丸庵

須藤家の一室に、道夫、徳子、和成、陽子の4人が集合しています。

向い合って、作戦会議です。
司会進行は道夫です。

道夫 「俺たちは、戦争だって乗り越えてきた、先々代から続いてきた
あったものを守ろうと思っただよ」

道夫は、丸庵が継いできたことを説明します。

道夫 「ようするに、無くなったけれどいずれは
お前達のものだということ。蕎麦屋をやめちまうことも含めて
お前たちのやりたいようにすればいい」

徳子 「別に弱気になったりやる気を無くしたわけではないんだよ
悔しいけど、この機会を利用してやろうと思ってね」

道夫 「世の中変わっちまって、もうお前たちの時代だ。
俺たちは支えていくよ」

徳子 「当たり前に、あったものが無くなっちまうこともあることが
わかった。悔しいからね、負けて終わるのは悔しいからね
勝ってやろうじゃないか!」

道夫 「お前に自分の人生を考えて選んで欲しいということだよ」

和成に考えを聞きます。

和成 「わかんねえよ、まだ」

徳子が陽子に聞きます。

陽子 「私はカズさんの決めたことに・・・」

徳子 「これから先のあんたの長い人生も決めることなんだよ。
で、どうなんだい、どうしたい」

陽子 「そんなすぐには・・・」

道夫 「ふたりで話しあって決めてくれ、時間がないぞ、いつまでも
ここにいて、甘える訳にはいかない」

話が決まったようですね。シメは道夫でした。すると

徳子 「今日のお父ちゃんはしっかりしてたね」

道夫 「そうかい、自分でもなかなかのもんだと思っていたんだよ」

いつものように回りくどくない道夫の名セリフの連発でしたが
オチがついていたんですね。

ふたりで考えることになりましたが、どんな答えになるのでしょうか。

須藤家の居間

杏子と日向子の寝顔を見る良一と茂樹。

良一 「かわいいもんだね」

道夫 「ようやく、作戦会議がおわりまして、選手交代ということに
なりました」

良一 「そうですか」

いつまでもここに居たら怒られるという言葉に、良一はそんなことは
ないと言います。

すると、徳子が良一は怒ると怖いのかと茂樹に聞きます。

茂樹は、小さい頃は怖かったけど次第に優しくなったと言って陽子と
(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウンとうなずきます。

徳子は、良一のやさしさは、お母さん(紘子のこと)が亡くなってから
あんたたちに優しさを教えようとしたからなんだよ、と分析します。

うなずく良一。小さい頃は、叱る役が良一、優しさは紘子だったんですね。

丸山家は逆だというと、道夫を徳子が顔を見合わせて、え、そうかい?
という顔をします。

誰が見ても徳子が叱り役、道夫がなだめ役ですけどね。

良一 「では、月見酒といきますか」

茂樹 「いいですね」

陽子 「浪人中なのにいいんですか」

一番楽しそうなのは茂樹です。

中庭に置いてある、焼け跡から持ってきた丸庵のテーブルが会場です。

月の明かりとランタンの明かりで宴会が始まりました。

いい雰囲気です。

あくる日

和成は欠けたどんぶりを直しています。
道夫や徳子たちは、杏子と日向子と散歩に言ったようです。

ふたりきりの時間を与えてもらったようです。

ふたりで作戦会議です。

居間で、和成と陽子がふたりきりで向かい合いました。

和成 「俺の考えを言うね」

陽子 「はい」

思わず、喉がごくっとなるシーンです。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文,永山絢斗
金澤美穂,井上琳水

