白いシャツは目立つので草木でカーキ色に染めたらしいです。

陽子と夏子先生が染色をしていました。

丸庵に父の良一が訪ねて来ました。

名古屋の工場が松本に疎開したとの事です。

ちょっと疲れたように見えた良一ですが、徳子、道夫と
一緒に夕食を囲みます。

良一の好物のお酒もあります。お銚子が2本が立っています。

丸山の家で一緒に暮らそうという徳子です。

煮え切らない良一に陽子が畳み掛けます。

良一は陽子にお母さんに似てきたなあと言います。つまり、徳子に
似てきたということです。

「楽しい夜だ」

繰り返して口にする良一。さぞかし、寂しかったのでしょう。

陽子は徳子に許可をもらって、安曇野の実家に行って片付けをします。
良一が暮らせるように準備です。

「この家の将来を知っているか」

良一が陽子に話しかけます。

「須藤医院だよ」

名古屋で春樹と良一が話し合ったそうです。

楽しそうに語る良一と茂樹。

真知子は郵便配達をしていました。外で自転車ごと転んでしまいました。

転んだ時に郵便をばらまいてしまい、中をちょっとだけ見てしまいました。

顔色が変わる真知子。

須藤家に郵便を届ける砂まみれの真知子はそそくさと帰ってしまいます。

止めようとする陽子の言葉にも振り返らない真知子。

「おお、茂樹からか」

ハガキを読む良一の顔がどんどん変わっていきました。

青ざめ、そして、涙を浮かべる良一。

そのハガキを手にする陽子も涙をため、仏壇の母に目をやり、春樹を
思い起こします。

茂樹からのハガキに書いてあったことは、兄、春樹が乗った潜水艦が
爆撃を受けて沈没したという内容でした。

事務的な内容を淡々と書いてありましたが、検閲を意識しての事でした。

陽子は、春樹が残した言葉、詩集の言葉を思い起こしながらついに
泣き崩れてしまいました。

出演:陽子(井上真央),徳子(樋口可南子),陽子の現代(若尾文子)
良一(寺脇康文),春樹(田中圭),茂樹(永山絢斗),真知子(マイコ)
道夫(串田和美),夏子先生(伊藤歩)

朝、連ドラを見たあとにめざましテレビに切り替えるのですが、特集は
クールビズでした。

七分丈のズボンは海外から見ると評判が良くないらしいです。
そして、イギリスでは、なぜ女性版のクールビズが無いのかという質問も。

陽子が着ていたようなブラウスもクールビスなんですね。

事務服とは言え、なぜかおしゃれ。

>>楽天市場で、レディース用クールビスを見てみる♪

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に