職員室にいる陽子(井上真央)と夏子(伊藤歩)。
暗い職員室にしのびよる足音の主は・・・

なんと中村先生(ピエール瀧)でした。

中村は職員室を見回しています。

「こんな時代じゃなければ・・・子供の頃、前田先生という
 先生に野球を教わって、それで先生になりたいと思った」

中村は陽子、夏子に向かって話し始めます。

「初恋も先生だった。よねだひでこ先生・・・」

陽子が中村の様子がおかしいので何かあったのか聞きます。

すると、赤紙が来たこと、明日、入営すること、この年では
最前線に送られ、帰って来れないこと、そして

死ぬことを教えてきた自分は胸を張っていかないと子供たちに
申し訳が立たない。

入営って、戦地へ向かうって事ですね。

その言葉を聞いて

「ご苦労様です」

と最敬礼する陽子と夏子。

そして、中村の意外な一面に陽子も夏子も言葉を失っていました。


翌朝、学校を後にする中村は、校庭の真ん中で立ち止まりました。

ピッチングフォームから、ボールを投げる動きです。

目を閉じると子供たちの声が

「先生、野球やってくりゃ!」

中村は戻って来なかったそうです。先生として戦地で亡くなったと陽子が
語ります。


陽子が松本の丸庵に帰ろうとすると、ケイコと息子のショウちゃんが
遊んでいました。

ケイコは陽子に手紙が来たかと訪ねます。手紙とは戦死の知らせの事です。

陽子には子供がいないせいか、実感がないようです。ケイコが羨ましいと思う陽子。

道夫(串田和美)が帰ってきません。工場に働きに出ているのですが、今夜は
遅いようです。

しょぼんとする徳子(樋口可南子)。その時、空襲警報がなりました。

訓練ではなく、本番です。

陽子は以前のように湯のみだけじゃなく、和成(高良健吾)の写真やら、家族の写真やら
テキパキと袋に入れ、徳子のもとへ駆けつけます。

一階にいる徳子は震えていました。

何も手につかない様子の徳子に防災頭巾をかぶせ、しっかり!と声をかける陽子。

防空壕に近所の人たちを誘導する陽子たち。

徳子はただただ怯えるばかり。

道夫がいないとダメなんでしょうね。

近くに爆弾が落ちました。防空壕の中では悲鳴が聞こえます。

陽子は、戦地で戦っている和成や兄妹の事を考えると、こんな事で敵に負けてたまるかと
心に誓います。

ついに松本にも空襲が・・・

道夫が帰ってきました。

「なんで訓練の時にいて、本番の時にいないんだよ」

涙目の徳子が道夫に言います。


夫婦げんかを笑って話す道夫と徳子。徳子は意外に繊細です。

数日後、校長から教職員に話がありました。

「皆さん、一昨日の未明、東京で大空襲がありました」

松本の空襲の何全倍という規模の空襲だったとのこと。

3月10日の東京大空襲です。

育子(満島ひかり)、お祖母ちゃんの富士子(渡辺美佐子)、杏子の両親・・・
東京にいる知り合い友人親戚の安否が気になる陽子。



出演:井上真央,若尾文子,樋口可南子,串田和美,伊藤歩,白川由美,ピエール瀧,大出菜々子


東日本大震災は3月11日。東京大空襲は3月10日だったんですね。

今日のニュースで、フェリーから落ちた人の話題が放送されていました。

防水携帯ではなかったそうですが、118通話のあと、故障したそうです。

フェリーにのらなくても、これからのシーズンは梅雨やゲリラ豪雨で携帯電話が
水没で使えなくならないように、このようなものが注目です。


防災グッズのひとつに加えたい、というか、日常で使いたいグッズですね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に