小川のほとり、川原が吹くハーモニカは月の砂漠です。
陽子はそばに行きました。

陽子 「座ってもいいですか」

川原 「あの家にお嫁にいったんだね」

陽子 「はい」

陽子 「ゆうべ、話し、聞こえちゃいましたよね、はずかしい
川原さんは私の初恋の人でした。大好きだったんですよ」

川原 「ごめん」

陽子 「川原さん、おかえりなさい、ご苦労様でございました」

川原 「タエは死んだよ。オレが殺したようなもんだ。ひどい
死に方だった。何が新天地だ、地獄に連れていったような
もんだ」

陽子 「タエさんがそう言ったんですか。タエさんは幸せだったと
思います」

川原 「ふざけるな!もういい、やめてくれ!甲府の家族は全員死んだ。
生きた人が幸せを願うなんて忘れすぎだ。オレは日本中が
幸せになっても、この気持ちのまま生き続けて死んでいく」

この時代、男のセリフで、ふざけるな!って言う言葉が流行っていたので
しょうか。それも女に向かって。

和成が、ふざけるな!って言った時の事を思い出しました。
陽子は怖がっていましたが、今回は、言い返しそうな雰囲気でしたね。

丸庵

陽子が帰ってきました。徳子と道夫が出迎えます。そしてどうだったと
聞きます。

陽子は、一部始終を話します。

陽子がタエに上げた本。その本ととても大切にしていたそうです。
川原は、本の挿絵をみていたタエの事を話してくれたそうです。

陽子は川原は、あの洋館の前に立っていました。

川原 「よかったよ、陽子ちゃん、初恋が実らなくて」

川原は二度と合わないと言って、笑顔で去って行きました。

そんな話しを聞いて、道夫と徳子は納得しました。

すると、日向子、道夫、徳子が3人で鼻歌を歌い始めました。
月の砂漠です。

和成のハーモニカを聞いて、無意識に出るんだそうです。

2階の部屋

川原の話しをする陽子。和成は、生き方にどうすべきだとか、正しいとか
無いと、陽子を励まします。

日向子「お父ちゃんあれ吹いて!」

ひなちゃんがお父さんの引き出しからハーモニカを取り出して和成に
渡しました。

和成 「偶然でてきたんだ」
和成は嘘をつきましたね。ハーモニカを探しまわっていたんですよね。

日向子と陽子が吹いてというと、照れながらハーモニカを口にします。
和成 「そんじゃ、ちょっとだけ」

たどたどしく吹くハーモニカ。月の砂漠を口ずさむ陽子。
1階では、道夫と徳子が、また始まったと聞いています。

陽子は、和成のハーモニカを聞いているうちに、目から涙が流れました。

続く…

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
金子ノブアキ

そろそろ新米の時期ですが、今年は去年の米、22年米が売れている
ようですね。

私もお米を買って食べていますが、重いので通販です。
5キロ売りを2個購入しています。この方がお得なんですよね。

今年は産地も変わってきました。意外に北海道の銘柄が売れている
ようです。

私も米の産地と銘柄をいろいろと探しています。

北海道産米っていろいろあるんですね。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に