丸庵の二階、新婚さんの部屋です。

真知子と育子が遊びにきました。

真知子はベージュのワンピース。戦後でもおしゃれですね。

お茶だけのおもてなしですが、話が弾みます。

真知子は郵便局の仕事が無くなりました。男性が復員してきたので
辞めさせられたようです。

その変わり、紡績工場で働くことになりました。

帝王こと相馬剛三の娘ですから、帝王の工場と思いきや、真知子は
なんと、ライバル会社で働くことに。

陽子と育子は剛三がどんな反応だったか興味津々です。
相馬剛三が開いた口が塞がらない顔が映しだされました。

育子は東京に再び行く準備を進めているようです。
そして、本が自由に読めることに喜びを感じています。

「何を読んでも自由なんだよね」


丸庵の前の路地で、陽子と啓子と子供が遊んでいます。

すると、男の人が啓子の家の戸を叩いています。

「宮下さん、宮下さん」

男の人は留守だと思ったらしく、陽子と啓子のところにやって来ました。

「宮下建造さんはどちらですか」

「私の夫です」

男は、啓子に茶封筒を渡しました。

啓子は手を震わせながら中の紙を取り出しました。

その紙には、死亡通知と書いてありました。

終戦から半年以上経ったのでしょうか、啓子の夫、建造は戦死でした。


「戦争終わったのに、終わったのに、なんで」

路上で泣き崩れる啓子。

陽子がだきかかえます。徳子と道夫が玄関から出て来ました。
声のかけようもありません。

丸庵の店内では、丸山家の4人に混じって節子も一緒に
うなだれています。

節子が帰ると、和成はテーブルを叩いて怒りをあらわにしました。

珍しいです。


二階の新婚さんの部屋

ふたりの部屋にもどると、和成は謝りました。

「さっきはごめん。机叩いて」

建造は和成の兄貴がわりのような存在だったらしいです。
そして、啓子を自慢していたらしいです。
その仕返しに、和成は建造に陽子を自慢したかった。

和成はそう語ります。

建造との思い出を語る和成。

戦争はまだ続いていたんですね。


出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,永山絢斗,満島ひかり
マイコ,平泉成,白川由美,

昨日は七夕でした。

ニュースでは、銀座の三愛ビルの照明が全てリコー製のLED電球や
蛍光灯に取り替えられた光景が映しだされました。

リコーは蛍光管タイプのLEDを開発したそうですが、これはリコーが
初めてだって知りませんでした。

日本中の電球をLEDに取り替えると原発十数基分に相当するらしいですね。
これって、凄いこと。国は補助金だしてもいいのでは。

私たちの節電はLEDに取り替えることかも。電気料金も少なくなるしね。
ちょっと高いけど、数年でもとが取れるらしいので、出来る場所から。

私はシーリングライトを交換したいです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に