現代の陽子と房子のシーンです。

もっと早く戦争が終わっていればと悔しがっています。
でも、終戦がどういう事が知らなかった。

生活の戦いは終戦後に来たという陽子です。

丸山家の今日のおかずは、なんと梅干3個です。

「きっとよくなりますよ」

陽子は、きっとそう思うといいます。

「和成も帰ってくるしね」

徳子の言葉にちょっと戸惑う陽子。本当に帰ってくるのかと
内心は思っているようです。

徳子は反物をタンスから出してきました。節子が立ち会っています。

「これを売って食糧と変えるんだ」

もったいないという顔の節子。背に腹は代えられない徳子。

昭和20年9月です。

宮澤のおばちゃんの床屋にはポマードのチラシが貼られました。

みんな、稼ぐ気力が満々です。道夫も働きに出かけました。

陽子は有明山小学校へ。

校長はしょんぼりしています。

夏子は終戦後体調を崩してしばらく休んでいたそうです。

その夏子が学校に現れました。

さっそく、宿直室でおしゃべりを始めます。

学校の先生は、お国の為に死ねと教えてきたので、処罰される
かもしれない。

校長が職員室で先生を前に「国のお達しです」と言うと、
夏子が「え、そんな」とびっくり顔です。

「先生のうそつき。日本は負けないっていったじゃないか」
思い出す陽子。

生涯忘れることの出来ない授業の日になりました。

「今から、教科書の先生の言うところを墨で塗りつぶしてください。
教科書は間違っていました。
先生がみんなに教えてきたことは、間違っていました」

「ごめんなさい」

頭を下げる陽子先生。子供たちは、なんで?という顔です。

水兵の母、軍艦の絵全部・・・・

ああ、墨で塗られているのは自分なんだ、振り返る陽子。

ケイイチやミチオを思い出す陽子。

教科書は、どんどん塗りつぶされていきます。

教師を辞めよう。私には続けていく資格がない。そう思ったという陽子。

出演:陽子(井上真央)、徳子(樋口可南子)、現代の陽子(若尾文子)
道夫(串田和美)、夏子先生(伊藤歩)、校長(綾田俊樹)
福田先生(ダンカン)、節子(白川由美)

熱中症で亡くなる方でました。

屋外で活動しなくてはいけない人には対策が必要ですね。

私はコレを使って、外出しています。

頭がスッキリします。

こういう便利グッズをいろいろ探しています。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に