良一が自分も歳だ、いつか別れる時が来る。そう思っていると話します。

良一 「春樹にちゃんと言ってやれなかったことがある。遺言みたいなものだ」

陽子 「そんなのいやだ」

良一 「まあ聞きなさい、茂樹、陽子、お前たちの事が、自分の子供として
    だけでなく、人として好きだ。尊敬している。
    それだけだ・・・
    すまんな、財産のことじゃなくて」

陽子と茂樹は良一に礼を言います。
家族3人、涙を浮かべていました。
この時の言葉をずっと忘れないという陽子です。

百白花

今日もお客さんが入っていますね。
様子をうかがうおばさん・・・・宮澤節子です。

中を見ただけで、帰ってしまいました。
日向子にも声をかけませんでした。

徳子、和成、陽子が一服をしていると、日向子が節子おばちゃんを見たと
いいます。

和成が外を見ますがいません。人違いじゃないかと片付けられてしまいました。

ある日のこと

電話が鳴り、陽子が出ました。松本の警察署からです。
杏子に何かあったようです。

陽子 「宮澤さん・・宮澤節子ですか、はいわかりました」

電話を切る陽子。松本で警察に保護されたといいます。
駅前の道端で笑顔絵かきをやっていたそうです。
子供がそんなことをしていたので、警察に職務質問されたとのこと。

そこへたまたま節子がとおりかかり、杏子の身柄を引きうけたとの
ことでした。徳子、和成に説明します。

そこへ節子と一緒に杏子が帰って来ました。

節子 「あまり叱らないでやってね」

杏子 「ごめんなさい!」

話しを聞く陽子。ふたりきりです。

杏子 「自分は何にも役にたっていない。絵の勉強をさせてもらって、お金もかかるし
    そしたら、私に出来ることはそれぐらいかなって。
    ごめんなさい、陽子先生」

陽子 「無理もないよね。私もそうしていたかも知れない。私を親のように思って
    欲しいと言っても、本当の親でもないし。
    でもね、あなたが好きだから一緒に暮らす、それでどうかな」

うなずく杏子の目から涙がこぼれました。
陽子は、儲かったの?と聞きます。杏子は少し儲かったと言います。

そして、半分は家に入れて、半分は杏子のものとしました。
だから、こうしよう・・・

杏子は百白花の人々全員の似顔絵を描きました。
店の壁にはりだしました。

徳子 「これ、いいかもね」

お客さんの似顔絵を描くというサービスは、なんと60円です。

節子を交えてみんなでお茶を飲んでいます。

徳子 「ところで姉さん、なんで松本にいたの?」

ドギマギする節子。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂
   白川由美

朝食にちいさなみかんを食べました。
みかん、大好きです。

楽天市場でみかんを見てみたら、なんと女性の人気ランキング2位でした。
1位はミネラルウォーターです。




みかん名産地熊本だからなせるこの味!この価格!!低酸・高糖度!コクのある味わい!

今朝のみかんは酸っぱかったけど、甘いみかん、食べたいです。

 

 

昨日のオープニングは平原綾香さんの歌付きだったんですが
今朝はありませんでした。

百白花

陽子は、とぼとぼと帰りました。出迎える徳子と道夫。
良一の老いていく様子を見て、人生の切なさを感じたようです。

自分もいつか老いるのだと切ない気持ちになる陽子です。

現代

房子が旦那を連れてきました。
原口ヒロシと名乗ります。安曇野観光に行ってくると言って
房子が残りました。

旦那さんが札幌に転勤することになって、今日がここへ来る事は
最後だというんです。

旦那の転勤でもパニックにならなかったのは、陽子のおかげと
言います。

転勤と引越しを受け入れようと思ったという房子。
陽子と和成に例えて考えているようです。

ゆっくりと相手のことを考えて話すことが出来るように
なって、子供も理解してくれた。

陽子 「ステキね、太陽ね。原口家の房子ちゃんは」
房子 「本当に陽子さんのおかげです」
陽子 「私はただ昔話をしただけよ」

陽子の最後の授業がはじまりました。

昭和 百白花

陽子と和成が弁当を作っています。
杏子と日向子のお弁当です。

良一のお見舞いの話しになりました。
日向子と杏子を連れてくるなという良一は、元気になるまで
見舞いに来るなと言っています。

退院して居間にじっとしている良一。
する事がなくて、つまらなそうにしている父をなだめる茂樹。

そこへ陽子が来ました。

良一 「ようこ、ようこそ」

ダジャレです。

退屈で仕方がないという良一。相馬剛三に連絡したかと茂樹に
念を押します。見舞いに来てくれるなという意味らしいです。

でも、そこへ相馬剛三がやって来ました。

剛三 「あんたには、まだまだまだまだ、やってもらうことがあるんだよ」

栄養のあるものを片っ端から持ってきた剛三。
卵、肉、蜂蜜、缶詰、そしてバナナ!




