「広島が爆弾でやられたそうです」

夏子先生が「嫌だー」と泣き叫びます。
校長が、夏子の知り合いが広島にいるのかと聞きます。

走り出す夏子は広島に行くと叫びます。
校長は、交通は全て止まっているから無理だと言います。

夏子は気を失ってしまいました。
宿直室に寝かされ、陽子に介抱される夏子。

「会いたい、あの人に会いたい」
夏子は目を覚まして陽子に話しかけます。

「ウチに来て下さい」
陽子は一人暮らしの夏子を心配します。

「彼は私の家とこの学校しか知らない。私はここにいる」
夏子先生は、誰とも結婚することなく人生を終えたとのこと。

玉音放送です。

陽子は非番だったので、丸山家で聞きました。

良一は自宅で、タケオの両親と聞きました。

真知子と育子は、真知子の家で聞きました。

学校の職員室では、校長と夏子先生ほか数人がいました。

節子たちも丸山家で聞きました。

「今のが天皇の声かい」

「日本は負けないはずじゃなかったのかい」

「で、どうなるの」

「わかんねえなあ、負けたことないからねえ」

「帰ってくるんかいね、ウチの人」

「お母ちゃん」

陽子はボーッとして、頭の中が混乱してポカーンとしてしまった。
何をどう考えていいか分からなかった。

悔しい気持ち、不安、どうしたらよいかわからない気持ち。
ヤカンに水を汲んでいる陽子を見て、徳子は様子がおかしい事に
気がつきました。

陽子は熱を出して寝こんでしまいました。

初めての失恋で熱を出して以来、2度目でしょうか。
初めてのことに弱いと語る陽子。

初恋は、川原でした。満州に行った川原と彼女はどうしているで
しょうか。

陽子は、安曇野に来てから今日までの事を走馬灯のように思い出し
頭の中を渦巻いています。

頭に濡れ布巾を乗せられて寝ていた陽子が目を覚ましました。
階段をおりると徳子と道夫が一息ついています。

「明かりを消さないと…」
「もういいんだよ。戦争が終わったんだから。外を見てみなよ」

陽子が徳子に言われて外を見ると、家々の窓に明かりが灯り
明々としていました。

玉音放送があった日、そして夜。日本はこんな感じだったのでしょうか。
広島や長崎、空襲の焼け野原以外はこういう感じだったのでしょうか。

不思議な感じです。

外で暴動が起こったり、泣き叫ぶ人々がいたのかなあと思っていました。

電気はとおり、道夫は晩酌までしている。
きっと、この先の事を考えることも、情報もなかったんでしょうね。

出演:陽子(井上真央)、徳子(樋口可南子)、現代の陽子(若尾文子)
良一(寺脇康文)、真知子(マイコ)、道夫(串田和美)
夏子先生(伊藤歩)、育子(満島ひかり)、校長(綾田俊樹)
福田先生(ダンカン)、タケオの両親(角替和枝,村松利史)
節子(白川由美)、安子(吉村実子)

日本史上もっとも衝撃的な放送という玉音放送にも
プロデューサーがいたんですね。

【送料無料】玉音放送をプロデュ-スした男下村宏 

【送料無料】玉音放送をプロデュ-スした男下村宏
価格:2,415円(税込、送料別)


震災後の日本で、民放をプロデュースしている人物…誰でしょう。

アナログ放送終了まで、あと25日。

被災地の地デジ化は配慮して伸ばすそうです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に