二階の部屋で話しをする和成と陽子。

和成 「一緒に考えよう」

和成はそう言って、陽子の頭を整理し始めます。

校長先生の話によると、辞めるのは自分だと思っている。
高橋先生の方が自分より優秀だと思っている。
でも、先生は子供の頃からの夢でもある。

和成 「ここまではいいかい」

陽子 「はい」

和成 「高橋先生のことを考えるのは辞めなさい」

陽子 「え?」

和成 「いい機会じゃないか、陽子」

陽子 「いい機会?」

和成 「これまではどうやって死なないですむかという人生だった
    これからはどういうふうに生きて行くか、それを考えよう」

和成はさらに話をつづけます。

和成 「先生じゃない陽子を見てみたい。人生をゼロから始めても
    いいんじゃないかな。ふたりでね」

陽子 「私が思っていることがあるんです。自分は本当に恵まれて
    いるなあって。
    母には、世界を明るく照らす太陽の陽子になりなさいと
    言われていたけれど、自分はそんなたいそうな人間じゃない。

    でも、自分のまわりの人たちを照らす存在でありたい。
    身の丈にあった小さな世界を照らしていきたい。

    自分がこれまで受け持った生徒だけを見守って生きたい。
    最初に受け持ったクラスと今のクラス。その子たちの
    先生でありたい」

和成 「なんだよ、陽子は答えを決めていたんじゃないか、はじめから」

陽子 「カズさんとしゃべっているうちになんだか」

和成 「いいんじゃないかな、身の丈にあった太陽の陽子で」

陽子 「幸せです。私は世界中に言いたいです、私は幸せだって」

窓に駆け寄って、窓を開け、叫ぶふりをする陽子。そして、二人で外を
眺め、星を見つめます。

長い長い夫婦の会話でしたね。うなずく和成の様子が印象的です。


学校の職員室


校長 「それでいいんですか」

陽子 「夫婦で話しあってきめました」

校長 「ありがとうございます」

萩原校長は、陽子を尊敬しているような顔つきです。
もともと、新しい先生を呼ぼうとしたのは校長先生だったはず。
でも、しまったと思っているんでしょうか。

深々と頭を下げる萩原校長先生。

陽子 「辞めて頭を下げられるのはちょっと」

校長 「夏子先生には?」

陽子 「卒業式まで言いません」

校長 「わかりました」

陽子 「先生、安曇野の子供たちをよろしくお願いします」

校長 「わかりました」

再び深々と頭を下げる校長でした。

宿直室

いつものようにシーツを干す陽子。吹っ切れてテキパキと仕事を
こなす陽子を見て、夏子先生が不思議に思います。

夏子 「なにかあった?テキパキしているけど」

陽子 「え、私ってそんなにテキパキしていませんか」

そう言いながら、夏子のスキをみて、お尻をパシッと叩きます。
夏子先生は、やられた!と思いました。

始めてじゃないですか、夏子先生のお尻を叩くシーンって。

いつものようにじゃれあう陽子と夏子です。


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,矢島健一,伊藤歩


松田直樹選手が訃報を知って、とても悲しいです。

日韓ワールドカップの頃に、ヘアバンドをしてプレーをしている
様子がとても印象的で、男らしい人だなあと思っていました。

ユニフォームを着て、天国に旅立ったという松田直樹選手。

私が知ったのは、AEDが無かったという事。

松村邦洋さんがマラソンで倒れて心肺停止になった時、AEDがあったから
助かったんですよね。

AEDの使い方とか知っていれば、悲しい死を減らすことが出来ると思う。





松田さんは、日本のサッカーを見守る星になりました。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に