陽子(井上真央)は校長に、両親を亡くした杏子(大出菜々子)と妹の
千津子(小西舞優:こにしまう)を預かりたいと言い出します。

校長先生の粋な計らいで許可が出ました。

夏子(伊藤歩)によると、校長の弟も空襲で亡くなったとの事です。
校長の後ろ姿に敬礼する陽子でした。

陽子は、杏子と千津子を連れて丸庵の前まで来ました。

丸庵の前では、配給のおばさんこと岩本安子(吉村美子)と節子
(白川由美)と徳子(樋口可南子)の3人がじゃれあって、井戸端会議
というか、漫才というか、騒いでいました。

陽子は徳子に子供たちを紹介します。

おばさんたちはかわいいねえと言って、取っ組み合いです。

丸庵の中に入ると、しばらくして、道夫(串田和美)が帰って来ました。

今日は帰りが早いのか、これが普通なのか、手土産に砂糖の袋を持って
います。

杏子たちに挨拶されると道夫は

「これで、ぜんざいでも作るか」

さっそく、外にいる節子や安子も呼ぶように徳子に言いました。

徳子は、杏子に

「そとにいるおばさんたちを呼んでおいで」

と言います。杏子はうなづいて外に行きました。
節子と安子に向かって杏子が言います。

「ぜんざい、食べますか」

「はい」

ふたつ返事の節子と安子。

丸庵には小豆は取ってあるようですね。
手に入れた砂糖でつくったぜんざい。
貴重なスイーツです。

茶の間には道夫、徳子、陽子のほか節子、安子
杏子、千津子がそろって、ぜんざいを食べました。

みんな笑顔です。甘いものが重宝される時代ですからね。

さて、夜になりました。

陽子の部屋に、杏子と千津子が寝ます。布団を2枚ならべ3人で。

杏子が陽子を見つめ、陽子は杏子を見つめます。

「どうして私のことを」

「好きだから。あなたの事が大好きだからよ」

同情の言葉ではなく、好きだからという言葉がとてもよいと
思いました。

杏子は、陽子にしがみついて泣いています。

横には千津子がすやすやと寝ています。
小西舞優ちゃん、ドラマにちょこちょこ出ていますがなんとも
可愛らしいです。

「けんかしちゃだめ」

安子と節子をしかりつける様子がかわいいです。

陽子が部屋で本を読んでいると、杏子は陽子の本をめくって
イラストを見つめ、こんな絵を描く人になりたいなといいます。

楽しい3日間。

杏子はお礼に、道夫、徳子、節子、安子たち4人の
似顔絵を描きます。

なかなか似ています。

出来上がると、真知子が飛び込んできました。

「育子(満島ひかり)さん、無事だって・・・」

喜ぶ陽子、そして育子の弟の一郎の姉の無事を知って
杏子も喜びます。

育子は野戦病院のようなところで、ベッドに横たわる若い男性の顔を
見つめていました。

育子の初恋・・・だそうです。

出演:井上真央,若尾文子,樋口可南子,伊藤歩,大出菜々子,満島ひかり,マイコ,串田和美,白川由美,吉川史樹,小西舞優

夕べは寝苦しい夜でした。

朝起きたら汗をかいていました。

窓をあけているとウチの場合は車の騒音がひどいのですが
エアコンはやめとこうと思って扇風機を使っています。

うちの扇風機、テレビを見ているとちょっと騒音が気になります。
そして、コードが短いので、思ったところから風を入れたい時に不便
です。

楽天市場で、静音、送風、充電という商品を見つけました。
しかもコレはLED付き。

寝室にも使えそうです。タイマーは・・・

探せば、節電便利グッズがあるものですね。

楽天市場で、充電式の扇風機でタイマー付きを探してみました>>

ひとり一台扇風機。会社にも欲しいなあ。

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に