剛三は政界で中央に進出して、後継者に良一を押したいといいます。
良一は即答で遠慮します。

陽子と茂樹は空想漫才をしています。
この番組では定番ですね。

陽子は持ってきたお弁当を開いて父に食べさせようとします。
良一が陽子を呼びました。

良一 「お前たちはこう思っているだろう。お父さんもこういう年齢なのだな
    別れの時が来る、そう思っているだろう」

陽子は、思いが見ぬかれてドキッとしました。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,田中圭,原田知世,樋口可南子,
串田和美,井上琳水,平泉成,金澤美穂,斉藤由貴,阿南健治

老いても元気な人っていますよね。
私がお小遣いを出して、両親にプレゼントしているのがコレです。




ヒアルロン酸というものがポイントなんですね。



 

 

◆初回限定価格◆皇潤100粒☆全品10倍☆さらにポイントGetも♪【送料無料・代引き手数料無料】…

皇潤のCMに出てくる人たちって本当に元気そうですよね。
私の子供を見せたいので、まだまだ元気でいて欲しいです。

今朝のオープニングは平原綾香さんの歌つきでしたね。
最終週だからでしょうか。

良一がベッドに寝ています。
主治医と看護師がやってきました。なにか大事な事を伝えるようです。
茂樹が自分が聞くと言いました。

今は須藤家の家督を継ぐ身ですね。
医師の話しによると、良一の命は「本人の生きる力」だけだそうです。

陽子 「待ちましょう」
茂樹 「待つだけだ」

病室には和成と茂樹と陽子だけになりました。
父を振り返る陽子。

陽子 「お母さんが亡くなってから、ずっと寂しかったに違いない
    でも、お父さんがひとりで映画を見ていたと思うとたまらない」

茂樹 「そうか、俺はどこか格好いいと思う。そんなにひとりの人をずっと
    好きでいられるなんてステキだなと思う」

陽子 「そうね、そう思うと、かわいいね」

茂樹 「どんな映画だったのか見てみたいな」

和成 「見てみたいですね」

茂樹は父さんと一緒に暮らしていて何も気づかなかった。勝手にお父さんが
強いと思い込んでいたと言います。

茂樹 「こんな自分が医師になれないのは当然だ。きっと春樹兄さんなら
    気づいていた」

和成 「須藤のお父さんは強い人だった、みんなが思っていましたよ」

良一は苦しそうな顔でベッドに寝ています。

良一 「ひ、ひろこ・・・。はるき・・・」

そう言って、眠りが深くなったとき、陽子が取り乱しました。

陽子 「やだ、お父さん、逝かないで」

夜が更けました。
陽子、和成、茂樹は椅子に座ったまま寝ています。

朝になると、良一が目を開きました。

良一 「おい陽子、なんで俺がお前たちを起こすんだ」

茂樹 「お、お父さん」

良一 「なんだ、たよりないな、お前たちは。
    死にかけたのか、私は。お母さんと春樹にあったよ」

紘子が出てきたそうです、春樹も。お父さんにはもう少し頑張ってもらわないと。

良一 「と言うわけだ、追い返された」

陽子はそれを聞いて、泣きじゃくります。

陽子 「もう、いなくなったら嫌ですからね」

良一が回復したのは、お母さんと春樹兄さんのおかげ。
そう言う陽子でした。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,田中圭,原田知世

友人が「ママ会」に行くと言って、バッグを一緒に見に行きました。
ママ会って入るものなのかなあ。

ママ会っていうとブランド品のお披露目会かと思っていたら、
安くてもセンスのよいものを持っているところを自慢するとか。

時間が無いのに、モノ選びにはこだわっていますよーって感じです。

こんなショップがあるぐらいですからね。




楽天市場で、ママ友用バッグをいろいろ見てみる♫

1万円以内でけっこうおしゃれなバッグがありますね。

1 2 3 4 5 53

ページ上部に