井上真央

徳子 「陽子はいつまでたっても気を使って、遠慮しているんだよね
    疲れたら疲れたって言わないの

    なんでもっとダメなところを見せないの」

陽子 「お母さん、言い返していいですか、言い返します」

徳子 「なんだい?」

陽子 「お母さんこそ他人行儀です。家族の前で疲れた顔を見せたくない
    そうじゃないですか?

    仕事だって、自分で好きで始めたことだからちょっとの事は
    我慢しています。
    本当に辛かったらいいます。

    お母さんこと他人行儀です。
  
    お母さんが言ったんじゃないですか、家の中だけは笑って
    いようって」

陽子は言いたいことをダダダーっと言いました。

徳子 「陽子、ごめんよ」

徳子は、陽子の顔を睨んで、そっと近づきました。

あ、叩くかも。

そう思って見ていると、おでこをつけて「わたし、あやまったよね・・」

樋口可南子いい演技です。

そばで見ていた道夫に、どっちが勝ったのか聞く陽子。

道夫 「こりゃ、陽子ちゃんの勝ちだね」

徳子はブスッとしますが、雨降って地固まるってことかなあ。
仲良くなってしまいました。

こんど映画を一緒に観に行こうという徳子に陽子は喜んでついて
行くと言います。

映画は「カサブランカ」です。



嫁姑のケンカは相思相愛になったという道夫。

和成に一部始終を話しました。

さて、映画の当日、おめかしをする陽子に、映画には
行かないという徳子。

徳子 「私は行かないよ。そのかわり和成と行っといで
    あんたたちは戦後、ふたりきりでどこへも行っていないだろう」

粋なはからいですね。

現代

房子と話す現代の陽子。魅力的な女性ばかりだったと徳子の事を
褒めていました。


丸庵

ケイコ「こんばんわー」

今夜も勉強も習いに来ました。今夜は友達を連れて来ました。

ハナちゃんです。

家庭訪問の時、他の家では蜂の子をご馳走に出していたとき
ハナの家では、砂糖しかありませんでしたね。

手のひらに砂糖を乗せておもてなしをするハナの母親。

切ないシーンでした。


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,斉藤由貴
   石橋杏奈

来週の予告です。

タケオが結婚?

丸庵に進駐軍が大勢集まって、腕相撲をしています。

鴨南蛮蕎麦がちらっと映りましたが、蕎麦粉が手に入ったのでしょうか。

二階で教えていた陽子の小さな教室は、1階の食堂になって
生徒が増えたようですね。

来週のテーマは「おんなたちに乾杯」

てんこもり?のおひさまです。

カサブランカって気になりませんか。
現代の陽子はDVDなんて見なくていい、心の中にしまってあるからと
言っていましたが・・・

>>楽天市場で「カサブランカ」について見てみる

宝塚バージョンもあるんですね。ステキです。



二階の部屋で話しをする和成と陽子。

和成 「一緒に考えよう」

和成はそう言って、陽子の頭を整理し始めます。

校長先生の話によると、辞めるのは自分だと思っている。
高橋先生の方が自分より優秀だと思っている。
でも、先生は子供の頃からの夢でもある。

和成 「ここまではいいかい」

陽子 「はい」

和成 「高橋先生のことを考えるのは辞めなさい」

陽子 「え?」

和成 「いい機会じゃないか、陽子」

陽子 「いい機会?」

和成 「これまではどうやって死なないですむかという人生だった
    これからはどういうふうに生きて行くか、それを考えよう」

和成はさらに話をつづけます。

和成 「先生じゃない陽子を見てみたい。人生をゼロから始めても
    いいんじゃないかな。ふたりでね」

陽子 「私が思っていることがあるんです。自分は本当に恵まれて
    いるなあって。
    母には、世界を明るく照らす太陽の陽子になりなさいと
    言われていたけれど、自分はそんなたいそうな人間じゃない。

