昭和25年には蕎麦が出せるようになった丸庵ですが、
その1年前にこんな事があったようです。

道夫が重大発表です。

道夫 「まだちょっと早いのかも知れないけど、家族で働かねえか」

陽子 「やっぱりお店が忙しいんですか、ふたりでは」

徳子 「さびしいんだよ。一緒にいたいんだよ。ちょっと貧乏になっち
    まうけど、一緒にいたいんだよ」

和成 「ちょっと見切り発車かも知れないけれど、やっちまうか」

4人で頑張ろう!と盛り上がっていると、日向子の泣き声が聞こえました。

家族5人で頑張ることになった丸庵。

日向子 「おいでなさんし、こちらへどうぞ」

3歳になった日向子は店の仕事を手伝います。


陽子が務めていた経理の仕事をケイコに紹介しました。

竹内は難色をしめします。まだ16歳じゃね・・・。

良子は仕事が出来れば何歳だろうが構わないと言います。
さっそく、そろばんで計算をするテストをします。

ケイコの計算を検算する良子は、竹内にふりますが、竹内は遠慮します。

良子 「よろこんで迎えるわ」

ケイコ「ありがとうございます。よろしくお願いします」

良子に頭をさげるケイコと陽子。良子は、私が鍛えてあげる。そうすれば
お給料もあがるし、どこへ行っても働けると応援します。

バリバリ仕事をこなすケイコです。

茂樹は、医師の試験に3連続失敗だそうです。昼は運送会社で働き
夜は勉強という生活だったそうです。

丸庵

4人、いや、5人で働いて、店をしまうと、みんなで経理をします。
一日に810円だそうです、月で計算すると2000円程度の赤字だそうです。

仕入れはケチリたくないという丸庵のスタッフ。
いよいよ明日だね。と楽しみにします。

日向子「あれなあに」

和成 「電話だよ。遠くにいる人と話せるんだよ」

道夫 「これで注文がはいるだね」

4人で電話を見つめています。
電話の注文が入りません。すると、電話が鳴りました。

誰が出るのか揉めます。

陽子 「もしもし」

目をまんまるにして、恐る恐る話します。相手はだれでしょうか。


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,寺脇康文
永山絢斗,井上琳水,紺野まひる,石橋杏奈,野間口徹



昨日、24時間テレビを見ました。
徳光さん、すごかったですね。完走して、武道館で大の字になった徳光
さん、自分みたいな人間でもやれば出来るって凄いです。

一緒に走るトレーナーの人たちとおそろいのシューズが気になりました。
レインボーカラーのシューズ、さっそく調べてみました。

徳光和夫さんが履いていたシューズを楽天市場で見てみる>>

ニューバランスでしたよね。




女性にも似合うかな。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に