陽子(井上真央)の教え子、倉田杏子(大出菜々子)の両親の消息が
つかめない。校長が言います。

陽子は、杏子も心配だし、育子(満島ひかり)も心配です。

育子の弟と妹になんと言ってよいかわからないと夏子(伊藤歩)に
相談します。

「つきなみだけど、教師が不安そうな顔をしていたら、子供も
 もっと不安になるわ」

真知子(マイコ)が学校に来ました。

「育子の無事はまだ確認できないの、父に頼んでみるわ」

通信手段が上手くいかないという真知子ですが、その頃の通信手段って
電話でしょうか。手紙でしょうか。


陽子は気合を入れて教壇に立ちます。杏子に声をかけて安心させようと
します。

キリッとした顔の陽子先生。

学校から丸山家にもどると徳子(樋口可南子)が陽子に手紙を
渡しました。

差出人は、桐野富士子(渡辺美佐子)です。


喜ぶ陽子。

文面は、東京が焼け野原で生きていることを喜べないと書いてありました。
でも、心配してくれる孫がいて幸せだとも書いてありました。


翌日、陽子が学校にいくと校長から、倉田杏子の両親が亡くなったと
告げられます。

陽子が杏子に説明するのはつらかろうと校長は自分から言おうかともちかけ
ますが、陽子は自分で説明すると言います。

教室で杏子と向い合って説明する陽子。

「信州行きの電車にのっている時に爆撃にあった・・・」

杏子は

「きっとお父さんお母さんも怖かったと思います。チズコの事をよろしくと
 言われていたので守りたいと思います」

そう、陽子に言いました。

学校の宿直室で、杏子は妹のチズコに両親の死を知らせます。

「そんなの嘘だ」

泣きじゃくるチズコ。杏子は抱きしめることしかできません。


学校では、竹ヤリの練習です。

杏子は気合を入れて藁人形を突き続けた後、叫び始めました。

「お父さんを返せー、お母さんを返せー」

陽子はかけよって、杏子を抱きしめます。

その後の場面は、育子でした。

頭に包帯を巻き、すすけた顔でベッドに横たわっています。

命は助かった様子です。怪我は・・・・・

出演:井上真央,若尾文子,樋口可南子,伊藤歩,大出菜々子,満島ひかり,マイコ


昨日、東北地方も梅雨入りしたそうですね。

梅雨といえば、ジメジメとカビカビ。

ネットで話題のこの商品、うちの浴室に試してみようと思います。



>>楽天市場で人気の防カビグッズを見てみる









関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に