夕べのサッカーを最後まで見てしまいました。寝たのは2時頃です。
寝不足ですね。

ウズベキスタンに1-1で引き分けですが、ワールドカップには行ける
と信じています。

明日はなでしこジャパンの試合があります。毎日サッカーを観ている
ような気がします。

昨日は澤穂希選手の誕生日だったんですね。33歳です。
仲間からは、40歳までやれると言われているそうですが、年齢を
感じさせませんね。

澤選手のサプライズはバースデーケーキでした。ユニフォームを着た
澤選手がデザインされていました。

サッカーのユニフォームが欲しいです。スポーツバーにも行きたいです。

ヘアバンドも流行しているので、必須アイテムですね。

¥2940
¥1890
¥1999

安曇野の小川のほとり

和成と陽子があいあい傘です。
ユキが言っていたお店の話をする和成。久々のふたりきりです。
和成はアメリカの映画の真似をしたいと言います。

何をするんでしょうか・・・

肩を抱き寄せる和成・・・やっぱり似合わないと言ってやめます。
その代わり、陽子が和成と腕を組みます。ラブラブですね。

丸庵の和室で洋裁教室です。
女学校時代の裁縫の先生、生徒はタケオの嫁、村上堂のかよ、真知子たち。

旦那たちは食堂のテーブルでなにやら話をしています。
女性は強いという話です。真知子が怖いという旦那。怒ると敬語になる
らしいです。

先生に叱られる陽子。口ばっかりじゃなく、手を動かせとしかれます。
頬をふくらませて怒る陽子。ほっぺを押されてブッて音がでました。
日向子も真似をします。

一方、男たちは腕相撲合戦です。楽しそうです。

ずっとこうだといいなあ・・・・でも、でもねえ・・・

ある日の夜の事です。

遠くでサイレンの音がします。

和成 「遠いけど、ちょっくら様子を見てくる」

半鐘の音、サイレンの音が鳴っています。
道夫、徳子も心配顔です。

節子もやって来ました。
2階から火事の様子を見る徳子と陽子。

和成が帰ってきました。

和成 「火事は遠いけど、風がとても強くなっている。大事な物を持って
逃げよう。おちついて。節子おばちゃんも!」

寝ている日向子を起こし、杏子にも荷物をもたせ、陽子はリュックを
持って、店を後にしました。

道夫と和成は後で戻ってくると言います。

外へ出て、丸庵の建物を見上げる丸山家の人々。
それが、丸庵を見た最後の時だったそうです。

丸庵での出来事が走馬灯のように駆け巡ります。
和成との出会い、結婚式、出征、蕎麦屋の再開・・・

丸庵は焼けてしまった・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
金澤美穂,石橋杏奈,土屋太鳳,白川由美,マイコ,中村竜
柄本時生,安藤サクラ,渡辺えり,斉木しげる,梅沢昌代

昨日は都内で防災の日だったんですが、今日のおひさまは火事でした。
逃げるシーンばかりの昨日、今日。

今朝のZIPでは、女性が大きいバッグを持つようになったという特集が
ありました。防災意識からいろいろ持ち歩くようになったそうです。

その重さは3キロから5キロ。トートバッグタイプが多かったです。

何でも入るバッグは便利ですけど、携帯を探すのが大変だとか。
ストラップを大きいぬいぐるみにして、見つけやすくして工夫している
ようです。面白いですね。

キッドソンのトートを見つけました。




 

普段遣いのラージサイズのバッグもオシャレじゃないとね。

>>大きめのトートバッグ(レディース)を楽天市場で見てみる



須藤家の門に母娘が訪ねてきました。

母娘 「安曇野の須藤医院はこのあたりでしょうか」

良一 「あ、あの時の・・・」

回想 名古屋でお茶をしていた良一と春樹。病気の子供をつれて店に
   入ってきた母娘。診察する春樹。良一が安曇野の須藤医院の医師と
   説明しましたね。

須藤家居間

母娘 「あの時の先生にお礼が言いたくて」

良一 「戦死しました。春樹もよろこんでいると思います」

母娘 「須藤先生が見てくれなかったらこの子は危なかった。
    須藤先生の判断で助けられたんです。先生にもらったこの生命を
    空襲でなくしたりしないと頑張りました」

良一 「春樹は医師として仕事をしたんですね」

陽子 「お名前は」

娘  「ひろこ、むらせひろこ」

回想 陽子が母の紘子を春樹兄さんが介護する様子を思い出します。

良一 「どうか、すこやかに」

陽子 「大きくなったらどんな人になりたいの」

娘  「看護婦さんになりたい、須藤先生のようになりたい」

仏壇の春樹の遺影が微笑んでいます。

縁側でたたずむ、親子3人。

茂樹 「春樹兄さんかっこよすぎだよ、どうすればいいんだ陽子」

陽子 「茂兄ちゃんは茂兄ちゃん、だよ」

茂樹 「小学校の先生のような事言うな」

陽子は小学校の先生です。

茂樹は、映画俳優とか歌手とか目立つものに憧れているようです。

良一は、陽子と茂樹が漫談をする様子を思い浮かべて笑います。

このセピア色のシーンは笑えました。

良一、陽子、茂樹が笑っています。


丸庵です。

店の前で、タケオが野菜を積んだリヤカーを引いて門の前に立っていました。

徳子とは面識ないようです。和成が出てきました、タケオを見て、
あなたがタケオさんかと聞きます。

陽子は安曇野の実家です。タケオは初めての丸山家の人たちになんの
用事があるんでしょうか。

野菜を届けに来た様子ではあるんですが、和成の顔を見て高笑い。

こりゃかなわないと思ったのか、俺が勝ったと思ったのか・・・


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,寺脇康文,柄本時生

今日から月曜日、今週中に買いたいものがあります。

夕べは眠れませんでした。

週末、扇風機を買いにホームセンターや電器店を見てきました。

扇風機って置いていないんですね。

どこも入荷待ちでした。

通販で買おうと思います。即納が条件です。


このデザインは気に入っています。
あす楽で扇風機を探してみます。

楽天市場で、即納、翌日発送、あす楽で発送してもらえる「扇風機」を見る

« Older Entries
ページ上部に