陽子 「茂樹兄さんのこと・・・・好き?」

育子 「好き・・・須藤茂樹が好き」

育子はいろんなことを気にしていたようです。
真知子は陽子の兄の春樹を好きになり、育子が茂樹を好きになるなんて
おかしいと思っていたようです。

陽子 「そんなこと、思っていないわよ、変ね」

育子 「安曇野の須藤兄弟はモテるなあ」

確かに、春樹も茂樹もモテモテです。

陽子 「実は、兄を取られてしまうようで、ちょっとだけ、嫉妬してた」

育子 「茂樹さんのことは大好き、一緒にいて楽しいし、このままずっと一緒にいたいなって思うの」

育子の回想シーンです。茂樹とふたりきりで須藤家で話しをした時のこと。

「今はお互い、それぞれの場所で頑張って、いつか年をとってもお互い独りだったら、
そのとき考える」

そう約束した育子と茂樹。

ステキねという真知子。

育子と茂兄ちゃんらしいという陽子。

陽子 「幸せになろうね、白紙同盟の諸君!」

育子 「長生きするって約束だしね」

真知子「ところで、見たい?誓約書」

真知子は誓約書を広げます。巻物になっていました。

みんなでワイワイ言って誓約書を見て大喜びです。

現代の陽子

房子 「育子さんって生きているんですよね」

陽子 「生きているわよ」

房子 「ここが赤い屋根のお家ですよね」

陽子 「え、ええ。でも、バレちゃったらつまんないでしょう」

房子 「バレバレですよ」

電話が鳴りました。陽子がでて、房子に変わります。

房子 「もしもし・・・」

電話の相手はなんと夏子先生でした。まだ、生きているわよと返事。
夏子先生っていったい何歳なんでしょうか。

夏子先生は学校を作って学長をしているそうです。

また、昭和に戻ります。

赤い三角屋根の家の前に立つ丸山家のみんな。

道夫 「ここかい・・・・・」

ちょっと、戸惑っている様子です。

日向子「絵本のおうちだね」

さて、徳子も何か言いたそうですが、どうなるんでしょうね。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,永山絢斗,金澤美穂,井上琳水,満島ひかり
マイコ,斉藤由貴

今日もなでしこジャパンの話題ですよー。
え、もう知ってますよね。
オリンピック出場を決めちゃったんですよね。

強敵の北朝鮮に勝てばそこでオリンピックの切符が手に入ったらしいんですけど、
引き分けたので、オーストラリアと中国の試合の結果次第みたいでした。

オーストラリアが中国に勝ったので、日本は2位以内確定らしいんですけど
どういう仕組みなのか詳しくはわかりません。

「五輪でメダルを獲らなければ」という澤選手。

佐々木監督はオリンピックに出られなければ辞めると言っていたそうです。

¥1260
またまた、佐々木監督の株があがりましたね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に