    でも、自分のまわりの人たちを照らす存在でありたい。
    身の丈にあった小さな世界を照らしていきたい。

    自分がこれまで受け持った生徒だけを見守って生きたい。
    最初に受け持ったクラスと今のクラス。その子たちの
    先生でありたい」

和成 「なんだよ、陽子は答えを決めていたんじゃないか、はじめから」

陽子 「カズさんとしゃべっているうちになんだか」

和成 「いいんじゃないかな、身の丈にあった太陽の陽子で」

陽子 「幸せです。私は世界中に言いたいです、私は幸せだって」

窓に駆け寄って、窓を開け、叫ぶふりをする陽子。そして、二人で外を
眺め、星を見つめます。

長い長い夫婦の会話でしたね。うなずく和成の様子が印象的です。


学校の職員室


校長 「それでいいんですか」

陽子 「夫婦で話しあってきめました」

校長 「ありがとうございます」

萩原校長は、陽子を尊敬しているような顔つきです。
もともと、新しい先生を呼ぼうとしたのは校長先生だったはず。
でも、しまったと思っているんでしょうか。

深々と頭を下げる萩原校長先生。

陽子 「辞めて頭を下げられるのはちょっと」

校長 「夏子先生には?」

陽子 「卒業式まで言いません」

校長 「わかりました」

陽子 「先生、安曇野の子供たちをよろしくお願いします」

校長 「わかりました」

再び深々と頭を下げる校長でした。

宿直室

いつものようにシーツを干す陽子。吹っ切れてテキパキと仕事を
こなす陽子を見て、夏子先生が不思議に思います。

夏子 「なにかあった?テキパキしているけど」

陽子 「え、私ってそんなにテキパキしていませんか」

そう言いながら、夏子のスキをみて、お尻をパシッと叩きます。
夏子先生は、やられた!と思いました。

始めてじゃないですか、夏子先生のお尻を叩くシーンって。

いつものようにじゃれあう陽子と夏子です。


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,矢島健一,伊藤歩


松田直樹選手が訃報を知って、とても悲しいです。

日韓ワールドカップの頃に、ヘアバンドをしてプレーをしている
様子がとても印象的で、男らしい人だなあと思っていました。

ユニフォームを着て、天国に旅立ったという松田直樹選手。

私が知ったのは、AEDが無かったという事。

松村邦洋さんがマラソンで倒れて心肺停止になった時、AEDがあったから
助かったんですよね。

AEDの使い方とか知っていれば、悲しい死を減らすことが出来ると思う。





松田さんは、日本のサッカーを見守る星になりました。

二階の部屋

日向子をあやす和成。おもちゃはでんでん太鼓のような人形です。
陽子は、先生を辞めることで悩んでいる事を言い出せないでいます。

和成が陽子に手紙が来ているよと言います。
手紙は教え子のケイコからでした。

「私はこのままどうなっちゃうんでしょうか。相談する相手もいないし」

ケイコは昔の教え子で、お弁当を盗んでしまったあの子の事です。
陽子は返事を書きます。

今の時代のように携帯でメールってわけには行かないんですね。
辞書を開き、墨とペンで手紙を書く陽子。

ペンの味わいがいいですが、字がとても上手です。井上真央の字?

「大丈夫、働いていたって勉強は出来る!」

国民学校時代は戦争の事しか教えられなかった。そんな子は社会に
出て、教養を身につけるために苦労したようです。

手紙を書き終え、昔もらった四つ葉のクローバーのしおりを入れて
封をします。

教室

授業をする陽子ですが、子供たちの学力低下は、戦争のせいなのですが
陽子は責任を感じています。

丸山家

夕食を食べる4人。陽子の元気がないです。

徳子 「この子は、知恵熱をだすからねえ」

和成 「知らねえ」

徳子 「あんたはいなかったよ。玉音放送があった日だったからね」

徳子は、結婚前にも知恵熱があったかどうか聞きます。

陽子は、初恋にやぶれたとき熱を出して寝込みましたよね。
あの話は言えないです。

徳子と道夫は、陽子の悩みは夫婦で解決して欲しいと相談しています。

陽子は和成に全てを話したようです。

和成 「陽子はどうしたい。俺はそれを応援するよ」

徳子が道夫に言った、ダメなパターンの答えそのものでした・・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,矢島健一
伊藤歩

関東ではすずしい日が続いていますが、ゲリラ豪雨はどうにかなりません
でしょうか。透明傘では役に立ちませんよね。

ゲリラ豪雨対応のこんな傘を見つけました。

日本にはゲリラ豪雨はつきものなので、ひとり一本必要かもしれませんね。
カッパを着るよりは手軽かも。

これと長靴かなあ。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に