原田知世

今朝のオープニングは平原綾香さんの歌つきでしたね。
最終週だからでしょうか。

良一がベッドに寝ています。
主治医と看護師がやってきました。なにか大事な事を伝えるようです。
茂樹が自分が聞くと言いました。

今は須藤家の家督を継ぐ身ですね。
医師の話しによると、良一の命は「本人の生きる力」だけだそうです。

陽子 「待ちましょう」
茂樹 「待つだけだ」

病室には和成と茂樹と陽子だけになりました。
父を振り返る陽子。

陽子 「お母さんが亡くなってから、ずっと寂しかったに違いない
    でも、お父さんがひとりで映画を見ていたと思うとたまらない」

茂樹 「そうか、俺はどこか格好いいと思う。そんなにひとりの人をずっと
    好きでいられるなんてステキだなと思う」

陽子 「そうね、そう思うと、かわいいね」

茂樹 「どんな映画だったのか見てみたいな」

和成 「見てみたいですね」

茂樹は父さんと一緒に暮らしていて何も気づかなかった。勝手にお父さんが
強いと思い込んでいたと言います。

茂樹 「こんな自分が医師になれないのは当然だ。きっと春樹兄さんなら
    気づいていた」

和成 「須藤のお父さんは強い人だった、みんなが思っていましたよ」

良一は苦しそうな顔でベッドに寝ています。

良一 「ひ、ひろこ・・・。はるき・・・」

そう言って、眠りが深くなったとき、陽子が取り乱しました。

陽子 「やだ、お父さん、逝かないで」

夜が更けました。
陽子、和成、茂樹は椅子に座ったまま寝ています。

朝になると、良一が目を開きました。

良一 「おい陽子、なんで俺がお前たちを起こすんだ」

茂樹 「お、お父さん」

良一 「なんだ、たよりないな、お前たちは。
    死にかけたのか、私は。お母さんと春樹にあったよ」

紘子が出てきたそうです、春樹も。お父さんにはもう少し頑張ってもらわないと。

良一 「と言うわけだ、追い返された」

陽子はそれを聞いて、泣きじゃくります。

陽子 「もう、いなくなったら嫌ですからね」

良一が回復したのは、お母さんと春樹兄さんのおかげ。
そう言う陽子でした。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,田中圭,原田知世

友人が「ママ会」に行くと言って、バッグを一緒に見に行きました。
ママ会って入るものなのかなあ。

ママ会っていうとブランド品のお披露目会かと思っていたら、
安くてもセンスのよいものを持っているところを自慢するとか。

時間が無いのに、モノ選びにはこだわっていますよーって感じです。

こんなショップがあるぐらいですからね。




楽天市場で、ママ友用バッグをいろいろ見てみる♫

1万円以内でけっこうおしゃれなバッグがありますね。

日向子が肺炎を起こして苦しんでいます。

この時代は、肺炎で命を落とす赤ちゃんがとても多かったとの事です。

徳子も節子も安子もみんな心配しています。

看病をする陽子と、陽子を見守る和成。

陽子の頭をよぎるのは、萩原校長先生の言葉です。

「自分の子供より、生徒を優先できますか」

日向子の容態はなかなか良くなりません。

陽子は学校を休んで看病することにしました。

自分の子供の看病のために学校を休む。

夏子先生は、陽子が休んでしまってとても心配そうです。

肺炎で死ぬかも知れない、陽子の判断は間違っていないと
思います。

徳子も心配でしょうがありません。

ふと、何かを思い出して家の奥に何かを取りに行きました。
持ち帰ってきたものは、なんと大きな羽子板のようなものです。

節子が「ああ、お雛様ね」と言います。

ええ、これがお雛様?

