今日のドラマの始まりは、房子の家族のシーンから。

陽子の話に感化されて、家族を思いやる房子。

「給料上がらなくていいのよ」

「バカでもいいのよ」

房子はいつもと様子が違います。

そんな房子と現代の陽子の会話が続きます。

陽子 「さあ、始めるわよ」

房子 「はい、陽子先生」


戦後は、品不足、物不足で大変だったと語ります。

農地解放で、小作人たちに開放された農地ですが、
蕎麦畑だったところで、蕎麦が作られなくなったというのです。

丸庵の店主、道夫は、蕎麦を探しに信州中を歩いていました。

この頃、陽子はすでに妊娠8ヶ月になっていました。

今日、道夫は戸隠に行っているそうです。


3人で囲む朝食。

陽子にだけ、卵焼きがついています。

陽子 「私だけ」

徳子 「あんたにじゃないの、おなかの子にだよ」

徳子 「和成、あんたも朝から幸せかみしめていないで」

和成 「していないよ」

徳子 「また、いちゃいちゃして」


陽子と和成がお出かけです。

陽子は8ヶ月ですが、有明山小学校に勤務しています。

大きなおなかで職員室を歩くと夏子先生が心配しています。

校長が陽子にイヤミを言ってきます。

夏子 「どっちなんだろうね」

男の子、女の子、どちらか楽しみです。

教室では、係を決める授業です。

飼育係などですね。

音楽の授業の風景も変わりました。

悲しい出来事もあったそうです。

農地解放で、あの思い出の蕎麦畑ではもう蕎麦が作られなくなった
そうです。

あの蕎麦畑とは、紘子と陽子の思い出があり、徳子と陽子が出会った場所
です。

丸庵では、さすがの道夫も困った顔をしています。

徳子 「元気だそうよ」

和成 「いつか、自分たちの蕎麦畑をもとうよ、自分たちの」

徳子 「いいねえ、それ」

道夫 「うん」


丸庵の厨房

和成が煮物をつくっています。

節子おばさんが新聞をもって入ってきました。

新聞を見ると、陽子のお祖母ちゃんこと、桐野富士子の顔写真が
出ていました。

桐野家と言えば財閥です。富士子の夫に何かあったそうです。


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,永山絢斗,寺脇康文
   満島ひかり,マイコ,伊藤歩,串田和美,吉川史樹,白川由美
   斉藤由貴,矢島健一


明日から三連休ですね。


夏休みに親類の家に行くんですが、何かお土産を持って行こうと
思っています。

家族団らん用品が人気という事で、コレに決めようと思います。
素麺が嫌いな人、いるかなあ。


関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に