良一が自分も歳だ、いつか別れる時が来る。そう思っていると話します。

良一 「春樹にちゃんと言ってやれなかったことがある。遺言みたいなものだ」

陽子 「そんなのいやだ」

良一 「まあ聞きなさい、茂樹、陽子、お前たちの事が、自分の子供として
    だけでなく、人として好きだ。尊敬している。
    それだけだ・・・
    すまんな、財産のことじゃなくて」

陽子と茂樹は良一に礼を言います。
家族3人、涙を浮かべていました。
この時の言葉をずっと忘れないという陽子です。

百白花

今日もお客さんが入っていますね。
様子をうかがうおばさん・・・・宮澤節子です。

中を見ただけで、帰ってしまいました。
日向子にも声をかけませんでした。

徳子、和成、陽子が一服をしていると、日向子が節子おばちゃんを見たと
いいます。

和成が外を見ますがいません。人違いじゃないかと片付けられてしまいました。

ある日のこと

電話が鳴り、陽子が出ました。松本の警察署からです。
杏子に何かあったようです。

陽子 「宮澤さん・・宮澤節子ですか、はいわかりました」

電話を切る陽子。松本で警察に保護されたといいます。
駅前の道端で笑顔絵かきをやっていたそうです。
子供がそんなことをしていたので、警察に職務質問されたとのこと。

そこへたまたま節子がとおりかかり、杏子の身柄を引きうけたとの
ことでした。徳子、和成に説明します。

そこへ節子と一緒に杏子が帰って来ました。

節子 「あまり叱らないでやってね」

杏子 「ごめんなさい!」

話しを聞く陽子。ふたりきりです。

杏子 「自分は何にも役にたっていない。絵の勉強をさせてもらって、お金もかかるし
    そしたら、私に出来ることはそれぐらいかなって。
    ごめんなさい、陽子先生」

陽子 「無理もないよね。私もそうしていたかも知れない。私を親のように思って
    欲しいと言っても、本当の親でもないし。
    でもね、あなたが好きだから一緒に暮らす、それでどうかな」

うなずく杏子の目から涙がこぼれました。
陽子は、儲かったの?と聞きます。杏子は少し儲かったと言います。

そして、半分は家に入れて、半分は杏子のものとしました。
だから、こうしよう・・・

杏子は百白花の人々全員の似顔絵を描きました。
店の壁にはりだしました。

徳子 「これ、いいかもね」

お客さんの似顔絵を描くというサービスは、なんと60円です。

節子を交えてみんなでお茶を飲んでいます。

徳子 「ところで姉さん、なんで松本にいたの?」

ドギマギする節子。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂
   白川由美

朝食にちいさなみかんを食べました。
みかん、大好きです。

楽天市場でみかんを見てみたら、なんと女性の人気ランキング2位でした。
1位はミネラルウォーターです。




みかん名産地熊本だからなせるこの味!この価格!!低酸・高糖度!コクのある味わい!

今朝のみかんは酸っぱかったけど、甘いみかん、食べたいです。

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に