の須藤家。

和成と陽子は、良一と茂樹の前で妊娠の報告をします。

陽子 「私たちの子供が生まれます」

茂樹 「ホントかよ」

良一 「おめでとう」

茂樹 「大丈夫なのか、子どもが子どもを産んで大丈夫なのか」

   「お父さんは、おじいちゃんだ」

良一 「喜んでおじいちゃんになろうじゃないか」

和成 「つい昨日まで生きるか死ぬかという事を考えていたのに
    命が、自分の子どもが生まれるなんて信じられないです。
    
    生きて、生きて帰ってきてよかったです
    
    茂樹さん、私はこの子は、たくさんの亡くなった人たちの
    代わりに生まれてくるんじゃないかと」

茂樹 「戦後生まれの子か・・・男の子が生まれたら、茂樹ってつけても
    いいぞ」

良一と茂樹は、あの陽子がなあ・・・とからかいます。


和成と陽子の部屋

陽子は手紙を書いています。
かずなりは、陽子の背に羽織りをかけて

「大事にしておくりや」

と言います。

陽子は、夏子先生からも祝福され、隣の宮本の家からも祝福されます。
タケオも嬉しそうです。

そんな陽子の様子を見に、真知子と育子がやってきました。

もう、もんぺ姿でなく、ブラウスとスカートです。

「陽子がねえ」

メザシをポリポリ食べて、カルシウムを取る陽子です。
そんな陽子を見て、育子と真知子が昔話を持ち出しました。

女学生時代に、映画館でとなりの席の玉ねぎ男に手を触られて
もうお嫁にいけないと言っていたあのシーンです。

玉ねぎ男は、千原せいじでしたね。

3人で喜びをかみしめています。

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,永山絢斗,寺脇康文
   満島ひかり,マイコ,伊藤歩,柄本時生,角替和枝,村松利史


妊婦のカルシウム補給は、昔はメザシだったんですね。
現代は、サプリメントがたくさん出ていますね。

楽天市場、カルシウムミネラル部門ナンバーワンのカルシウムです↓


妊婦だけでなく、骨粗しょう症対策にも!

なでしこジャパン!決勝進出ですね。すごいすごい。
鮫島選手だけお化粧しているように見えるのは私だけ?

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に