「育子・・・」

「なんで、なんでこんなとこ来るのよ」

陽子も真知子も顔が真っ黒です。とくに陽子のほっぺは見事。

ベンチに座って、育子が空襲の様子を語ります。

瓦礫に埋まってしまって死ぬかと思った。罰が当たったと思った。
嘘をついた罰だと。

瓦礫の下から上原さんが助けてくれた。
私を助けて、ニコッと笑った。
そしたら、建物が崩れて来て・・・上原さんが下敷きになった。

死んじゃ嫌だ

真知子が聞きます。

「その方は?」

育子が答えます。

「死んだわ。あんな事してくれなければ死ななかったのに」
「私たち、恋をしたのよ。私の事を好きだと言ってくれた」

「私、どうしたらいい、どうしたらいいの」

泣きじゃくる育子に向かって、安曇野に帰るよ、引きずっても帰る
怒った顔で陽子が強く言いました。

ベッドの上で3人が抱きしめ合います。

真知子と育子と陽子は松本に帰りました。

陽子が真っ黒になって丸庵の前にたどり着くと、徳子が迎えます。

「よく帰ってきたねえ」

「怖かったあ」

徳子の胸で大泣きする陽子。

昭和20年4月

陽子は5年生を受け持つことに。持ち上がりです。

空襲で死なせない…避難訓練です。

育子が相馬家を訪ねています。陽子と真知子に報告です。

上原の両親から

「息子の分も倍生きてくれ」

そう言われて

「私は200歳くら生きるわ」

という育子。

育子は陽子や真知子といろんな話をしながら、安曇野で傷を癒して
いったそうです。

5月19日、その安曇野にも空襲が!

陽子は授業中でした。

窓ガラスが砕け散り、陽子の背中を襲いました。

生まれて初めて空を憎んだという陽子。太陽がある空を。

出演:陽子(井上真央)、真知子(マイコ)、育子(満島ひかり)
徳子(樋口可南子)、道夫(串田和美)、上原(高橋一生)
節子(白川由美)

 

さて、来週の予告が放送されました。

終戦を迎えます。陽子が何度もおかえりなさいと言います。

茂樹(永山絢斗)、春樹(田中圭)、そして良一(寺脇康文)の顔が
映りました。

そして、教室では「ごめんなさい、嘘を教えていました」と頭を下げる
場面がありました。

 

夏休み、安曇野に行こうと思っています♪

楽天トラベルで5000円以下の宿をみつけました。

おひさまの舞台を訪ねたいです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に