伊藤歩

「広島が爆弾でやられたそうです」

夏子先生が「嫌だー」と泣き叫びます。
校長が、夏子の知り合いが広島にいるのかと聞きます。

走り出す夏子は広島に行くと叫びます。
校長は、交通は全て止まっているから無理だと言います。

夏子は気を失ってしまいました。
宿直室に寝かされ、陽子に介抱される夏子。

「会いたい、あの人に会いたい」
夏子は目を覚まして陽子に話しかけます。

「ウチに来て下さい」
陽子は一人暮らしの夏子を心配します。

「彼は私の家とこの学校しか知らない。私はここにいる」
夏子先生は、誰とも結婚することなく人生を終えたとのこと。

玉音放送です。

陽子は非番だったので、丸山家で聞きました。

良一は自宅で、タケオの両親と聞きました。

真知子と育子は、真知子の家で聞きました。

学校の職員室では、校長と夏子先生ほか数人がいました。

節子たちも丸山家で聞きました。

「今のが天皇の声かい」

「日本は負けないはずじゃなかったのかい」

「で、どうなるの」

「わかんねえなあ、負けたことないからねえ」

「帰ってくるんかいね、ウチの人」

「お母ちゃん」

陽子はボーッとして、頭の中が混乱してポカーンとしてしまった。
何をどう考えていいか分からなかった。

悔しい気持ち、不安、どうしたらよいかわからない気持ち。
ヤカンに水を汲んでいる陽子を見て、徳子は様子がおかしい事に
気がつきました。

陽子は熱を出して寝こんでしまいました。

初めての失恋で熱を出して以来、2度目でしょうか。
初めてのことに弱いと語る陽子。

初恋は、川原でした。満州に行った川原と彼女はどうしているで
しょうか。

陽子は、安曇野に来てから今日までの事を走馬灯のように思い出し
頭の中を渦巻いています。

頭に濡れ布巾を乗せられて寝ていた陽子が目を覚ましました。
階段をおりると徳子と道夫が一息ついています。

「明かりを消さないと…」
「もういいんだよ。戦争が終わったんだから。外を見てみなよ」

陽子が徳子に言われて外を見ると、家々の窓に明かりが灯り
明々としていました。

玉音放送があった日、そして夜。日本はこんな感じだったのでしょうか。
広島や長崎、空襲の焼け野原以外はこういう感じだったのでしょうか。

不思議な感じです。

外で暴動が起こったり、泣き叫ぶ人々がいたのかなあと思っていました。

電気はとおり、道夫は晩酌までしている。
きっと、この先の事を考えることも、情報もなかったんでしょうね。

出演:陽子(井上真央)、徳子(樋口可南子)、現代の陽子(若尾文子)
良一(寺脇康文)、真知子(マイコ)、道夫(串田和美)
夏子先生(伊藤歩)、育子(満島ひかり)、校長(綾田俊樹)
福田先生(ダンカン)、タケオの両親(角替和枝,村松利史)
節子(白川由美)、安子(吉村実子)

日本史上もっとも衝撃的な放送という玉音放送にも
プロデューサーがいたんですね。

【送料無料】玉音放送をプロデュ-スした男下村宏 

【送料無料】玉音放送をプロデュ-スした男下村宏
価格:2,415円(税込、送料別)


