安曇野の小川のほとり

和成と陽子があいあい傘です。
ユキが言っていたお店の話をする和成。久々のふたりきりです。
和成はアメリカの映画の真似をしたいと言います。

何をするんでしょうか・・・

肩を抱き寄せる和成・・・やっぱり似合わないと言ってやめます。
その代わり、陽子が和成と腕を組みます。ラブラブですね。

丸庵の和室で洋裁教室です。
女学校時代の裁縫の先生、生徒はタケオの嫁、村上堂のかよ、真知子たち。

旦那たちは食堂のテーブルでなにやら話をしています。
女性は強いという話です。真知子が怖いという旦那。怒ると敬語になる
らしいです。

先生に叱られる陽子。口ばっかりじゃなく、手を動かせとしかれます。
頬をふくらませて怒る陽子。ほっぺを押されてブッて音がでました。
日向子も真似をします。

一方、男たちは腕相撲合戦です。楽しそうです。

ずっとこうだといいなあ・・・・でも、でもねえ・・・

ある日の夜の事です。

遠くでサイレンの音がします。

和成 「遠いけど、ちょっくら様子を見てくる」

半鐘の音、サイレンの音が鳴っています。
道夫、徳子も心配顔です。

節子もやって来ました。
2階から火事の様子を見る徳子と陽子。

和成が帰ってきました。

和成 「火事は遠いけど、風がとても強くなっている。大事な物を持って
逃げよう。おちついて。節子おばちゃんも!」

寝ている日向子を起こし、杏子にも荷物をもたせ、陽子はリュックを
持って、店を後にしました。

道夫と和成は後で戻ってくると言います。

外へ出て、丸庵の建物を見上げる丸山家の人々。
それが、丸庵を見た最後の時だったそうです。

丸庵での出来事が走馬灯のように駆け巡ります。
和成との出会い、結婚式、出征、蕎麦屋の再開・・・

丸庵は焼けてしまった・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
金澤美穂,石橋杏奈,土屋太鳳,白川由美,マイコ,中村竜
柄本時生,安藤サクラ,渡辺えり,斉木しげる,梅沢昌代

昨日は都内で防災の日だったんですが、今日のおひさまは火事でした。
逃げるシーンばかりの昨日、今日。

今朝のZIPでは、女性が大きいバッグを持つようになったという特集が
ありました。防災意識からいろいろ持ち歩くようになったそうです。

その重さは3キロから5キロ。トートバッグタイプが多かったです。

何でも入るバッグは便利ですけど、携帯を探すのが大変だとか。
ストラップを大きいぬいぐるみにして、見つけやすくして工夫している
ようです。面白いですね。

キッドソンのトートを見つけました。




 

普段遣いのラージサイズのバッグもオシャレじゃないとね。

>>大きめのトートバッグ(レディース)を楽天市場で見てみる

タグ: ,

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に