昔のお雛様はこういう形だったんですね。
徳子が亡くした娘のものだったのでしょうか。

女の人たちは、ひな祭りにはまだ早いけど、日向子の無事を祈って
雛飾りをしようと言い出します。

陽子が二階から降りてくると、雛飾りが揃っていてびっくりしました。

日向子の看病を続ける陽子。

陽子はいつの間にか寝てしまいました。

すると夢を見ました。

母の紘子と陽子と日向子の3人が須藤家の縁側にいるようです。

紘子 「日向子か、いい名前ねえ」

陽子は、紘子に向かって日向子を抱っこして欲しいとお願いします。

紘子は、クビを横に振ります。

陽子 「どうして、どうして抱いてくれないの」

紘子は微笑みながら、クビを横に振ります。抱こうとはしません。

陽子はうなされて、目を覚ましました。

布団には日向子がいません。

和成が日向子を抱いていました。そして陽子に向かっていいます。

「熱が下がったようだよ」

陽子は、日向子が助かったと大喜びです。そして思いました。

「きっと、お母さんが助けてくれたんだわ」

紘子が日向子を抱いたら、あの世に連れて行くという意味だったの
かもしれませんね。

日向子の容態が良くなって、陽子は登校することにしました。

さっそく授業をする陽子。

職員室で、萩原先生の方を見ると、何か書き物に集中していました。

陽子が出勤した日、校長にすみませんでしたと頭を下げると、萩原校長は

「よかった!」(無事でよかった)

笑顔でそう言ったきりです。心の底から喜んでいるように見えました。

日向子の事で学校を休んだのに、何も言わない校長先生。

言わないでいてくれる萩原校長先生の態度を見て、陽子はつらくなります。

自分が辞めなければ、夏子先生が辞めなければならないからです。

悩みながら丸庵まで来ると、何か決心した表情で暖簾をくぐる陽子です。

 

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,矢島健一,
伊藤歩

肺炎から生還した日向子ちゃん。

肺炎はどんな症状で、どういう看病をしたらいいのかなあ。

【送料無料】最新赤ちゃんの病気大百科

【送料無料】最新赤ちゃんの病気大百科
価格:1,365円(税込、送料別)


徳子に妊娠したんじゃないかと言われ、陽子の様子がおかしいです。

陽子 「いつ生まれるんですか」

徳子 「そんな事私に聞かれても」

陽子 「カズさんに知らせてきます」

徳子 「待ちなさい、産婆のサキさんに見てもらってからにしなさい」
「丸山家にとっては一大事なんだから」

食卓を囲む徳子、和成、節子、陽子。
陽子がニヤニヤするものだから、節子が勘ぐって

節子 「子供でも出来た?」

シーンとする食卓。

和成はおめでとうと言います。陽子はニコニコ顔。
徳子は、自分のカンを信じようと言います。

産院で診察を待つ徳子と陽子。この産院は和成を産んだところらしいです。

サキ(浅茅陽子)が現れました。

サキ 「あんた、また生むのかね」

徳子 「そうじゃないよ、娘だよ、娘」

サキ 「さあ、おいで」

丸庵の前

和成が帰りを待っています。節子も様子を伺っています。

和成 「どうだった」

陽子はお腹を押さえてうなずくだけです。

和成 「ありがとう、嬉しい」

徳子 「和成、陽子、ご報告に行きなさい、安曇野に。母さんに報告して
おいで」

道夫がネギを背負って帰ってきました。

道夫 「なんかええことあったのかえ」

笑う徳子、節子、陽子、和成。

安曇野の須藤家

良一 「どうした、ふたりで」

陽子 「大事な用事が。まずは、お母さんと春兄さんに・・・」

陽子は仏壇の遺影の紘子を見ると、涙があふれてきました。

宮澤のおばさんの床屋です。

徳子は、陽子の半生を振り返ります。産院で震えている陽子が小さな子供の
ようだったと言います。

小学生で母を亡くし、父親に育てられて、母親を知らないで育った陽子が
けなげでしょうがない、そう徳子は思います。

陽子の小学生時代、母親の遺影に「母さん、どうしたらいいの」という陽子を
想像し、徳子は、ぎゅっと抱きしめてあげたいと言います。

陽子 「ありがとう」

仏壇に向かって笑顔で感謝する陽子でした。

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,原田知世,白川由美,
永山絢斗,串田和美

今朝、ジップを見ていたんですが、クールビズのポロシャツ特集でした。
トレンドは、細身、パンツから出す着こなしが現代のポロシャツらしいです。

オフィスでは、ボタンダウンタイプが人気らしいですね。
襟を立てるのはNG。ボタンダウンなら、襟がぺたーっとならないのでビジネス
シーンにも合うらしいですね。

買ってあげようかなあ。

« Older Entries
ページ上部に