震災後の日本で、民放をプロデュースしている人物…誰でしょう。

アナログ放送終了まで、あと25日。

被災地の地デジ化は配慮して伸ばすそうです。

第12週になるんですね。テーマは「消息」

戦争に行った人たちの消息が気になります。

昭和20年3月 西暦1945年です。

丸庵はついに店を閉めてしまいました。

丸山家の食卓に宮澤節子(白川由美)が加わって4人で
食卓を囲みます。

道夫(串田和美)は働く事に。

みんな頑張ろうねっていう配給のおばさん。

さて、小学校では、竹ヤリの訓練が続きます。

人を殺す訓練、陽子もいざとなれば自分もという覚悟を
持ってた。そう振り返ります。

宿直室で、倉田杏子の靴を治す陽子。お礼に似顔絵を描いて
くれるというのです。

夏子先生(伊藤歩)が手紙を手にしています。
誰からの手紙か興味があります。

似顔絵が出来て、陽子に見せました。

上手です。赤組のみんなの顔を描いてお母さんに送っている
そうです。

靴も治って、元気よく帰る杏子。

日が暮れた職員室。陽子と夏子ふたりきりです。

手紙を読む夏子をいぶかしげに訪ねます。

「陽子先生は同僚でもあるけど、教え子だから恥ずかしくて」

なるほど、夏子先生の婚約者からの手紙だったようです。

新人教師の研修会で知り合ったらしく、真面目な人のようです。
でも、招集され、戦地の中国で足を負傷したらしいです。

終戦をきっかけに結婚することになっているという乙女の顔を
する夏子先生。

「どうして聞いてくれなかったの?」

聞いて欲しかった夏子は、陽子に突っ込んで欲しくてしょうがない
様子です。

机の引き出しから2ショットの写真を取り出し、はしゃぐ夏子。

陽子には2ショットの写真は無いですね。撮影する時間もなかった
からしょうがないのかなあ。

夏子の婚約者は広島出身らしいです。

終戦の年の「広島」。

ああ、なんという悲劇。

職員室に近づく誰かの足音。誰でしょうか。
怯える、陽子と夏子。

出演:井上真央,若尾文子,樋口可南子,串田和美,伊藤歩,白川由美,ピエール瀧,大出菜々子

この夏、終戦を迎えるわけですが、これから空襲や原爆など悲しい出来事が
続くんですよね。

今、防災グッズが売れていますが、私も水や食料を通販で揃えています。
今日、楽天市場を見たら、この商品が注目されていました。

バックオーダーがあっても入手したいという商品なんですね。

夕べ、暑くて熟睡できませんでした。この商品に注目しています。
家族が多いと大変かも。

丸山家の茶の間です。

「いっちゃったね、和成・・・」

徳子(樋口可南子)がつぶやきます。

「私、ワクワクしているんです」

陽子(井上真央)が言うと

「私はここの跡継ぎで、旦那は婿養子だから
お嫁さんってわかんないんだよね」

「あなたは私の娘だ。ようしゃしないよ」

徳子は、娘を亡くした母親と母を亡くした娘だから
縁があるのかもね。

そんな話をしていると、空襲警報が鳴りました。

陽子は初めての体験です。安曇野には空襲はなかったと
言います。

異常に怖がる陽子。

2階に上がって大事なものを取って来いと言われ
陽子は何が何だかわからず何かを持って降りました。

ムロに集まるんだからね。

防災頭巾を被らせられて避難所に集まる陽子。

隣組のみんながムロに集まります。

ドキドキする陽子を見て徳子が言います。

「あんた初めてかい」

「はい」

「怖くないんですか」

みんな、冗談を言い合っている様子をみて陽子が聞きます。

「怖くないさ、訓練だから」

「えー、訓練ですか」

「警戒警報がなったらこうやって避難訓練をしておけば
いざというときも大丈夫さ」

徳子が言うと、陽子はホッとしました。

「あんた、何をもってきたの」

陽子は胸に湯のみを一個持っていました。

他のみんなは位牌やへそくり、道夫(串田和美)はそば粉と
酒でした。

陽子が持っている湯のみは、初夜の晩に和成がお茶を飲んだ
湯のみだったとのこと。

空襲警報は解除され、みんなが家に戻りました。

近所の若いお嫁さんが子供をおぶって泣いています。

あやす陽子。「私、先生やってるんで大丈夫です」

人とのふれあいを大事にする陽子です。

翌日、朝仕事を手伝う陽子が、学校へ行く時間になりました。

すると道夫が陽子に弁当を渡しました。

喜ぶ陽子。陽子は自分の弁当は持たないで行くつもりだったの
かなあと思いましたが、喜んで学校へ持って行きました。

学校の昼食の時間、夏子先生(伊藤歩)が陽子の弁当をチェックします。

わあ、おいしそうと一口食べてしまいました。

「おいしいー」

夏子も陽子も美味しいといいますが、松本だったら「うんまいねえ」です。

松本と安曇野の言葉ってそんなに違うのでしょうか。

可愛い弁当箱でした。

店を手伝う陽子。松本の丸山家までは安曇野の須藤家よりも遠いはず。

しかし、明るい時間に帰って店の手伝いをしています。

「配給にいっといで」

食料配給です。1回目は大失敗でした。

魚の切り身を切り分けるおばさんは、へそくりの達人。

陽子をおだてて目線を外したスキに、切り身を小さめにカットされて
しまいました。

持ち帰ると徳子に

「やられたね。あんた。可愛いとか言われたんだろう」

「はい」

2度目は負けない決心で並ぶ陽子。

日干しの魚でしたが、おだてられても、手元を見続けました。

おばさんは、まいったな、と2、3匹足して、陽子に渡しました。

こんな生活を送る陽子。

徳子や道夫、そして、新しく知りあった近所のお嫁さん、床屋の
お姉さん(白川由美)

松本での生活のひとコマでした。

現代の防災頭巾はこんなハイテクです。

今、楽天市場で品薄な商品はこういう物です。
自分であれこれ選ぶよりも、パックになっているものが
便利です。

大きいものなので、通販、宅配が現実的。

我が家も購入しました(これとは違いますが、今、売れきれです)
空襲と震災避難がだぶります・・・・

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に